タカラヅカ・スカイステージのタカラヅカニュースの中で東京公演前に行われる恒例の副組長とトップ娘役のトーク。

花野じゅりあ副組長と仙名彩世さんのトークは、年が近いせいか副組長とトップ娘役というより娘役同士のトークみたい。

いつもはベテランさんと若いトップ娘役というバランスだから、ちょっとおもしろい感覚。

画像: 宝塚歌劇団公式ホームページより

 

仙名さんが、「体が二十歳のまま100年」と言ったとき、あんな色っぽい二十歳ってないなーと思ったり、「エドガーと男爵は100年も衝突してる」と言ったとき、そう考えるとお互い成長しないな、なんて思ったりしてこの情報は観劇の時にどう影響するのか、ある意味楽しみ。

 

花野さんが舞台上でベットに寝ることを、「悪いことしているみたい」というようなことを言っていて、舞台というのは動き回る場所で寝る場所でないからそんな気持ちになるのかなあと思ってみたり。じゃあ、自分も会社で寝たりしたら罪悪感かな?かもね。

 

そして、仙名さんが見逃せないポイントとして、フィナーレの男役の群舞の後、大階段から明日海りおさんが下りてきて、下りきってのポーズ「首をガクっとして右足を出す」というところがとても好きだそうで、絶対見て欲しいそう。

 

大劇場の映像が流れた時にも、フィナーレの明日海さんの髪型がみかけないかっこいい感じだったのでおっ!と思ったけど、そんなポーズもあったとは。。。

1回の観劇じゃあ、足りなさそうだな。でもチケットきびしそうだし。ライブビューイングかな。

 

星

ニュースでは、星組の礼真琴さんのディナーショーの様子も流れてて、おもしろそう。当然(?)チケットは取れなかったから、こちらはオンエアを待つばかり。