東洋心理学研究所ホームページ / キャリアコンサルティング・家族カウンセリング / 講座 / 運命学 ラジオ番組りつこの部屋 / ご予約・お問い合わせフォーム

 

 

 

戊戌九紫年、戊午一白月、丁亥四禄日
2018年6月24日日曜日
 
こんにちは、光の鍼とカウンセリングを提唱する、運命の治療師こと東洋心理学研究所の所長の水野律子です。
 
先日もメルマガに書きましたが、カラーパンクチャーのネオシリーズで、
星座に対応する12分類が、心理学、肉体的な特徴、病気、痛みに対応する重要な概念であることが、わかりました。
 

実際の病気や、痛みにたいして、カラーバンクチャーのさまざまな光や、クリスタルなどが有効です。
それぞれの星座のバランスを整える事ができます。
 
アストロラティオのエジプシャンエッセンスオイルのアストロジーシリーズは、12星座と、10恒星があります。
 

来月7月14日からオーストラリアのバイロンベイで、
エジプシャンエッセンスオイルのレベル3がおこなわれます。

バイロンベイは、オーストラリアの歳東端にあり、ヨガの聖地とも呼ばれ、
健康意識が高く、オーガニックレストラン、スピリチュアル、クリスタルショップがあるそうです。

エジプシャンエッセンスマスターのロザリンさんによるワークショップ、
サイキックヒーラーエリザベスさんによる、エジプシャンエッセンスオイル
アストロロジーシリーズを使ったワークショップ、

そのほかには、新月の晩の海をみつめながらエジプシャンエっセンスオイル使った瞑想会などもあります。

これらの体験を通して、惑星や星座につながりの深いクリスタルを使用した
総合的なアストロロジーコンサルテーションができるようがんばりたいと思います。
 
 
 
 
 
 

今週の金曜の夜、8時からさらに濃いりつこワールドのメルマガが、発刊されます。

 

よろしかったら、読者登録をお願いします。

 

 東洋心理学研究所ホームページ / キャリアコンサルティング・家族カウンセリング / 講座 / 運命学 ラジオ番組りつこの部屋 / ご予約・お問い合わせフォーム

 

 

 

戊戌九紫年、戊午一白月、丙戌五黄日
2018年6月23日土曜日
 
こんにちは、光の鍼とカウンセリングを提唱する、運命の治療師こと東洋心理学研究所の所長の水野律子です。
昨日が、夏至で、今日ビーマーライトペンの師匠の松尾スミレ先生にビーマーライトペンセッョンを受けてきました。
 
今日は、夏至の次の日なので、マヤンゲート
ちなみに、今日は、KIN 135 青いワシ
やってもらったら、背中はあまり感じないが、前がところどころ感じる。
特に青いワシ、ワシは現実から少しはなれたところから俯瞰してみることの大切さ、
 
私自身の紋章の黄色の太陽は、もっと光をエネルギーが、欲しいという感じでしょうか?
 
鏡のところにミカエルを照射してもらったら、インパクトがありました。

赤いドラゴンをやってもらうと背中を、クンダリーにのよう、に上がっていくかんじで、むずむずする。
 
手のところをやってもらうと、ほっとしたかんじ
 
全体赤いシリーズに反応があった感じと膝に衝撃が
 

松尾先生からいただいたメッセージ、
 
「ショックに揺れている」というのが見えました。
 膝に力が入っていないのに無理にカラダを支えて疲れ増し増し、みたいな。
 震災であったり、人間関係であったり、日々揺れる要素は次々とやってきますが、
それを自分のものとしてすぐにハートに取り入れず、一旦俯瞰して状況を眺めてみることが必要。
 呼吸は吐いて吸ってのバランスが肝心です。 
吸い込みすぎてハートがあっぷあっぷして適度な距離感が掴めなくなっているのかもしれません。
 
 一日の終わりに「いろいろあるけど一旦手放しまーす!」としてぐっすり眠ってリフレッシュすれば、あとはカラダが整えてくれるはず。
 ※夏至はこんな感じのセッションになりました
 
まさしく月魚座で、他人と境界が取りにくい私にぴったりなコメントでした。
 

今週の金曜の夜、8時からさらに濃いりつこワールドのメルマガが、発刊されます。

 

よろしかったら、読者登録をお願いします。

 

 東洋心理学研究所ホームページ / キャリアコンサルティング・家族カウンセリング / 講座 / 運命学 ラジオ番組りつこの部屋 / ご予約・お問い合わせフォーム

 

戊戌九紫年、戊午一白月、戊寅四禄日
2018年6月15日金曜日
 
こんにちは、光の鍼とカウンセリングを提唱する、運命の治療師こと東洋心理学研究所の所長の水野律子です。
 

明日の律子の部屋のゲストは、日比谷ともに法律事務所の弁護士、水野邦夫先生を

お迎えして、セクハラについて伺いました。

 


 

弁護士水野邦夫先生は、若くして弁護士になられ、日本弁護士連合会の事務次長を勤められ

25年目に、裁判官になられたという、珍しい経歴をお持ちです。

 

その後、14年にわたり、裁判官として、民事、商事、家事事件を中心に取り組み、

山形地方裁判所の裁判長、家庭裁判所の所長をへて、東京高等裁判所の部総括を勤められました。

 

退官後は、弁護士と裁判官の両方の経験を生かすために、日比谷ともに法律事務所に属しながら、

大学、法科大学院で教鞭をとっておられます。

 

また、『21世紀の明るい家族を考える会』の顧問もなさっています。

 


こんな水野弁護士に『もしあなたがセクハラにあったらどうするのか?』

という、テーマで伺いました。

 

セクハラの定義、セクハラを受けた時、どうしたらよいか、

 

会社は雇用機会均等法によって、法律的にセクハラを改善しなければならないことや、

会社に訴えてもらちがあかない場合、どこに言ったらよいのか

、労働基準局、弁護士事務所、法テラスのそれぞれの特徴、

 

弁護士さんを選ぶ時、どこで判断したらよいのか?

相談するときはどんな資料をもっていったらよいのか?

費用はいくらほどなのか?

裁判のきめてとは?

など主婦の立場から、つっこんで伺いました。

 

最終的には、自分が何をして欲しいのか、はっきりさせることが大切とのアドバイスが、腑に落ちました。

 


日比谷ともに法律事務所のHPをみると、弁護士紹介のところにのっています。

http://tomonilaw.jp/

 

お願いしたいときは、電話で申し込んでくださいとのことでした。

まずは、手軽な法律相談からはじめたらとのアドバイスでした。

 
私自身も、キャリアコンサルタントの資格を持ち、女性の相談を伺うと、実は、セクハラに悩んでいる人も、多いのですが、それを、どこに相談したら良いのか、わからない事が多いです。

今日は、具体的な話しを突っ込んで聞けたので、参考になれば、と思います。

来週の土曜日に再放送があります。
聞き逃したかたは、是非どうぞ。

今週の金曜の夜、8時からさらに濃いりつこワールドのメルマガが、発刊されます。

 

よろしかったら、読者登録をお願いします。