うたかた釣り日記
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-08-16 00:56:00

母の日遠征

テーマ:釣り遠征・淡水

8月12日、タイは母の日でお休み・・・ということで、その前後合わせて遠征してきましたよ。

 

場所は北西部のダムです。

この渡し場まで来ると、またここまで来たなぁと思うのですが、

 

 

渡った後もしばらく走ってここから船に乗り換え。

ここまでバンコクから250㎞弱です。

 

 

ワンコに見送られつつさらに奥地へ・・・ボートで1時間半以上かけて

 

上流部のラフトハウスに到着です。

 

荷ほどきしている間に昼飯が作られていきます(その後ろでは早速釣りをしている人もw)。

 

 

 

この日は午後からの釣りです。

 

今回の狙いはでかいチャドーか、なかなかお目にかかれないングーハオ(コブラスネークヘッド)。

当然両方釣っちゃう妄想をしながら来たのですが・・・

 

二兎を追う者は一兎をも得ず、よく言ったものですw

 

一か所だけうまいこと3本連続(1本はかすやん)

 

で魚が釣れて、サイズはダメだけどまだこれからだし、と初日は終了。

 

 

 

ギャラリーは水牛でした。

 

 

夜は当然宴会ですw

タイ料理に持ち込んだ酒で釣り話に花が咲く。

遠征の楽しみですね♪

 

 

盛り上がっているうちに、いつの間にかベッドメイクされていましたw

 

 

 

二日目。

 

タイの遠征、朝はいつもおかゆから始まります。

 

 

この日は一日丸々できる、本命の日。

 

が、これが大苦戦。

チャドーとコブラ、的を絞り切れていないのがいけないのか、エリア選択が外れたのか、何も起こりません(-_-;)

 

それでも釣る人は釣っているようで

 

 

見事ママをキャッチしております、うらやましい・・・

 

 

そんなこんなで昼飯休憩

 

ローカル連中のおかず、ジャンボタニシのつぼ焼きw

一口もらったけど、意外と普通に貝でした、問題なく食べられます。

 

 

日本人組はというと・・・

 

素晴らしいお土産!

タイの山奥でマツタケが食べられるとはw

 

 

昼飯後もちょっと休憩ですが、

 

餌で小魚を釣っていると

 

 

ゴミなんか釣れちゃうわけですが・・・w

 

 

釣った小魚を背掛けにして

 

 

わざわざ遠くまで行く必要ないようですw

 

 

ワタクシにも小魚が釣れたので

 

 

そのまま放り込んだら釣れた・・・けどサイズが違う・・・

 

 

さて、午後の部も頑張りますが・・・

 

 

豆しか釣れない・・・

 

 

そして二日目も終了。

肉を焼いて明日に備えます。

 

 

 

三日目

 

朝一だけやって撤収のこの日。

残り時間はあとわずか・・・

 

動物にはいろいろであえて目を楽しませてくれます。

 

写真は撮れなかったけど、キジの仲間やカワウソ(こいつにはポイントをつぶされた気がしないでもないがw)、

 

そして点にしか見えないけど、サイチョウ。

 

 

ここではよく見かける孔雀。

 

 

肝心の釣りですが、この日は二人がやってくれました。

 

2日間丸坊主で苦しんだK園さん、なんとかキャッチ。

 

 

そしてそして、全日程コブラ狙いに絞り込んでいたS本さん、執念の一本!

 

 

尻尾にコブラのようなダミーアイ(目玉の模様)。

非常にレアな魚、めちゃめちゃうらやましい・・・

 

そんなこんなで朝の釣りも終了です。

 

撤収の準備をしていると、漁で獲れた魚やスッポンが上がってきました。

 

 

 

 

まだまだいろんなのがいるんですね~。

 

というわけで、楽しい時間はあっという間に過ぎていき

 

 

参加者の皆さんお疲れ様でした!

 

自分自身は全然ダメだったけど、全体でみればングーハオ(コブラスネークヘッド)が釣れてくれたのでいい遠征だったと思います。

いつか自分でも釣ってみたいなぁ。

 

 

2018-08-05 00:27:00

ハノイ家族旅行4 小ネタいろいろ

テーマ:家族旅行

いい加減ハノイのネタも終わりにしますよ。

 

泊まったホテルでは

 

 

従業員の人がとても感じのいい人ばかりで、いろいろ教えてもらえました。

 

 

 

ところでハノイ?ベトナム?ってやたら細いビルが多いですね。

 

 

初日の晩には釣り仲間のDOZさんと一杯。

たまたまハノイに出張で来ていてタイミングが合いました。

第三国で会うってのも不思議な縁ですねぇ。

 

 

一国の首都なので大都会なハノイですが、鶏がうろうろしているのをちらほら見ました。

 

 

道が斜めに走っていることが多いようにも思いましたね。

 

 

仏教や道教の国なんでしょうね。

祠もよく見かけました。

 

 

チビたちのリクエストでシクロに乗ってみました。

 

 

便利さはないけど、こんな風にのんびり進むのも風情はあります。

 

 

このバイクについているものなんだか分りますか?

竹のキセルです。

尺八みたいな大きさですが、これでたばこを吸っている風景をよく見かけました。

 

 

アオリの神隠し、というどういう意味なのか?な店名のラーメン屋さん。

K-POPスターの経営だそうで、長女と次女のリクエストで・・・記念撮影だけw

 

 

こちら大聖堂。

キリスト教会やシナゴーグの雰囲気もまたアジア的なものとは別で好きです。

 

 

 

ドンスアン市場では

 

まだ雑貨系の店は開いていなかったのですが

 

食料品はちらほら

 

 

スッポン、日本でも食べたことがないですが、ベトナムだとどう料理するんでしょう・・・

 

 

魚は外来魚だらけ!

 

ニジマス!サケ科の魚を東南アジアで見る違和感!

 

 

アメリカナマズ!ここは霞ヶ浦か?!

 

 

チョウザメ!キャビアを採るってわけではないのか?

 

 

これは東南アジアで共通の風景。

 

 

市場の近くにはこんな城門が

 

 

東河門

 

 

河は河内(ハノイ)だから?

東西南北に門を構えているのでしょうか。

ちゃんと四方に門があって正方形の街だったのかな?

でも先に書いたように、道がやたら斜めに走っているので条里制じゃなさそうだけど・・・

 

 

さてさて、ロッテタワーのスーパーでも、鮮魚コーナーが面白かったです。

 

またもや北米から来た魚たち・・・

 

 

これは在来種…コウタイ?

 

 

これも在来種?巨大鰻(一緒にいるチョウザメで80㎝くらい)。

日本の鰻と同じ味なのかな?

 

 

 

とまぁ、最後はつらつらと小ネタを並べてまいりました。

これで今回のハノイシリーズはおしまいです。

 

 

またいつか戻ってきたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
2018-08-04 14:13:32

ハノイ家族旅行3 お食事編

テーマ:家族旅行

旅の楽しみといえばやはり食♪というわけで、ひたすら食べたものを羅列していきますよ。

 

まず初日。

 

到着してホテルから一歩出た瞬間に出会ったドーナツ?売りさんに即バイト。

 

 

夜になり、時間も遅くどうしようというところで一番近い飯屋をグーグルマップさんがリコメンドしてきました。

リーズナブルとあるから行ってみると

 

めちゃ高級そうなんですが((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

一度くらいはいいもの食べておくか!決死の覚悟で入店。

 

今回初ビール!

 

 

からのお料理。

 

 

 

 

 


さすがにどの料理もおいしい。

上品な味!

 

土下座&皿洗いをする程には高くなく、ほっとしましたw

 

 

二日目

 

まず、ホーチミン廟近くの売店で食べたアイス。

 

 

何味だかまったくわかりません。

ドリアンときな粉とコーヒーを混ぜたような??

 

昼飯は、ホテルのお兄さんに教えてもらったフォー屋さんへ。

 

行列ができてる?!

 

 

 

牛の味!をはっきり感じるスープ、意外にも腰のある麺とさすがに人気店だけあっておいしかったです。

 

 

ライム絞るのが好きです。

 

 

さて晩飯・・・の前に、ホアンキエム湖の周りをうろうろ。

 

子供たちが事前に予習し、とにかく食べたがっていたのが春巻き、フォーと、フランスパンのサンドイッチ。

 

ここでは串焼きを挟んでくれます。

 

 

 

タイにもよくあるタイプのアイス屋さんですが

 

 

タイだとアイスキャンディーですが、こちらはアイスクリームでした。

しかも長い。

 

 

わたあめまで買わされ・・・

 

 

こんな風に買い食いしているとそれだけでおなか一杯になりそうなので、とりあえず通りかかった店に入りました。

 

 

春巻きは

 

生も

 

 

揚げも、どっちもうまい。

 

 

チャーハンに、ザーサイと牛肉の炒め物を添えたセット。

東南アジアでベトナムだけやたら牛肉をよく食べる気がしますが、なぜなんですかね?

 

 

 

三日目

 

ホテルの朝ご飯はよくあるビュッフェですが、鶏フォーもあるのがうれしい。

 

 

ニンビンへ向かう社内で売り子さんが

 

 

タイのムーヨーと同じです。

というか、もともとベトナムからタイへ来た料理ですね。

 

 

 昼食はチャンアンで

 

長女はとにかくフォーが気に入り

 
 
 
これは焼きそば
 
 
そしてこの街の名物、ヤギを茹でたのかな?にハーブや胡麻をまぶした料理。
 
 
ライスペーパーに巻いて食べます。
タイでももっと手軽にヤギ食べられないかな〜。
 
 
そういえばチャンアンの道端ではヤギがよくウロウロしていた上、ヤギの丸焼きも売っていました。
ややグロ注意な感じだったけど、写真撮り損ねた・・・
 
さて、ハノイに戻って駅からぶらぶら歩き始め
 
出会ったのはまたサンドイッチ屋さん。
 
 
ねばねばした、ニラとモロヘイヤを足したような?野菜の入ったオムレツ入り。
次女にはこれが一番ヒットだったようです。
 
 
こちらは普通のパン屋さん。
 
 
さて、晩御飯はこちら。
 
 
 
具だくさんなチャーハン。
 
 
ウズラのロースト。
 
 
タレはこれ。
塩と胡椒と酢?さっぱりしていていいんです。
 
 
お腹はまだまだ余裕があるので、また串焼きサンドをw
 
 
ナイトマーケットにノシイカ屋さんが並んでいたので
 
 
ここで一杯。
七輪でイカを焼いている横にござが敷いてあり、そこで食べます。
ビールとかはそこらで買ってきて持ち込み。
 
 
 
四日目
 
疲れて寝坊の子供を置いて、かみさんとドンスアン市場へ。
 
ここでまたフランスパンのサンドイッチを
 
 
卵にソーセージなんかを入れてチリソースで炒めたような具。
 
 
このおばちゃんから持ち帰り用に10本ほど購入。
 
 
そして食べたかったブンチャー。
これがハノイ名物料理だそうです。
 
 
つけ汁は甘酸っぱいです。
汁に入ったスペアリブとつくねが香ばしくてめちゃめちゃうまかった!
 
 
そして飽きもせずまたもや、今度はパテ入りで
 
 
 
市場を後にし、その後家族で向かったロッテタワー。
子供たちはこういうものも好きなので
 
 
そしてお腹いっぱいのハノイの旅もおしまいです。
 
ちょっと早めに付いた空港でまだ時間があるなというところで、子供たちが最後にまた、こだわりの春巻き・フォー・サンドイッチを食べたいということで・・・
 
最後の悪あがきw
 
 
 
 
これは具の下に春雨があります。
 
 
 
子供たちのリクエストでちょっと偏食、もう少しいろいろ食べればよかったな、と今になって思うのですが、同じものの食べ比べもそれはそれで面白かったです。
 
子供たちいわく、タイ料理より辛くなくて油が少ないのがよい、とのことでした。
日本人には食べやすいかも、というベトナム料理ですね。
 
あと一回だけ続きます・・・(;^ω^)
 
 
2018-08-02 23:58:00

ハノイ家族旅行2 鉄道でニンビン周辺へ

テーマ:家族旅行

ハノイから、鉄道で郊外へ出かけてみましたよ。

 

 

昔なら硬座でがんばったんですけどね、もう年も年なので軟座で楽させていただきましたw

 

 

切符はちょっと味気ないですね。

 

 

車窓から。

やっぱりバイクが多いですね。

 

 

 


もうすぐ到着、というところで土砂降りの雨・・・

 

 

なんとか雨も上がり、目的のニンビン駅に到着。


立派な駅舎にびっくり。

 

 

ここからタクシーを雇って一日観光となります。

 

しばらく走るとだんだんいい雰囲気の景色になってきましたよ。

 

 

最初の目的地、チャンアンへ到着。

 

 

ここで、ボートに乗ります。

 

 

 

天気がいまいちだな~と思ったけど、かえって水墨画のような風景になってよかったです。

 

 

カイツブリがたくさんいました。

タイでは見かけないですよね、北ベトナムは全体的に生き物が日本に近い気がします。

 

 

のんびり風景を楽しみつつ進んでいくと、身をかがめろ、と指示が出ます。

目の前に洞窟が迫ってきました。

 

 

 

もう一つ、こちらの方が長かったですが

 

 

 

トランの洞窟を経験しているうちの家族には楽勝でしたw

 

しかしほんとうに水墨画のようで趣のある風景です。

ワタクシはちょいちょい奥地のダム湖ではこんな風景に出会いますが、家族にはかなり珍しい体験だったと思います。

 

 

 

ここでキングコングの映画を撮影したそうです。

 

 

ほとんど沈んでいますが、ここで琴?の演奏をしていました。

 

 

ここで少し下船し

 

 

木造建築にも、漢字文化圏というか北伝仏教の雰囲気を感じますね。

 

 

 

 

 

さて、舟遊びの後は移動、今度は古都ホアルーです。

 

 

968~1009年に2代の王朝で首都だったとのこと。

日本は平安時代ですね。

 

 

今やこんなのどかな風景の中にある遺跡

 

 

入ってみましょう。

 

 

やはり龍は王権の象徴ですね。

 

 

 

いい感じに苔むしております。

 

 

皇帝。

 

 

こんな感じに発掘されます。

 

 

遺跡の川で、タニシをとる漁師さん。

 

 

学術的興味は別として、自分のルーツ、日本から遠いものを旅行に求めがちなワタクシ。

ヒンドゥやイスラム、仏教でいえば北伝より南伝の文化圏を目指しがちです。

 

でも、今回ここへ来てみて漢字文化圏・北伝仏教圏の最果てを見れた思いがしました。

「最果て」、こういうキーワードに弱いんですよね~。

 

 

さて、ハノイへ帰ります。

 

「DOI MOI」の文字がなんともベトナムですね。

 

 

 

盛りだくさんの一日でした。

 

まだベトナムネタ続きます。

2018-08-01 20:13:00

ハノイ家族旅行1 観光名所

テーマ:家族旅行

ハノイ旅行してきましたよ。

 
 
今回もあちこち行ったのですが、まずは主だった観光名所から書いていきます。
 
ホーチミンさんの関連施設ですね。
 
 
こんな池がありました。
どことなく中国の水墨画的レイアウト…ですが、小さい岩に生えているのはドラゴンフルーツとこっそりトロピカル。
 
 
博物館ですよ。
 
 
社会主義!
 
 
 
ホーチミンさんのご遺体はメンテナンス中とのことで面会叶わずでした。
 
 
なぜかタイヤで作ったサンダル屋さんがいました。
 
 
この敷地内にあるお寺、延祐寺。
 
 
 
やはりこっちの仏教って観音信仰が厚いですね。
 
 
こちら一柱寺と呼ばれる楼閣。
 
 
 
兵隊さん、移動は行進で。
 
 
次へ向かいます。
バンコクに比べて街路樹が大きいですね。
 
 
タンロン城址へ来ました。
世界遺産だそうです。
 
 
上に登るとこんな愛嬌のあるものが・・・
 
カエル。
 
 
鯉。
 
 
もともと漢字文化圏なので、だいたい遺跡を見ると中国的な雰囲気ですが
 
博物館の展示物、この竜とか
 
 
アプサラなんかを見ると、南伝の文化を感じますね。
 
 
これも遺跡の敷地内です。
ベトナム戦争中はこのような地下壕で
 
 
会議をしたり指令を下していたようです。
 
 
沖縄、グアム、ウタパオ(パタヤ)などから空爆に来ていたようです。
 
 
以前ホーチミン市の博物館へ行ったとき、行方不明者のリストに大学時代の恩師のお兄様の名前を見つけました。
カンボジアのツールスレーン博物館からいろいろとインドシナ戦争の博物館を見てきましたが、自分が生きている時代の出来事なのでよく見ておきたいと思います。
 
 
水上人形劇も見ました。
 
 
これが、言葉が分からなくてもわかりやすいし、意外と言っては失礼ですが、見ごたえあって面白かったです!
 
 
どれだけ深いんだろうと思ったら、腰まででした。
 
 
夜のホアンキエム湖。
 
 
周りはホコ天で大道芸や夜店でにぎわっています。
 
演歌のコンサート?
 
 
 
着ぐるみの口をのぞいたら、中の人はスマホをポチポチしていたそうですw
 
 
ナイトマーケット。
今のパッポンみたいなもんですね。
 
 
さて、別の日。
ロッテタワーへ行ってみました。
 
 
朝イチは半額な上、ほかにお客がいなくてほぼ貸し切り!w
 
ハノイの街を一望。
 
 
 
 
 
 
最後にホアンキエム湖へもう一度。
 
柳ってタイじゃ見かけない気がします。
これも漢字文化圏な空気を醸し出しますね。
 
 
こっそり?手釣りするおじさん。
ティラピアやプラーチョンを見かけましたが釣れたのかな?
 
 
島へ渡ってみます。
 
 
島にはこんな祭壇と
 
 
2mクラス?!この池にいた超巨大スッポンのはく製が!
 
 
駆け足ですが、おおまかにハノイ市内観光はこんな感じでした。
 
他のことはまた別記事で書きます。
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス