国譲り 2 | トランスレーター美幸 ブログ

トランスレーター美幸 ブログ

新しい周波数の地球で、望む人生を創造できるように、神々や宇宙のメッセージを発信しています∞

 
国譲り 1 の続きです。
 
 
 
国つ神 「もう、この国を返してくれ 」
 
 
 
国つ神
「約束が違う・・・ もう、人間は、 ○○○してしまえ!」←日本語訳 
 
 
 

スサノオ命

「少し、待ってくれ・・・」←日本語訳

 

 

 

続きをお読みになる方々は、クリックをお願いします おねがい
 
新しい地球の富氣・豊かさ・喜びの量子場を、バナーに設定しています キラキラ

aaaaaaaaaa

 
 
 

そして、スサノオ命を筆頭に、神々による世の立て替え・立て直しがはじまりました 太陽

 

 
世の立て替え・立て直しは、古代に人として存在した国津神と天津神の神々が総出です。
 
 
スサノオ命、オオナムチ命、ワカヒルメ命、瀬織津姫命、宗像三女神・・・
 
 
 
ここで、2つの国譲りのことを・・・
 
 
この国では、2つの国譲りがありました。
 
 
 
1つは、出雲の国譲り
 
 
古代、オオナムチは、大物主という臣の役職であり、自分の国も持っていました。
 
日本全域ではなく、戦国時代に各地の大名が自分の国を持っていたような感じです。
 
 
オオナムチは、豊かさと繁栄を産み出す天才で、オオナムチの国と民は、豊かに栄えました。
 
 
それを称えられ、オオナムチの息子のクシヒコは、大国主という称え名を授かりました。(オオナムチが大国主と呼ばれる場合もあり)
 
 
しかし、オオナムチの国と民が、勢いよく豊かに栄えたので・・・
 
 
謀反を起こすのでは?と疑いをかけられ・・・
 
 
詳細は割愛しますが、国譲りをしました。
 
 
 
では、もう1つの国譲りとは・・・
 
 
今回の記事で書いているのは、この国譲りのことです。
 
 
古代、日本土着の神々は、
 
 
この日本龍体を、人間たちに譲りました。
 
 
人間たちが、自然の秩序を守り、ちゃんとするという約束で・・・
 
 
しかし、
 
 
日本龍体の自然の秩序(人間も含む)は、大きくバランスを崩しています。
 
 
それは、人々の心身のバランスにも、現れていますね。
 
 
 
国つ神
「約束が違う・・・ このままでは、人間はおろか、他の命まで滅びてしまう! もう、人間は、 ○○○してしまえ!」←日本語
 
 
 

スサノオ命

「少し、待ってくれ・・・」←日本語訳

 
 
そして、古代に人で在った神々が、
 
世の立て替え・立て直しを司っているのです。
 
 
地球規模でも、大きく2極に分かれている今、
 
 
 
日本龍体に住む私たち人間も、
 
 
新しい地球行き列車
 
 
既存の古い地球列車
 
 
に乗り分かれていますね。
 
 
 
しかし、個体としては、同じ1つの惑星であり、
 
 
個体としては、同じ1つの日本列島です。
 
 
だから、
 
新しい地球行き列車に乗っている人も
 
 
既存の古い地球列車の人も
 
 
世の立て替え・立て直しの影響を受けます。
 
 
しかし、
 
 
新しい地球は、ソフトランディング
 
 
既存の古い地球は、ハードランディング
 
 
となるでしょう。
 
 
 
 
自然を敬い、大事にしていると、
 
 
いざというとき、自然(国つ神)が、私たちの命を守ってくれるでしょう・・・
 
 
 
また、私たちが本物の豊かさで繁栄するならば、
 
 
国つ神は、人の世の繁栄を見守ってくれるでしょう・・・
 
 
 
虹を見たときは、「今、いる道で OK 」というサインです ウインク