癒し☆たより 4月号

テーマ:

今月の癒したよりは

勤続16年、バイクと眼鏡がトレードマークの小坂さんの担当でお送りいたします!

 

 

【人の名前と人の顔】

 

皆さんこんにちは!小坂健次です。

皆さんはどのようにして人の顔と名前を覚えていますか?

特徴や顔立ち、印象など人それぞれ覚え方があると思いますが、自分は特に覚えようという感じではなく、無意識のうちに患者様の特徴を脳にインプットしているようです。印象に残った残っていない関係なく、記憶してしまっていることがほとんどです。自分でもどのようにインプットしているのかハッキリ分かりませんが(笑)

 

そしてその覚えていられる年数が何故だか約3年間らしく、それ以上経過してしまうと自分の脳のデータが曖昧になってしまいます。

しかしそれ以上の年数が経っているはずなのに、顔と名前が一致する場合がたまにあるのでそれまた不思議です。自分の中でどこか覚えやすい患者様なのか、ずっと覚えている方もいたりします(笑)

イメージとして、時々自分の頭に“!”が出て『あっ!この患者様は確か○○さんで昔来院されていたはずだ』といったように思い出す感じで、自分でも驚いてしまう事があります。

時々治療の予約が入った時、新規なのか再来なのかが来院されるまで分からない事があったりします。スタッフ・事務員さんにこの患者様聞き覚え有りますか?と聞かれたりすることがありますが、そんな時は大体自分が憶えていて、古いカルテを探してみたら確かにあった!となることがあります。そうなるとやっぱり来院してくれていた方だったんだと確信を持てて自分でも嬉しくなりました。

 

カルテの記録があるので、そこまで覚えておくことは重要でないのかもしれません。

それでも久しぶりの方に『覚えていてくれたんだ』と喜ばれることも多いので、今後もこの記憶力は活かしていきたいと思っています。

様々な面で患者様に喜ばれるような治療家を目指していきたいです。

_______________________________________

 

【ヒトの記憶力について】

≪記憶の種類≫

  ひとえに記憶と言っても、以下のような分類があると言われています。

 

 「短期記憶」

  一時的に保管されている記憶。1ヶ月ほどで忘れてしまいます。

 「長期記憶」

  長期間保管されている記憶。

  生きる為に重要な情報、出現頻度が高い情報が長期記憶になります

 

 

 ≪記憶力を高める方法≫

  ・反復する

  出現頻度が高い情報ほど長期記憶になりやすいので、何度も反復して覚える事が重要です。

  ・関連付ける

  語呂合わせのように、何かに関連付けて覚えておくと忘れにくいです。

  ・整理する

  図や表にするなど分かりやすく情報を整理してから覚えると、より記憶に残りやすいです。

 

≪記憶力は年齢を重ねても低下しない!≫

  歳を重ねると

  「最近物忘れが多くなった」 「若い頃より記憶力が落ちてきている気がする」など

  高齢になるほど記憶力が衰えると思っている方が多いと思います。

 

  しかし実際は年齢による記憶力の変化はほとんどないと言われています。

  若い頃よりも記憶量が増えている為、その沢山の中から引っ張り出すのに時間がかってしまっているだけなのです。

 

  効率よく工夫して頭に取り込むようにして、自信を持って覚えていくと良いでしょう。