2回目のスナックじゅん&下村明彦レギュラーライブ Scarecrow1回目 | Tree Topの魔女たち

Tree Topの魔女たち

JR大久保駅前にあるちょっとだけスピリチュアルな喫茶店Tree Topに集まる魔女たちのブログです。


テーマ:

10月12日(金)は、エルさまが再入院のため、エルエール食堂が開けず、代わりにスナックじゅんとなりました。

ああ、そうでございます。

エルさまのことを、ご心配いただいている皆さま、ただいま、エルさまは、戻ってくる途中でございます。

前回もそうでございましたが、道中が楽しいのか、若干グズグズなさられますが、そのうち、おつきになられると思いますので、どうぞのんびりとお待ちくだされませ。

お留守の間は、じゅんさまが、スナックじゅんで、皆さまをおもてなしいたします。

 

っちゅうわけで、急遽のスナックじゅん 10月2回目…

かなりコアな夜となりました。

 

 

お客さまはハリーさま…赤穂から1時間半かけてお越しいただきました。

この日のスナックメニューは、サラが頑張って、ナンピザを作りました。

頑張った甲斐があって、これ、めっちゃ大当たりでございました。

自画自賛ではございますが、思わずおかわりしたくなるおいしさでございます。

 

 

ハリーさま、早速、分厚い歌本で、片っ端から歌い始められます。

歌いまくって、ちょっとお疲れになられたところで…

 

 

サラも、秋の歌…

いえ、別にお聞きいただかなくてもよくて、ちょっと練習がてら、やってみたかっただけなのでございますが、ロッディさまが、ギター伴奏をつけてくださいました。

ウクレレだけより、そりゃ、ギターがあった方がいいでございます。

 

 

そうなると、じゅんさまも、ハリーさまと組んで…もう、歌合戦…

 

 

さんざん歌いまくって、最後にサラも、ハリーさんに伴奏いただいて、懐かしすぎる時代の歌を歌わせていただきました。

お客さまが少なかったのに、解散はやっぱり12時前…めっちゃめちゃ濃いスナックじゅんになりました。

 

次回のスナックじゅんは、11月2日(金)19:00~でございます。

 

 

さて、翌日 13日(土)は、下村明彦レギュラーライブ 「Scarecrow」の1回目でございました。

田んぼの中に立つくたびれた案山子が、魂を欲しがるように、聞く人の心にポッとした刺激を差し上げられれば…と、下村御大がつけれらたタイトルでございます。

Tree Topで、「心づくし唄づくし」のタイトルでレギュラーライブが始まって、前回8月で30回目…ここで、一旦 キリをつけ、新しい名前で再スタートいたしました。

その間に、「弟子」のあすみさまは、「卒業」なさられ、独り立ちなさいました。

つまり、Scarecrow は、ミュージシャンとミュージシャンの、ガチンコツーマンなのでございます。

 

 

下村御大も、こういう日をきっと心待ちになさっておられたと思います。

寂しくもあり、嬉しくもあり…

あすみさまをご覧になられる目は、以前と変わりませんが、その心はなかなか言葉で表せるものではないようでございます。

 

 

この日、10月の第二土曜日は、Tree Topの近所の八幡さまの宵宮なのでございます。

小さな神社ではございますが、近隣地区のおみこしが4台ほど集まってまいります。

宵宮では、そのうちの2台が、Tree Topの前の道を通るのでございます。

あまり広くはない…6m道路を、赤や空色の法被を着た若い衆が、おみこしを担いでやってくるので、それなりに迫力がございます。

とはいえ、ライブ中に通られたのでは、おそらくリズムも違いますし、掛け声を入れる間合いも、合うとは思えないので、心配しておりましたところ、ぎりぎり19:00前に通り過ぎてくれました。

そして、始まるレギュラーライブ…新シリーズへの期待があってか、いつもより大勢のお客さまがお越しくださいました。

まずは、あすみさまから…

 

 

2枚目のCD Type Bも好調な滑り出しで…オリジナル曲をバンバン、お聞かせいただきました。

ますます迫力が増してきておられます。

この迫力をもって、あすみさま、ヴォーカルレッスンを始められることになりました。

もうすでに、何名かの生徒さまがいらっしゃるそうでございますが、すべて1回ごとのレッスンとなり、月に何度来なければいけないといった制約は設けず、ご本人の自由意思にお任せになられるシステムだそうでございます。

ヴォーカルレッスンをお受けになられた方は、すぐに声が出るようになり、カラオケの得点も大幅にアップしたとご報告になられておりました。

あすみさまと言えば、下村御大直伝のメソッドをお持ちでございます。

御大ご本人によりは、格段に質問しやすく、細かく、丁寧に教えていただけますので、サラもおススメでございます。

 

 

さて、あすみさまに続いては、下村御大のご登場でございます。

実は、33年前のこの日、下村御大は、朱実奥さまとご結婚になられたのでございます。

つまり、結婚記念日…

いつもなら、朱実さまもTree Topにお越しになられるところなのでございますが、この日は、あいにくと申しますか、よんどころない御用がおありで、お越しはかないませんでした。

御大は、朱実さまには、いつもいていただきたいようでございます。

居られないことが、寂しそうでございました。

 

 

御大は、自虐的にご自身を、売れなかったと、MCのネタになさいます。

先日、確か静岡とおっしゃっておられたと記憶しております。

とあるホテルで、大物ミュージシャンとすれ違ったそうでございます。

24時間TVでは、加山さまとデュエットでトリを飾るあの方でございます。

御大のお顔をご覧になられて、その方がおっしゃったそうでございます。

「ああ、長く続けるのはいいことだねぇ」

かつて、その方が、神戸三越の屋上の、紅白幕の前で歌っておられた頃、御大も同じ業界で、ご活躍になっておられたのでございます。

御大のご反応は…ご想像通りでございます。

その方の広く拓けた額の輝きを、2文字で、ご賞賛になっておられました。

 

 

来年は、年明け早々の1月末に、再びのバリライブツァーが待っております。

そして、1か月置いて3月の初め、台湾ライブが控えております。

御大の野望は、ニューヨークにまで飛んでいるようでございます。

世界征服をもくろんでおられるような…

 

 

どんどんと新曲が生まれてくる御大でございます。

福島へ行く前にできた「Moon Dance」を、あすみさまに踊らせようと、この日も企まれていたような…

結局、踊らずに済ませたいあすみさまに押し切られたようでございました。

 

 

そして、アンコール曲…

西川きよしさまの番組で、朱実さまを泣かせてやろうではないかという企画があり、御大がお作りになられた曲「君への遺言」。

33回目の結婚記念日に、お越しになれなかった朱実さまのために歌われました。

オーディエンスさまがビデオをお取りになられているのを察知して、「流したらあかんで~」と何度もおっしゃる御大のお言葉は、「流してよ~」というフリにしか聞こえませんでした。

 

 

「元気のかたち、勇気のかたち」

世界中のあちらこちらで起こる災害被災者の支援のために、ミュージシャンができること…とお考えになられて、作られた「SONOCA」…Tree Topにも置かせていただくことになりました。

1枚500円で販売しております。

お求めいただいたカードの裏にあるQRコードから、「元気のかたち、勇気のかたち」の歌&カラオケ 全3曲を、ダウンロードしていただけます。

この曲を、覚えていただいて、時期が来たら、皆さまの合唱をCDに収録し、さらなる支援の輪を広めていきたいと計画なさっておられます。

カードご購入の金額は、そのまま「元気のかたち、勇気のかたち」プロジェクト実行委員会で集約し、赤十字を通じて、被災なさった皆様の支援に充てさせていただきます。

 

 

そろそろ1か月分のレポートが溜まってしまっておりますので、先を急がせていただきます。

ちなみに、次回の「Scarecrow」は、12月8日(土)19:00~でございますよ。

 

 

 

Tree Topの魔女たちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス