瀬織津姫が晩年を過ごした地∞ | トランスレーター美幸 ブログ

トランスレーター美幸 ブログ

新しい周波数の地球で、望む人生を創造できるように、神々や宇宙のメッセージを発信しています∞

 

2月11日は、紀元祭 

 

 

神宮と神社では、紀元祭が行われます キラキラ

 

 


私は、毎年の2月11日は、

 

 

もちろん神武天皇のことを思いますが、

 

 

2月11日は瀬織津姫の御社にも導かれるのです キラキラ

 

 

 

続きをお読みになる方は、クリックをお願いしますキラキラ

 

2020年 新しい地球の繁栄・喜び・平安の量子場をバナーに設定しています キラキラ
aaaaaaaaaa

 

 

 

 

今日は、瀬織津姫が晩年を過ごした地である、

 

西宮の廣田に行ってきました。

 

 

 

廣田神社

 
 
参拝の方々が次々に訪れる本殿で、
 
この写真を写せたのは、ちょっとミラクル 照れ

 

 

 

 

廣田の森

 

 

 
瀬織津姫(本名はホノコ様)は、アマテルが虹の橋を渡った後、
 
 
遺言通りに、
 
 
ワカ姫とともに、廣田の地へ移り住んだのです。
 
 
その頃は、漢字は無かったので、オシテ文字です。
 
 
だから、
 
瀬織津姫という漢字も、後世の人が付けました。
 
 
 
本名は、ホノコ様
 
 
月を司る役割の后でした。
 
 
古代から、女性の名には、コを付けることが多かったようです。
 
 
 
廣田神社は、神功皇后によって祀られた、兵庫で一番古い神社です。
 
 
 

御祭神 天照大御神の荒御魂

 

撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめのみこと)

 
瀬織津姫命です。
 
 
 
古代の頃とは、廣田神社の場所は変わっていますが、
 
 
元に在った地も、
 
 
現在の地も、
 
 
ただならぬ、素晴らしい氣です 照れ
 
 
 
 
そして、「瀬織津姫の古墳だろう」と私が思っている場所があるのですが、
 
 
その地も、西宮に在ります キラキラ
 
 
 
そして、
 
 
瀬織津姫が神上がり(後世の人々から神として祀られた)して、
 
神の御魂になられてからは、六甲山系が御神体です おねがい
 
 
 
 
廣田神社は、御末社の神々も凄いです キラキラ
 
 
スサノオ命
 
磐長姫命 
 
・・・
 
 
 
 
 
磐長姫命の御社に、虹色の光 びっくり

(光学的な条件での虹光と思うけど、うれしい)
 
 
 
 
御本殿の脇殿は、
 
 
住吉大神
 
八幡大神
 

諏訪建御名方神

 

高皇産霊神

 

 

 

 

 

 

さあ、近々に、参拝ワークで行きましょう おねがい

 

 

 
オンラインワーク 銀河の青龍2 ~ 新しい地球へ ~ 星空 ご参加可能ですキラキラ期間限定のパワフルなオンラインサロンキラキラ