本日より地元の東横線妙蓮寺駅にてホームドアの運用が開始されました。当駅は今や数少ない平屋建で、横浜市内にあっては必ずしも大きな駅ではないですが、市立盲学校も近く、長い間安全性を心配する声があがっておりました。

 

そのため本事業には市の助成金を入れて早急な整備を図ったということになります。一般の方も一部の泥酔者のみならず、歩きスマホなどが問題となっている中でこうした安全性を高める取り組みはどんどん進めていきたいと考えています。

 

また、盲学校に通う方々にはこれまでも駅や地域、保護者の方々などのサポートがありましたが、ホームドアが設置されたと言えども、駅や町中には他にも注意すべき箇所がいっぱいあります。これを機会に支援はこれまでどおりかそれ以上で、さらに安全にこの町を訪れていただけるようになればと思います。