もっといいものを見つけることで… | フクロウのひとりごと

フクロウのひとりごと

愛知県在住のトロンボーン吹き、作編曲家、吹奏楽指導者。
おもに吹奏楽の活動に役立つ情報を発信中!
バンド指導をご希望の方はお気軽にご連絡ください。

楽器を演奏するとき、もっとこんなふうに、こういうやり方でって思っても、なかなかうまくいかない時、

また、教えていて、なかなかできない時ってありますよね。さて、それって…
 
こんばんは。
トロンボーン吹きで作編曲家、吹奏楽指導者の福見吉朗です。
 
 
教えている時に…
 
管楽器を教えていて、たとえば、
「そんなに力で押し出さなくても、やさしく息を送ってあげればいいんだよ」
と伝えても、なかなかそれができないことってありますよね。
というか、このアドバイスだけですぐに出来たりしたら、それはむしろミラクルですよね。
さて、出来ないのはなぜなのでしょうか。
 
 
 
出来ない訳
 
力いっぱい息を押し出さないと吹けない、それには原因、訳があるはずなんです。
たとえば、どこかで息の流れを止めているのかもしれない…。
金管楽器の場合でいったら、たとえばくちびるをぎゅっと強く閉じてしまっていたり…
それで音を出そうとしたら、息を力で無理矢理押し込むしかなくなってしまう…。
そのことを見ず、「もっとやさしく吹いてごらん」っていくら言ったって、
いつまでも出来ないのはあたりまえなのですよね。
 
 
もっといいものを
 
たとえば、くちびるをぎゅっと強く閉じて吹くのではなくて、
もっといいもの、より良いやり方をみつけて、『これで吹けるんだ』って身体が腑に落ちたら
その時やっと初めて、『やさしく息を送る』が出来るようになる。
出来ないのには、そうせざるを得ないのには、必ず訳があるのですね。
だからそれに代わるもっといいものをみつけて、身体がおぼえる必要がある。
 
 
 
どんなに言ったって
 
その訳、原因にアプローチせずにどんなに言ったところで、出来るようにはならないのですね。
だから、「どうして出来ないの!?」は敗北宣言なのです。原因を見つけられないわけだから。
そういう意味で、伝えても意味のない指示はたくさんあります。
その代表的なもののひとつが、「余分な力を抜いて!!」
力が入るのには理由があるのです。必ず。
そしてさらに言えば、力を抜くこと、脱力することは決して、目的などではないのです。
 
 
自分のことでも
 
さて、これ、教える時ばかりじゃなく、自分のことにしても同じですよね。
これをやめたいのに、こうしたいのに、出来ない…
それには必ず訳があるはずですよね。
身体は訳もなく選んだり避けたりはしない。
そして、それに代わる『もっといいもの』を見つけられたら、腑に落ちたら、
きっと変われるはずですよね。
そのためには、深い観察ヒ洞察が重要なんですね。
練習ってある意味、自分で自分をレッスンすることだと思うのです。
それは時に、人に教えるのより難しい…。
 
さて、観察、洞察、出来ていますか。