マレー半島の旅も終盤です。

今日からマレーシアの首都クアラ・ルンプール(以下K・L)を紹介します。

今回は実際の旅の時系列に沿って書いていく事にします。

 

 

 クアラ・ルンプール ~Kuala Lumpur~

 

 

前回紹介したイポーからはバスで3~4時間ほどだったかな。

午前中に出発して、昼過ぎには到着しました。

市街に近づくにつれ、これまで旅行中では見られなかったような高層ビルが視界に入ってきました。

道路も整備されているし、東南アジア有数の大都市に来た実感を覚えます。

 

バスは街の中心にあるプドゥラヤというターミナルに到着。

大勢の人でごった返していました。

ターミナルのすぐ近くにあった宿に部屋を決めて、さっそく街へ。

 

多少迷いつつ、まずは街のやや西よりのエリアへ向かいました。

 

 

スルタン・アブドゥル・サマド・ビル
スルタン・アブドゥル・サマド・ビル

 
歩いている途中、一際目立っていたのがこの立派な建物。

イギリス統治時代に建てられ、現在は裁判所として利用されているそうです。

 

そういえばこの写真を見ると分かるかと思いますが、マレーシアに入ってからはあまりお天気に恵まれませんでした。

タイでは連日良い天気だったんですが、マレーシアでは曇りや雨の日が多く、空模様も非常に変わりやすかったです。

マレーシアのほうが一年を通じて常に雨量の多い気候のようですね。

 

 

夕方までは、この建物の近くにあった国立博物館やイスラム美術館を訪れました。

残念ながらここら辺は写真に収めなかったのですが、とくにイスラム美術館は開放的な作りの建物も展示内容も素晴らしかったです。

是非もう一度訪れて、ゆっくりと見て回りたいですね。

 

 

クアラ・ルンプール駅
クアラ・ルンプール駅

 

美術館の程近くにあるのが、このK・L駅。

この駅もとても綺麗でした。

以前はK・Lの鉄道の玄関口だったようですが、現在ではこの近くに新しいターミナル駅があります。

 

 

クアラ・ルンプール駅での食事
遅めの昼食

 
イスラム美術館へ向かう途中、この建物内にあったレストランで遅めの昼食を取りました。

写真では分かりにくいですが、食べたのはカレーやお肉など。

ここはかなり美味しかったですよ!
 

美術館が閉館の時間を迎えたので、次に向かった先は国立競技場。

そう、この日はちょうどサッカーの国内リーグ(1部)の試合が行われる日だったんです。

 

 

ブキット・ジャリル駅
ブキット・ジャリル駅

 

近郊列車を乗り継いで、キックオフ(PM8:45)の約1時間前に最寄り駅に到着。

日本でいうと、飛田給みたいな感じの駅です。

 

 

国立競技場
国立競技場

 

スタジアムは駅のすぐそばにあります。

かなり大きく、立派なスタジアムです!

 

ちなみに、この日の対戦カードはスランゴール(Selangor)×ぺラ(Perak)。

スランゴールはK・Lのある州、そしてぺラは直前に訪れたイポーのある州の名前です。

スタジアムに近づくにつれ、両チームのレプリカやグッズを身に着けたファンが増えてきました。

 

 

グッズ売り場
グッズ売り場

 

スタジアム周辺にはレプリカユニフォームなどを売っているテントが出ていました。

おそらくオフィシャルショップではないような…

ちなみに写真に写っているのはスランゴールのユニフォームです。
 

 

屋台
屋台

 

御覧のように食べ物、飲み物を売っている屋台もずらっと並んでいます。

この充実度は羨ましいですよね!

 

チケットは全席自由で、1枚15リンギット(約450円)。

日本のスタジアムでは見られない、狭い回転ドアみたいな物々しい入り口を通って中へと入ります。

 

 

メインスタンド
メインスタンド

 

僕らが観戦した位置は、メインスタンド中段の、ほぼ中央。

周りにはホーム、スランゴールのサポーターが多かったです。

レプリカ着用率はかなり高かったですね!

ヴェルディのゴール裏以上かも!?

 

あとマレーシアでのプレイ経験のある日本人プレイヤー伊藤 壇 氏も以前述べていましたが、観客はほとんどマレー系の人でした。

なんでも中国系の人はテレビでイングランドのプレミアリーグを見るのが好きで、自国のリーグには全く興味が無いとか…

多民族国家ならではの様々な背景があるんでしょうね。

お陰で僕らは相当浮いた存在となっていました(笑)

 

 

バックスタンド
バックスタンド

 

アウェーのペラのサポーターはバックスタンドに多く陣取っていました。

その他にもメインスタンドの、日本で言う所のホームゴール裏寄りのほうにもいましたね。

 

 

横断幕
横断幕

 

あとゲーフラを掲げている人は全く見当たりませんでした。

ただチームフラッグを手で持っていて、試合中などにそれをなびかせている人はけっこういました。

日本ではあまり見られないスタイルですが、なかなかかっこ良かったですよ!

 

横断幕もほとんど出ていなかったですね。

写真のように、最上階から何枚か下げている程度でした。

 

 

キック・オフ
キック・オフの瞬間

 
色々と観察しているうちに試合開始の時間を迎えました。

選手入場時は、ワールドカップなどでお馴染みFIFAアンセムでの登場。

試合中はプレイとサポーターの様子に見入っていたので、残念ながら写真はありません。

 

 

サポーターの応援風景ですが、日本のような組織的な応援はありません。
何人かが一階席で延々と打楽器を打ち鳴らしている他は、基本的に座って観戦しています。

ただしチャンスを迎えたときなどは総立ちになるし、プレイ一つ一つに対してのリアクション(拍手、歓声、罵声など)は物凄い迫力でした。

チャンスが続くと、ごくたまに突発的に手拍子や「スランゴール!」という掛け声が揃う瞬間があるのですが、それはちょっと感動ものでしたね!

 

とにかく日本の試合とは比べ物にならない程、スタジアムには熱気が満ち溢れていました。

是非日本のサポーターにもあの雰囲気を体感してほしいですね!

応援するという行為に対する考えが変わると思います。

 

 

試合は後半開始早々にホームのスランゴールが先制するものの、直後にPKで追いつかれ、結局ドローに終わりました。

メインスタンドでも両チームのサポーター同士が隣り合って観戦しているので、得点の際などはお互い挑発し合ったり、物が投げ込まれたりして、殺伐としていました。

決して良いことではありませんが、でも正直あのスタジアムの雰囲気、サポーターの熱気が羨ましかったですね!

 

 

※スランゴール関連の動画がいくつかあったので、皆さんも是非見てみて下さい!

You Tube -Selangor Red Giant-

 

You Tube -Selangor Fans-


You Tube -Selangor Goal-

 

 

すっかりサッカー観戦記になってしまいましたね。

この日は試合後、時間も遅かったので真っ直ぐ宿に戻りました。

次回、またK・Lの様子を紹介します!