NEWS 1月23日20時21分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160123/k10010382981000.html

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の署名式が来月、ニュージーランドで開かれるのを前に、東南アジアのマレーシアで大規模な抗議集会が開かれ、TPP協定に参加すれば外国の企業に国内の市場を奪われかねないとして、マレーシア政府に参加しないよう求めました。

抗議集会を開いたのはマレーシアで多数を占めるマレー系住民のNGO団体や政党で、首都クアラルンプールの会場には主催者の発表で、2万人が集まりました。集まった人たちは「マレーシアを売り渡すな」などと書かれたプラカードを手に持ち、政府に対してTPP協定に参加しないよう訴えました。

(中略) 抗議集会に参加した男性は、「TPPを主導するアメリカはあらゆる市場を独占しようとしているが、マレーシアは自分たちのアイデンティティーを保たなければならない」と話していました。