破格に葉山牛が味わえる路地裏の名店!盛合せは必食です

 

 

小田原線本厚木駅南口より徒歩3分ほどの場所にある葉山牛指定焼肉店「わがんせ」にお邪魔してきました。なかなか手の出ない葉山牛ですが、こちらのオーナーが葉山の石井ファームとご友人関係にあることから、破格に牧場直送で仕入れることが出来るのだそう。という事で何気に初の葉山牛!

 



逸る気持ちを抑え先ずはエビス(生/730円)で乾杯です。

 

 

 

キムチの盛り合わせ(750円)とナムル盛り(500円)も鉄板ですね。

 

 

海苔以外はすべて自家製だというだけあって、とてもきれいなお味に嬉しくなります。

 



上タン塩(1300円)は薄すぎず厚すぎず。ぷりっとした食感の残る絶妙な歯応えが良いですね。

 

 

強めに挽いたペッパーが爽やか。そうそう、こちらのレモンはマイヤーレモンを使っているので酸味が控えめでまろやか。融点が低く脂の甘い葉山牛とも相性抜群です。

 

 

ちなみにこちらのレモンもオーナーのご友人が作ってらっしゃるとか?顔広い(笑)

 



さて、いよいよお待ちかねの葉山牛盛合せ「聚(シュウ/6800円)」の登場です。

 

 

日によってかなり内容は異なるそうですが、この日はイチボ・ランプ・トモサンカク・大トロカルビ・リブ芯・ザブトン・マキと豪華なラインナップ!

 

 

なかでもマキは「キング・オブ・マキ」と呼ばれる希少部位だそう。

 



あまりの見事なサシに一瞬怯んだものの、驚くほど軽く、全くもたれないことにびっくりです。

 

 

なんでも葉山牛はお米を食べて育てるのだとか?高価なのにはちゃんとした理由があるのですね。


 


アユソ・アバディア・デ・ロブレ(ボトル/3000円)は最強のコスパワイン!

 

 

 

葉山牛とテンプラリーニョは良く合うんだそう。ハウスワインが美味しいお店は外れませんね。

 

 



にんにくバター(500円)とチョレギサラダ(650円)はお肉といただいても美味しいのでおすすめです。

 

 

青森かな?立派なにんにくに感涙!

 



そして大好きなホルモンに合せるのはマイヤーレモンサワー(650円)こちらも無敵のマリアージュ。

 

 

上ミノ(890円)は塩と甘口・辛口から選べたので辛口でお願いしました。

 

 

そうそう、個体識別NOがわかるホルモンは近隣ではここだけだそうですよ。すごく大切に育てられているのが伝わりますよね。

 

 



〆には冷麺(小/650円)とカルビスープ(小/400円)をいただいて。

 

 

 

存分に葉山牛を堪能した夜!オーナーをはじめとしたスタッフさんも感じが良く素敵なお店でした。個室もあるのでお子ちゃま連れや接待にも勝手の良さそうな1軒です。

お弁当も気になる!!!!

 

焼肉わがんせ

神奈川県厚木市中町2-7-5 ワミレスビル 1F

050-5456-0691

【月・水~日・祝・祝前】
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)
【月・水~日・祝・祝前】
ディナー 17:00~00:00 (L.O.23:30)

火曜日定休