ブログランキングに参加しています

星人気ブログランキング星

1日1回投票(クリック)いただけると、ブログ更新の励みになりますニコニコ

_____________

3938LINEの株価予想します

 

LINEアプリを通じて様々なサービスを展開しています

 

LINEの多くのサービスをコア事業戦略事業の2つに分けています

 

コア事業とは、

すでに利益を出している事業のことです

広告やLINE漫画、LINE音楽がそうです

 

戦略事業とは、

将来利益に繋げたいが今は赤字の事業のことです

ショッピング、グルメ、旅行などがそうですが、

最も赤字を出している事業がスマホ決済の「LINEPay」です

LINEPayが、全体の業績の赤字に大きく関わっています

 

 

3か月ごとに会社全体の営業損益をみると・・・・

2018年10~12月 93億円

2019年1~3月 -78億円

2019年4~6月 -139億円

2019年7~9月 -57億円

 

2019年4~6月に赤字を拡大しています

これはPayPayに対抗して、

LINEPayにて、ばらまきといえる大規模なキャンペーンを行ったからです

 

2019年7~9月に大幅に赤字を縮小しています

これはキャンペーンをしなくなったからです

キャンペーン費用を

2四半期(4~6月)の97億円から

3四半期(7~9月)の8億円に大幅に減らしました

これがそのまま会社全体の赤字縮小になっています

 

キャンペーン費用が減って、会社全体の赤字も減って

良かった良かったとなりそうですが・・・

そうは思いません

 

LINEPayの

4~6月の1か月の利用者は約480万人

7~9月の1か月の利用者は約280万人

です

キャンペーンを辞めたら、利用者は大きく減っています

 

ここで株価を見てみましょう

(利益を出している)コア事業の広告が利益を出していることや、

LINEPayのキャンペーン費用を減らして赤字を縮小したことで、

7月から株価は上昇トレンドにあります

 

ですが、その上には抵抗線もあり上昇余地は少ないと考えます

 

また、LINEが展開する様々なサービス・・・

漫画、トラベル、音楽、ショッピング等々は、

それぞれすでに強い競合がいます

 

LINEという社会のインフラともいえる強力なアプリがあるので、

どのサービスも後発組となっても、

一気にシェアを広げるという期待が、

上場後の2017年、2018年にはありましたが、

今ではどのサービスもイマイチパっとしない印象です

 

今後は、広告でそこそこ稼ぐ程度の会社に落ち着くのではないでしょうか

 

今後は数か月上昇して、数か月下げるといった動きが続くと予想します

 

いずれ大きな動きがあれば、また無料メルマガ等で振り返ります

 

 

 

今回の記事は以上です

少しでも読者さまの資産運用の手助けになれば幸いです

 

先日、メルマガで、ワークマンを再び別視点で株価予想しました

ひらめき電球無料メルマガ登録フォームはこちらひらめき電球

発行済ですが新規登録の方にもワークマンは個別再送してます

 

では、次は金曜朝7時にブログ更新しますニコニコ

________________

ブログランキングに参加しています

星人気ブログランキング星

1日1回投票(クリック)いただけるとブログ更新の励みになりますニコニコ