オッピーいまとみ&Friends ブルーグラスのちょっと先Live | Tree Topの魔女たち

Tree Topの魔女たち

JR大久保駅前にあるちょっとだけスピリチュアルな喫茶店Tree Topに集まる魔女たちのブログです。


テーマ:

三連休の真ん中の日曜日 11日…建国記念日、Tree Topは、オッピーいまとみ&Friends ブルーグラスのちょっと先Liveでございました。

まずは、キャプテン オッピーいまとみさまのご挨拶からスタートでございます。

 

 

オッピーさまは、前日、伊川谷で開かれたブルーグラスフェス&ゴローショーで、ご自身のバンド ブルーグラス有識者会議のメンバーとご一緒に演奏なさっておりました。

奈良と芦屋からのメンバーさまでございまして、会場がオッピーさまのおうちの近くだったもので、メンバーさまはオッピーさまのおうちにお泊りになられたようでございます。

で、オッピーさまは、そのまま、Tree Topのライブまで、メンバーを連行しようという算段だったとご推測申し上げますが、朝起きて、夜のライブまで穏やかに過ごすということが どうもできないのがブルーグラサーという部族でございます。

芦屋のメンバー戸田さまのお宅まで移動して、そこで夕方のライブの情報を得たので、西宮まで移動…いきなり演奏してきた様子を、Facebookで見かけました。

サラが思うに、奈良の塩田さまは、結局、逃げ遅れたようでございまして、オッピーさまに連れられて、Tree Topまで戻ってお越しになられました。

 

 

多分…多分でございますよ…「Tree Top 初めてやろ?んなん、行っとかなー!」 オッピーさまにそう言われて、電車に乗せられたんだと思います。

ああ、なんかすごーくリアルにイメージできます。

 

そして、始まるなり、突然、オッピーさまに当てられて、かけつけ5曲…

オッピーさまはその間、にこやかに笑いながらビールを召し上がっておられました。

 

 

歌っておられるのは、山本さまでございます。

そして、バンジョーは、山本さまのお向かいにお住いの岩佐さま…

ベースが居ないので、手近に落ちていたロッディ堀内さまが派遣されました。

 

 

山本さまは、どちらかと言えばカントリーなのでございますが、まぁ、カントリーもブルーグラスも、全員その曲を知っているという前提でございますので、特にグループでなくても、その場で合わせられます。

入れ替わり、立ち替わり、みんなで楽しむスタイル…これをピッキングパーティと申します。

音楽は、全般にそうなんですが、こんな風にセッションがあると、話をする前に距離が縮まって、終わった後は、もうすでにお友だちになってしまいます。

 

 

画像がちょっとボケておりますが、山本さまのギターストラップを写しております。

これ、きっとカメラのストラップでございますよ。

山本さま、実は、写真がご趣味なのでございます。

撮り鉄…なんですって…年賀状も、SLの写真が載ったのをいただきました。

 

 

5曲を消化して、一旦お座りになり、各自ビールを注文して、一口つけたところで、座ったままのセッションが始まりました。

どうしても寸暇を惜しんで弾きたがる…ブルーグラサーはそういう部族でございます。

 

 

すると、オッピーさまがまた、フラマン3人、前に出てー、オカリナも一緒にー!と号令をかけられます。

ビールのグラスは、テーブルに置かれ、主の帰る時をひたすら待つしかなくなりました。

 

オカリナのひとみさまも、ずいぶんと慣れてきたとはいえ、この無茶ブリに若干 困惑…

だって、入るタイミングもわからないくらい、初めましてのメンバーでございましたから…

 

 

その後は、フラマンづくし…

 

 

いつもはギターのトニー河野さま、この日はフラマンでございました。

なんでも、学生時代はマンドリンサークルに入っておられたそうで、久しぶりに弾いてみようと思い立たれ、リペアに預けようと思って、お持ちになられたのでございます。

なんでもなさる方でございます。

フラマンも凄腕でございました。

 

 

フラマン3人が前で演奏していると、参加したくなってくるのでございます。

ギターとバンジョーはオーディエンス席で、余裕のバックでございます。

 

 

塩田さまが、奈良までお帰りになられるため、早退宣言をなさいましたところ、早く帰るなら座るな…という圧力がかかりまして…ずっと前で立ちっぱなしでございました。

それでもお楽しみいただけていたらよろしいのでございますが…

なんとなぁく…この先、明石通いの頻度が高まることを察してか…お帰りの電車の中で、行きかえりの車内内職をお考えになられておられたご様子でございます。

 

 

オッピーさまの中では、おそらく岩佐さまは、すでに東播雀や播!²樫男子!のバンジョーというイメージが固まっているのでございましょう。

しきりに褒めておいででございました。

こういう時は、その線を疑わないとイケマセン。

だんだんわかってまいりました。

こうして、いつの間にか 巻き込まれてしまった自分に気づく瞬間を迎えるのでございます。

その時は、すでに「そうなってしまった状態」なので、覚悟を決めるしかないのでございます。

 

 

オッピータイムでございます。

オッピーさまのブルーグラス豆知識…

英語に「放浪者」を指す「Hobo」と言う言葉がございますが、これって日本語の「ほうぼう」が語源なんだそうでございます。

日系移民の農場でお手伝いしてくれる労働者は、仕事場を渡り歩くため、方々へ行く「ほうぼうさん」と呼ばれていたのだそうで…その日本語が定着して「Hobo」になったんですって…

 

 

そして、東播雀でございます。

オッピーさまは、サラに「説明しといて」と振られたのでございますが、東播雀は、そもそもオッピーさまが先に名前を思いつき、バンドを作る!とおっしゃって、誰がメンバーなのかざっくりしたまま来ているバンドでございます。

そんな説明しかしようがないわけで…

 

 

もちろん、「イカナゴ貯金」は歌いました。

東播地域の高校までは、学校で習う唱歌にしよう!と、高いところを目指してまいります。

 

 

練習では、そこそこ歌えていると思っておりましたサラのハモリ曲…いつもと入り方が違うと、どうにも戻れなくなって、アタフタ…凹むサラを見て、オッピーさまは「愛」を感じるのだそうでございます。

ひとみさまと共に、特訓日を設けることにいたしました。

 

 

播‼²樫男子予行演習で、山本さまのカントリーを。

ここでは、オッピーさまは ベースをご担当になられるそうでございます。

早速、ヤフオクでエレキベースをゲットなさったとか…

二胡も練習していただきたいのでございますが…

 

 

最後は、カーターファミリー風に。

そして、永遠の絆でお開きとなりました。

 

 

第1回目のピッキングパーティ。

次回は、4月29日(日)18:00~ となりました。

この頃って、もう暑いんですよねぇ…この寒さから あと2か月…どこでどうして挽回するのでございましょうか…

 

 

 

 

 

Tree Topの魔女たちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス