マレーシア→シンガポールバス移動について | My Journey My Story

My Journey My Story

大学生22歳の男が半年間で世界一周してきた。これはその旅の記録。盗難被害あり野宿ありヒッチハイクあり、何が起こるか分からないから旅なんだ。


テーマ:
スタバ@KL

電源使えてwifiフリーなんてすごすぎるスタバ!あと30分ぐらい時間つぶして夜行バス乗るよー


応援クリックどーかよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マーライオン@ホテルについて書く前にマレーシアからシンガポールへの移動について書いときますね。


これから行く方は是非参考にしてみて下さい。



まずクアラルンプールからマラッカへの移動。


インターネットで検索しても出てくるのは古い情報ばかり。バスターミナルが改装中でどっかに移動したみたいなこと書いてあるけどよくわからん。


そーゆー時は現地の人に聞くのが一番っすね。


大きなバスターミナルはクアラルンプール内に3つあります(多分)。


市内にあるのはHang Tuahって駅のすぐ近くにあるバスターミナル。ここについてはよくわからないので省略。4つほどバスがありました。


KLより南部に行きたい場合はBandar Taslik Selatan(スペル違うかも)って駅にあるバスターミナルから行きます。


中はこんな感じ。
$My Journey My Story-KLbus1

$My Journey My Story-KLbus2

どこのカウンターに並んでも好きなバス会社のチケットを買うことが出来ます。


マラッカ行きは大体どこも12RM。時間がちょうどいいやつ選ぶといいんじゃないかな。


ちなみに自分はDELIMAって会社のバスに乗りました。なかなか快適だったかな。


KL→マラッカは大体2~3時間ほどで着きます。




マラッカのバスターミナルはMelacaSentral(スペル微妙)って言って、こっから大体どこへでも行ける。


こんな感じ
My Journey My Story-Melacast2

My Journey My Story-Melacast1


KLと違ってチケットは各バス会社ごとのカウンターで売ってます。まぁ行き先はどこも大体一緒なんだけど。


マラッカ→ジョホールバルは19RM,マラッカ→シンガポールは22RMです。


707って会社のバスでシンガポールに行きました。


バスの中は3列シート!
$My Journey My Story-busnai


時間は大体3~4時間ぐらい。シンガポール行きだと出国と入国があるからめんどい。


一応流れについて書いておきます。


まずマレーシア側の国境で出国手続きをします。この時一回バス降りるんですが、荷物はバスの中に置いといても大丈夫です。


出国手続きが終わったら一回バスに乗り、今度はシンガポールの入国手続きへ。


入国手続きのときは手荷物全部X線に通さないと行けないので荷物は全部持ってバスを降ります。


んで手続き終わったら再びバスに乗ってシンガポール入国完了です。


写真は撮るの禁止されてたんでないんですが、まぁ空港でやるのと流れは全く一緒です。なので何の心配もいらないかと。


自分の乗ったバスはシンガポールのクイーンストリートってとこまで行ってくれました。


ここに小さなバス停があって、こっからジョホールバルとかマラッカ行きのバスが出てます。MRTブギス駅から徒歩5分くらいのとこにあります。


まっ、こんな感じですかね。


ちなみに1つ言っとくと、国境越えるとき手間取って時間かけると間違いなくバスに置いてかれるんで要注意。


入国カード国境で書いたそのわずかな遅れすら待ってくれません。バスは大体の人数になったら出ちゃいます。


まぁシンガポール→ジョホールバルのバスは何本も続けて出てるから後から同じやつ来るんだけどね。


逆の場合は知りません。


なのでトイレとか行かなくていいようにしといた方がいいですよー


以上。


ジョホールバルからタイ(バンコク)までの移動についてはまた今度書きますね。その時KLの3つ目のバスターミナルについても書きます。



と言うことでこれからほぼ丸々1日(もしくはそれ以上)かけて陸路でバンコクまで行って来ます!



バスの中から、マレーシア⇔シンガポール間の橋
$My Journey My Story-malaysinga




次回こそマーライオン@ホテルでのんびりクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


けんたさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス