8月15日~17日の思い出 | Tree Topの魔女たち

Tree Topの魔女たち

JR大久保駅前にあるちょっとだけスピリチュアルな喫茶店Tree Topに集まる魔女たちのブログです。


テーマ:

8月15日(水)…終戦記念日でしたねぇ。

1945年のこの日、第二次世界大戦は終了…

戦争…無い方がいいです…しない方がいいです。

サラは、「戦争を知らない子供たち」ですが、小さい頃はまだ、人が集まる場所にいくと、白装束の傷痍軍人が、軍歌を流しながら座っているのを見かけました。

戦争に行く前は、きっと普通の暮らしをなさっておられたはず…一緒に暮らす家族もおられたはず…

小さい頃は、わかりませんでしたが、今は、その意味が理解できるようになりました。

 

岡本さんもサラと同い年でございますから、そういう光景はごらんになられたことがあると思います。

岡本さんが1月生まれ、サラが11月生まれなんでございます。

 

で、8月15日は、岡本ひでひと定期ライブでございました。

8月のタイトルは、「須磨Sea Breez」

岡本さんが、須磨のヨットクラブさまからのご依頼で作った曲だそうでございます。

例によって、第一部は岡本さんの癒しの歌声で、皆さまのリクエスト曲をおたのしみいただきました。

 

 

7月には、サラが数年前に岡本さんのお預けした歌詞に曲がつきました。

「冬の子守歌」…夏に完成いたしました。

で、その後、お蔵入りしそうな歌詞がもう一つ、あるのだけど…と岡本さんにお伝えいたしますと、「今、いっぱい曲が降りてきているから、くださいよ~」とおっしゃいます。

数日後に、メールで送ったところ、速攻で仕上がりました。

軽快なウクレレ曲…タイトルは、「COME PRIMA~昔のように~」と申します。

 

この日、皆さまにもお聞きいただきました。

岡本さんのライブで、すでにお聞きになられた方からは、覚えたい!とおっしゃっていただいているそうでございます。

 

サラは、高校生のころから詞を書いてまいりました。

詞を書く時は「鈴谷恋恩」(すずたにれおん)という名前を使っております。

岡本ひでひと、鈴谷恋恩の組み合わせでできた曲が、現在4曲…どれも、岡本亭の皆さまには、お耳なじみいただいているので、もう1曲 加えて、CDにしようと岡本さんからお申し出いただきました。

まもなく実現すると思います。

ちょいと楽しみでございます。

 

 

発表会前とあって、岡本亭一門の皆さまがたくさんお越しになられておりましたところへ、通りすがりの見知らぬお客さまがお二人…ご参加になられました。

岡本亭の皆さまには、よくご存じの岡本さんのオリジナルソングも、通りすがりのお客さまには、知らない曲でございまして、「いい曲やっちゅうのはわかるけど、わしらになじみのある演歌、頼むわ!」と、想定外のリクエストをいただきました。

そこは、さすがに岡本さんでございます。

演歌、あります!と、やはりオリジナルの「金沢涙町」を熱唱…ウケました。

通りすがりのお客さまも大満足で、岡本さんのギターに千円札のおひねりを差し込んでいかれました。

ちょっとした珍事でございました。

長く続けておりますと、いろんなことがあるものでございます。

 

 

第二部は、岡本さんの伴奏で、お客さまたちが音楽を楽しむ番でございます。

1番くじを引き当てたのは、ジャンさま、ヨシオコータローさまのユニット トイプードルさまでございました。

 

岡本亭一門の発表会は、年に2度、春と秋にございます。

でも、今年は、秋の部が早まって、8月26日と29日となりました。

もともとは、1回で開催していたのでございますが、人数が多くなり、1回ではとても消化しきれなくなったこと、伴奏の岡本さんが8時間以上、ずっと伴奏し続けなければならないこと…などの問題があり、今年から2回に分けることになりました。

 

トイプードルさまは、8月29日のご出演…1組 2曲を発表していただきます。

 

 

続いて、ヨシオコータローさまがピンで…

最近は、弾き語りにも力を入れておいででございます。

 

発表会前とあって、岡本さんと一緒に伴奏をお勤めになられるベースの足立さまもお越しになっていただきました。

縁の下の力持ち…皆さまの課題曲にすべて、ご対応なさっておられます。

 

 

同じく29日にご出演の藤谷ハーモニカさまは、曲が短いのでメドレーで。

サラの「永遠の江井島」もレパートリーに入れていただいております。

お仲間と組んでおられるチーム合言葉から、ロミロミさまが応援におつきになられました。

 

 

ロミロミさまは、次々に歌を書かれ、発表なさいます。

そして、いろいろ工夫なさって、手作りのカズーもお作りになられたのですが、やはり…ということで、ホンモノのカズーをご購入になられたようでございました。

かわいらしい曲が、出来上がっておりました。

 

 

そしてこちらが、チーム合言葉さまでございます。

山田ロミロミさまの「山」、サッキーさまの「川崎」から「川」、藤谷ハーモニカさまの「谷」をとっての合言葉でございます。

お三人さまで、施設のボランティアライブにお出かけになられています。

発表会には、合言葉さまでエントリーなさるか、お一人ずつでエントリーなさるか…ご相談なさっている最中でございました。

 

 

平井さまも、29日のご出演予定でございました。

2年ほど前からギターを習い始められ、今では、暗譜で弾き語りなさいます。

インカムもサマになってまいりました。

楽しんで、続けられるのが、一番でございます。

 

 

魚住にあるカフェ Ding Dongさまのオーナーさま、福田陽子さまでございます。

同じく岡本亭のアイドル 岡ひろみさまとお二人で、演奏なさるのでございますが、陽子さま、シンガーソングライターさまでございます。

ご自身で作詞なさられ、ウクレレで弾き語りをなさるのでございます。

お店のテーマソングもお作りになられていて、それはもう、本当にCMソングのよう…

一度で覚えてしまします。

 

 

続いて、陽子さまのサポートをなさっておられた岡ひろみさま…

ひろみさまも、シンガーソングライターさまでございます。

なんだか皆さま、次々、湧き出すように曲が生まれてきて、すご~い!と思います。

ひろみさまの新曲もなんかとてもさわやかでいい曲でございます。

お孫さまもいらっしゃるのでございますが、とてもそんな風には見えない、かわいらしい方でございますので、岡本亭一門では、男性陣に大人気でございます。

 

 

2曲目は、ウクレレをギターに持ち替えての初トライ!

それはそれで、なかなかカッコよく決まっておりました。

 

 

シニアの星、サッキーさまのソロ演奏でございます。

サラにはツボの1曲をご披露いただきました。

発表会は29日にご出演だそうでございます。

 

 

岡本亭一門では、トリでございました。

藤原さま…いつもは、ベースの弾き語りなのでございますが、岡本さんのおススメで、まずはギターからということになったようでございます。

発表会も、ギターで出演になられるとか…26日(日)のご出演予定でございます。

ギターのほうが、安定感がございましたね。

サラは、ベースで弾き語ったことはございませんが、そういうものなのでございますね。

 

で、この後、サラも岡本さんとご一緒に、新曲「COME PRIMA」を歌わせていただきました。

でも、まだ覚えていないから、一人では歌えないのでございます。

もうちょっと…でございます。

 

 

17日(金)は、エルさま、まっつんさまのダブルホスト、今夜はフォークで乾杯!でございました。

 

 

いつものように、オープニングアクトはまっつんさま…

この3曲の間に、お客さまがひとり、ふたりとお越しになられるのでございます。

 

 

この日、本当に久しぶりに武ちゃんさまがお越しになられました。

2か月、埼玉へ出張に行っておられたのだそうでございます。

お帰りになられて、ちょっと寄ってみようとTree Topに来た日が、フォークで乾杯!だったといういきさつでございます。

 

 

だから、歌うつもりじゃなかったのでございますが、そうなるとやっぱり…順番は回ってくるものでございまして…

回ってくれば、歌うのでございます。

以前からずっと歌い続けておられる「今日の次には明日が来る・・・」っていうあの歌…

ご健在でございました。

 

 

ギターも練習しなければ…と子マーチンをお持ちになられたロッディさま…

愛機のiPadを駆使して、知らない歌シリーズを弾き語られました。

 

 

で、修ちゃんさま…

囲碁&Music、東播雀の前の懐かしのフォークソング1時間で、火が付いたようで、この日も熱唱…

ヨシオコータローさまを巻き込んで、頑張っちゃいました。

 

 

続いては、やさぐれ感が板についてこられた絶校長さまでございます。

 

 

この日も三木からサポートさまにお越ししただき、2人で美しいハーモニーをお聞かせいただきました。

音源をお渡しになられ、自主練を重ねて、フォークで乾杯!でいきなり合わせる、というスゴ技でございます。

絶校長さまのキーに合わせておいででございますので、サポーターさまには若干低めで、苦しそうではございましたが、ちゃんと歌いきっておられました。

 

 

武ちゃんさまも、オーディエンス席で、何気にご参加…

ご気分がよろしかったのでございましょう。

 

 

で、こちらは、ヨシオコータローさま枠に、修ちゃんさまが呼ばれている…という図でございます。

デジャヴ感はおありかと思いますが、これはこれ…別物でございます。

 

 

無謀にも高いキーに挑戦なさって、玉砕しておられるところでございます。

 

 

ヨシオコータローさま、ご自身の枠 3曲で目いっぱい織り込む作戦だったようでございます。

修ちゃんさまが、お席にお戻りになられますと、2曲目はソロでございます。

 

 

ヨシオコータローさまの、この日のテーマカラーは、ブルーだったようでございます。

足元もご注目ください。

 

 

そして、3曲目にお呼び出しなさられたのは、アリス本庄さま…

どちらがどちらを歌われるか…あ、じゃ僕べーやん行きます!というそれだけで、すべてが整う世界でございます。

それも、スゴイでございます。

 

 

エルさま、淳さまのBeBeでございます。

10月27日、舞子のこずみっくで、エルさま復帰後初めてのBeBe秋の宴を予定なさっておられます。

エルさまが入院なさって以来、そのお帰りを待ちわびてこられたファンの皆さまへ、元気に復活のご挨拶をなさるわけでございます。

 

 

改めまして、本庄さまでございます。

このところ、ザ・ターバンズのリーダーとしてのイメージが定着してまいりました。

ザ・ターバンズでも、ソロはご披露するようになりましたが、フォークで乾杯!なら、3曲、たっぷりとお聞きいただけます。

フォークで乾杯!では、アリス本庄さまとしてご認知の皆さまも多いかと思いますが、実は、バラエティなんでございます。

この日も、演歌を歌っておられたような気がいたします。

まぁ、いいんでございますが…

 

 

ついでにサラも伴奏してもらって、新しい曲を…と思いましたが、キーが決まらなかったので、わかっている曲を…

その流れで、ザ・ターバンズまでやっちゃいました。

 

 

翌日にご自身のライブを控えておられたMOTOさまが、告知の下心ご持参でお越しになられましたので、サラも、ええやん!明石に乗って差し上げました。

 

 

MOTOさまのさらなる告知は、9月14日のチキンジョージライブでございます。

マイクを通して呼びかけてみましたところ、パラパラとチケットをご購入いただき、ちょっとホクホクでございました。

 

 

恒例の淳さま、ツーショットコーナーでございます。

綾小路きみまろさまと…

 

 

ヨシオコータローさまと…

 

 

ザ・ターバンズリーダーと

 

 

お久しぶりの武ちゃんさまと...

 

 

演奏中のMOTOさまと…

 

 

というわけで、8月下旬へと進んでいくのでございます。

 

 

 

 

Tree Topの魔女たちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス