まずは筋肉の話をしていきましょう

筋肉というのは筋繊維の束で構成されています

筋肉痛や、揉み返し みたいな症状はこの筋線維の断裂によって

痛みがでています。

断裂すると修復しようと、カルシウムや修復するホルモンが集まってきます

この作用によって断裂は修復され痛みは消えます。

しかし! このカルシウムによって筋組織は硬結しやすい状況になることがあります

運動して筋肉痛になった人は さらに運動することで筋肉の滑走性が改善され

硬結はまぬがれます(適度な運動により修復しようとするカルシウムが定着しにくい為)

●例えば【筋肉を強く ”揉む” ”叩く” ”押す”】などした場合

筋原線維が切れて、筋肉は、ドンドン硬くなり血行不良がおき さらに 『コリ』 を発生させます

えっ? 強揉みすれば楽になるじゃん! たしかにそうです!

これはコリが発生している所の筋線維を切って一時的に筋肉の滑走性が

改善しているからです。しかしこの後、カルシウムの修復の副作用で筋肉自体が

固く修復される ということです。

※ 脳はこれ以上 筋繊維を切られては かなわん! という判断をしているわけです

 

ということで『揉む』『押す』などの施術は、適切な

1、強さ

2、場所

3、方向

が大事な要素となっています

当店では筋膜アプローチ、緩筋アプローチを取り入れ

強い圧をかけなくても緩める方法で施術していますので安心してくださいd(≧∀≦*)