このBRUTUSは買い!! | travel雑記帳--旅のアレコレ

travel雑記帳--旅のアレコレ

海外や沖縄でのスクーバダイビング、海外・国内旅行の印象や今後行きたい場所をメモにしています。旅先の記憶はモブログでも活かしています。


テーマ:
今日見かけた最新号のBRUTUS。日頃この雑誌を手に取ることはまずないと言っていいんですけどタイトルが「BRUTUS国際空港」。"空港の音楽"入りCDに、エアラインの尾翼シールがどっさりついていました。

BRUTUS (ブルータス) 2006年 6/1号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2006年 6/1号 [雑誌]

マガジンハウス 2006-05-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近観劇ビンボーへの道を突き進んでいるので飛行機と言えば国内線ばかりになっている感じなのですが、あぁ行きたいなぁ、国際空港。

今日は荷物もあって買って帰らなかったんですが、ぱらぱら立ち読みした範囲内ではビーチの真上をジャンボ機が離着陸するカリブの島の空港なんかまで紹介してあってかなりエアライン好き、空港好きには読み応えがありそう。じっくり読むのが今から楽しみ。

最近、アメリカの空港に全く行っていないので知識が偏ってるけど、ここ数年、行っただけでワクワクだった空港は(1)ヒースロー(2)チャンギ(3)コペンハーゲン---あたりです。ヨーロッパは総じて税金が高いけど、ヒースローでは街なかにあるイギリスのブランドショップがターミナルのチェックイン後にわんさかあるので、街なかで買い物して税金を取られることを考えると(VATの空港での払い戻しのハードルは100ポンド以上が基本)、ものすごくお得です。

ソウルのインチョン(仁川)空港もものすごくお買い物ゾーンが充実してますが、韓国特有のお品というよりはメーンの日本人客?を想定してかブランド品ばかりでちょっと退屈なんだよね。

成田はかなりイケてない空港のイメージがあるんですが、来月長い間工事していた第1ターミナルが完成して、全日空とスターアライアンス系の航空会社はすべて第1ターミナルに移動することになっています。ヒースローやチャンギ並みは無理かもしれないけど、もっとグレードアップしたターミナルになっていることを期待したい……。

rukoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス