さまざまな立場の方から多大なるサポートをいただき、おかげさまで豊田有希はなんとか3期目の当選を果たしました。

 

確定時刻は午前2時39分と、、、TV速報も終わった後でしたが、兎にも角にもこれで再スタートです。令和という時代の到来も転機にはふさわしく、選挙で約束した通り引き続き課題解決に全力を傾け、フェアな社会の実現に邁進します!

 

純粋な無党派での選挙は前回同様大変なこともありますが、当選することができれば自分に投票してくれた方々に約束したことに偽りなく、地域代表として現場の声を受けて率直に行動できる強みがあります。

 

無所属一人で何ができるという声を選挙中も多く頂戴しましたが、中立の立場できちんと現場を調べてから行なった発言や提案は議会に限らず、市の職員や関係者の方々から、むしろ交渉会派に属していた1期目の時以上に真摯に対応いただき、多くの成果につながったという2期目の経験から、選挙では個別課題への賛否やお仕着せのパッケージ政策よりも、新たな視点からの政策立案と現場発の課題解決策を追求する姿勢を愚直に訴え続けてまいりました。その中での8740票には大変な重みと責任を感じています。

 

これからもご期待に応えられるよう、また地域の方々の暮らしのお役に立てるよう精進してまいります!

 

横浜市会議員 豊田有希