JR横浜駅からすぐ、ラウンドワン近くにある本格江戸前寿司の
「七海」さんへお邪魔してきました。


先ずはザ・プレミアム・マスターズ・ドリーム(1000円)で乾杯です。

 

 



今回は握りと逸品料理が楽しめる
特上旬のおまかせ握りコース(12000円)をお願いしました。

 



突き出しはしじみの一番出汁。

 


塩釜の中トロは赤酢でいただきます。

 



目にも美しい前菜盛合せ。

 



とらふぐ皮の煮こごり

 


ぽん酢
イカ下足の自家製かまぼこ
下足の食感が残る
蛸のやわらか煮

 


メヒカリの自家製一夜干し

 



フランスの白ワイン(グラス/800円)

 



ヒラマサ・かすご鯛(鯛の赤ちゃん)は煮切り醤油。

 


剣先烏賊は塩と酢橘でいただきます。

 



脂ののった戻り鰹は辛子酢味噌かぽん酢ジュレであっさりと。
添えられた芽ネギと穂紫蘇が良いアクセントに。

 



来福 超辛口 純米吟醸(1合/1400円)

 



のどぐろは赤酢のシャリが良く合いますね。

 


ネギと生姜を合わせたお薬味でいただく鯵も絶品です。

 



こちらはネタに合わせて赤酢と酢飯を分けているので
美しいシャリの紅白がお祝い事にも使えそう。

 



甘すぎず辛すぎず優しい締め具合の小肌。
赤身の漬けには柚子の香りを添えて。

 



日高見 弥助 芳醇辛口純米吟醸(1合/1600円)

 


べったら漬けと自家製だという茗荷のピクルスが良い箸休めに。

 



紫雲丹とバフンウニの食べ比べ。

 



塩水タイプの紫雲丹はすだちを1滴加えることで
より磯の香りが豊かになりますね。


濃厚な旨味が特徴のバフンウニはシンプルに醤油でいただきました。

 



ピリッと生姜のきいた天然すっぽんの茶碗蒸しとろりとなめらか。
賀茂金秀 雄町 純米吟醸(1合/2000円)と。

 



トロたくの手巻き、穴子、かんぴょう。
蒸しカステラとプリンのような味わいの2種の卵焼きが楽しいです。

 

 



お椀はお麩ととろろ昆布。

 



甘味は枝豆と豆乳のムースとオレンジ
はちみつのジュレが優しい甘みを添えていました。

 



今回、個室に案内されたため正確なネタの産地や調理法は不明です。
せめて提供時に簡単な説明があると良かったですね。

 

横浜 寿司 七海
横浜市西区南幸2-6-2 B3F

050-5597-8297
16:00-24:00

https://tabelog.com/rvwr/treasurebox/rvwdtl/B420127820/