バルミューダ(6612)を取り上げます

 

1月もそうですが、2月も多くの銘柄分析依頼いただいています

ありがとうございます

 

1月17日の6000円台の頃に、記事にしました

当時は、目先上昇トレンドといった内容でした

 

1月17日記事

 

その後、1月26日に株価1万円を超えて、

高値10610円まで上昇します

 

そして、2月に再び6000円台まで下がりました

 

1月6000円台1万円突破2月6000円台

という流れ

 

再び6000円台まで下がって買いなのでは?

と思われている読者さまが多いようですが・・・

 

でも、「1月6000円台」と「2月6000円台」は状況が全く違います

別の株」と言ってよいです

 

 

下のチャートで説明します

 

 

一番見るべき最重要指標出来高です

1月から出来高は「10分の1」に急減しました

出来高=パワーです

出来高急減で買いあがるパワーがない状態です

 

また、含み益、含み損でみると・・・

1月6000円台のときは、

ほぼすべての人が含み益の状態

それいけドンドンで、

上昇しやすかったのです

 

2月6000円台は、

高値で買って含み損が多数の状態

上値が重くなりやすいです

 

1月と2月は別の株と表現する理由がわかっていただけると思います

 

いま、バルミューダを無理に買う必要はないと考えます

 

再び買うタイミングがくれば、メルマガやブログ等で取り上げます

 

 

さて、このブログをはじめてから、

数百人以上の読者さまの銘柄分析をさせていただきました

ありがとうございますニコニコ

それらを元に、

一般の投資家さんが失敗しやすいパターン成功しやすいパターン

無料レポートにまとめました

チャートを使って初心者の方にもわかりやすい内容です

興味ある方はこちらのページをご覧ください手紙

少しでも読者さまの投資の手助けになれば幸いです

 

 

またブログランキングに参加しています

日々の銘柄分析のモチベーションになっています

良かったら応援クリックお願いします

月曜は35人の読者さまのクリックありがとうございました