狙いの反復回数 | パーソナルトレーニングスタジオ【トレジス】
2019年04月10日

狙いの反復回数

テーマ:ウエイトトレーニング

トレーニングを始めて、ある程度経験を積んでくると、

 

  分割法

 

を実践する人が多いのではないかと思います。

 

これは、全身を複数の部位に分けて、今日は胸、明日は背中といった感じで、鍛えるパーツをローテーションしていく方法ですね。

 

で、例えば胸ならば、その部位だけで3~5種目くらい行なうのが一般的なわけですが、その際狙う反復回数は、種目ごとに変化をつけた方がいいと思います。

 

例えば

 

・ベンチプレス

・インクライン・ダンベルフライ

・ケーブルクロス

 

の3種目を行なう場合、どの種目もよくある10回を狙うのではなく、

 

・ベンチプレス 8回 × 3セット

・インクライン・ダンベルフライ 10回 × 3セット

・ケーブルクロス 15回 × 3セット

 

といった感じで、種目によって変えていくわけですね。

 

逆に、このパターンに慣れてしまったら、今度は狙いの回数を入れ替えれば、それだけでメニュー変更だと言えます。

 

たとえ種目が違ったとしても、反復回数が同じだと、刺激の質が似てくるものです。

 

筋肉の発達を促すためには、筋肉への新鮮な刺激が必要不可欠。

 

最近、発達が止まっているなと感じたら、いつもと違う反復回数を狙ってみてはいかがでしょうか?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Tregis facebook

 

Tregis instagram



Tregisさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ