☆明るい農業をめざそう☆(北海道十勝 芽室)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

今年のゴールドラッシュ

トウモロコシの収穫が 終盤。
今年のトウモロコシは 7月の高温と旱魃で 短めです。
そして 収量も軽くて 少なめ。
全道で収穫時期が重なったためか 低価格傾向です。
味は甘くて 台風のおかげでみずみずしいですよ。安いうちに 買って食べてください。^_^

花満開


花満開と言っても 馬鈴薯の一種 メークインの花です。
今年も 平年並みの時期に満開になり ホットしてます。
というのも 五月は 日照りが続き 旱魃で 生育が遅れてたからです。それが 一転して 六月は 雨と曇りばかりの十勝芽室でした。でも 気温が低いわけでないので 平年並みに育ったのだと思います。^_^
今年も 美味しいメークインが たくさんとれそうです。^_^

迫力のある 虹

おー!
こんなに近くに虹が出てる。!
場所もお構いなく 当然停車して アイフォンで 撮影!
自宅の前だったので 自宅前では 妻が 同じ虹を撮影しょうとしてたらしく 自宅に着くと 何故か不機嫌。
「あんたが邪魔で いい写真撮れなかった」。
まさか 予想だにしない事言われてもと ブツブツ。
(・・;)

ビート畑に生えてる 過去の芋抜き

今年の冬は 小雪で 畑の土が凍ったから 過去の掘り残しの芋は凍って ビート畑に生えないだろうと思ってましたが なんとなんと 生えてきてるではないですか。
がっかりしながら 家族総出で 芋抜きをして 作日完了です。腰や足がぱんぱん(・・;)

微速度撮影

雨上がりの夕方に撮影してみました。
十勝めむろからです。


旱魃が ここまで続くと やばい!

5月7日から もう2週間まとまった雨が降らず 時たま つむじ風

手もぎトウモロコシのゴールドラッシュが カラスに狙われ 根こそぎ抜く仕草が見られたので 鷹の凧を釣り竿で固定して 僅かな風でも カラスを威嚇するように仕掛けしてみました。


雨が降らず仕事が捗ったので自家野菜を植える時間が持てました。


ビートは 強風や低温にさえ合わなければ 雨が降らなくても 生長は遅いですが いきてます。5月にこれほど雨が降らないのは 珍しいことでもないのですが 雪が少なかった分 蓄えの水分がないのが やばいです。極端な大雨は 害になるので シトシトとした雨が喉から手が出るほど欲しい。^_^

ビート移植と芋蒔き完了

ビート移植完了したのが 5月3日で
ワンコとの散歩中に綺麗な夕焼けに遭遇。

翌日からは メークイン芋蒔き↓

そして カルビーポテトチップス向けのトヨシロの芋蒔き↓

全馬鈴薯の芋蒔き完了したので ビートの補植。
弱い苗は 枯れてたりするのです。
そしたら 紫になってるビートを発見。↓

大きくなっても紫なのです。突然変異なのかは分かりませんが 56万分の6本の奇跡です。
今年も甘くて大きいビートに育つますように。

ビート移植真っ盛り

25日に雪降って
その翌日↓畑に肥料を筋状に撒いて

そこに ビート移植↓

2日移植し 疲れたなーとなった時 雨で↓
残りのビート苗が ビニールハウスの中で 雨宿りしながら 大きく育ってます。
移植する前に 大きくなりすぎたら 機械トラブルの元になるので 早く移植を終えたいです。やっと全面積の6割進みました。

もう 六枚目の葉が出揃いました。
風害や霜や干害に合わずに大きくなれよ。

降るべき雪が降らないと^_^(・・;)


今年の十勝は小雪で 畑の土が見える状態が続いた冬でした。
そのために畑の土が地中深い位置まで凍っていて 春になっても なかなか溶けない状態で 蒔き付けが遅れそうと予想してましたが 最近の暖気でかなり溶けて来ました。写真は深い地中まで鉄の板に爪のついたようなもので 凍った土を砕くのと同時に表面の温まった土を混ぜて 溶かす作業を行ってます。

ただ 今年の冬のように土が凍るのは昔は当たり前で 凍った方が いいこともあります。

それは 過去に掘り溢れた馬鈴薯が凍って 野良生えすることが 激減する事です。
ビートや小豆の中に 野良の馬鈴薯が生えると 栄養分を吸われて 肝心の作物の収量が減るし 見栄えも凄く悪くなりますから。

さて 本当に期待通り 野良の馬鈴薯が生えませんように。

雨上がりの北の空 十勝めむろからです。



我が家からだと 北の方は芽室の市街と帯広市街があります。
撮影時間は 4月15日午後5時半から6時です。微速度撮影なので30秒くらいに圧縮されてます。
もう少し迫力あるかと思いましたが 後から再生して 少しガッカリ。
でも 汚い空から 澄み切った青空になってくのは爽快な気持ちになりますね。
澄み切った大空は 是非 十勝めむろですよ。 ほぼ360度地平線 です。それと NHKの連ドラ 
「なつぞら」も宜しくお願いします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>