東洋心理学研究所ホームページ / キャリアコンサルティング・家族カウンセリング / 茶話会 / 星よみ講座 / ラジオ番組りつこの部屋 / ご予約・お問い合わせフォーム

 

2017年11月16日(丁酉一白年、辛亥八白月、丁未八白日)

 

こんにちは、光の鍼とカウンセリングを提唱している,運命の治療師こと東洋心理学研究所の所長の水野律子です。

先週渋谷で行われた、超福祉展に行ってきました。

 

超福祉展のテーマは、違いを探しに街へでよう

 

 

これに興味を持ったのは、私が実行委員をやっているアイリスのしぶやフォーラムの実行委員のメンバーが、超福祉展に参加している人が多かったからです。

 

まずアイリスの実行委員会の前に、渋谷のヒカリエに行ってみました。
会場は、ヒカリエの8階のハチ

 

 

行ってみるとこれが福祉展?と思うオシャレさ。

 

 

 

その後、実行委員会でしぶやフォーラムで、ヒューマンライブラリーの案内役に

出ることになりました。

しかし、ヒューマンライブラリーというものがいまひとつわからない。

そこで、実行委員長の鈴木さん,シゲセンセイーが、

ヒューマンライブラリーに出るというので、行ってみました。

 

会場は、ヒカリエではなく宮下公園近くの渋谷キャスト

 

 

渋谷キャストの建物の入り口では、しぶやフォーラムの実行委員でもある

原さん親子が作業所の物品を売っていました。

原さんは看護婦さんでもあり、福祉作業所の物品をとりまとめて

販売しています。

 

 

写真で原私が持っているカエルは、精神障害者の施設でつくった力強いカエル

カエル好きの私は、思わず買いました。

また、原さんのお嬢さんは、手話ができるそうで、ヒューマンライブラリーでも発揮していました。こういうスキルが自然に身につくのがすばらしい。

 

 

パレット画房で出品したウサギ、思わず大きなウサギを買いました。

渋谷キャストのヒューマンライブラリー会場

入り口には、原さんがまとめた作業所のクッキーが打っていました。

 

 

 

 

ヒューマンライブラリーの立役者、しぶや大学の吉川さん、

アイリスのしぶやフォーラムの実行委員です。

しぶやフォーラムでもヒューマンライブラリーを担当してくれます。

 

 

ヒューマンライブラリーとは?

社会的マイノリティに対する偏見を減らし、相互理解を深めることを目的とした試みで、

「人」を「本」に見立てて、「読者「参加者)」と「本「社会的マイノリティ」」とが対話する取り組みです。(チラシから引用)

 

 

 

ヒューマンライブラリーに出るしぶやフォーラムの実効委員のシゲセンセイー

 

ヒューマンライブラリーで、実行委員がそろい踏み

私が胸に抱いているのが、パレットさんで買ったうさぎのアンジェリカ

 

なんとなく、ヒューマンライブラリーについては、イメージができました。

しかし、いまひとつ詳しく知りたいと思っていたら、

なんとこの後ヒューマンライブラリーについての講演会があることがわかりました。

場所は、ケアコミュニテイ原宿の丘、ほとんど時間がなかったので、タクシーで駆けつけました。

 

講師は、駒澤大学文学部社会学科教授であり、日本ヒューマンライブラリー学会理事長の

坪井健先生

 

 

とても具体的で、参考になりました。

この成果は、来年の1月13日土曜日のしぶやフォーラムで発揮されると思います。

ぜひ遊びに来てください。