辛い脊柱菅狭窄症の症状でお悩みの方へ | 東洋はり灸院 国分寺院(東洋医学専門の鍼灸院)

東洋はり灸院 国分寺院(東洋医学専門の鍼灸院)

国分寺駅徒步2分 中国4000年の歴史を誇る東洋医学専門、ハリ灸一筋の鍼灸院

東洋はり灸院 国分寺院の加藤です。

 

今回は、脊柱菅狭窄症についてお話させていただきます。

 

 

脊柱管狭窄症の症状

当院にも病院で脊柱管狭窄症と診断された方や、10分も歩くと休まずにはいられないほどの症状で、自分なりに脊柱管狭窄症だと判断されて来院される方がいらっしゃいます。


脊柱管狭窄症は腰や足が非常に辛くなります。

 

しかし、その辛くなっている患部だけを見るのではなく、根本の原因を探るのが東洋医学です。

 

内臓を強くすると痛みは取れる

東洋医学ではどのような症状も、内臓の働きや疲れが表面に表側にサインとして表れたものだと考えます。

 

そのため、腰の周囲の緊張をほぐす鍼灸だけでなく、自身の治癒力を上げる施術も行います。

 

治癒力を上げるというのは内臓の働きを高めるということです。


人を植物に例えると、根っこの部分が内臓に当たります。

 

根っこの栄養が足りなければ、当然葉や茎、枝、花びらにも栄養は届きません。

 

つまり、根が内臓だとすると、腰や足といった症状が出ている部分が枯れかけた葉や花びらということです。

 

いくら花びらに水をかけても根っこに栄養が足りないのではいつまでも治りませんよね。

 

 

薬はその場しのぎ


病院で脊柱管狭窄症と診断され、薬を使いながらなんとか日々頑張っている方もたくさんいらっしゃると思います。

 

しかし、薬ではいつまでも根っこに栄養は届きません。

 

手術しかないと言われているような方を含めて、東洋医学では全く違ったアプローチを行うことで改善を目指します。

 

実際に当院に来られる患者さんでも、腫れ感が減り、歩く距離が伸びたとおっしゃられることは多いです。

 

脊柱管狭窄症の患者様は是非、東洋医学専門の鍼灸を一度お試しください。

 

本日は、脊柱管狭窄症についてお話させていただきました。

 

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院◆

⇒ 公式HPはこちら

 

 

【動画解説】

 

 

 

 

【SNS】

 

◆東洋はり灸院 国分寺院のYoutubeチャンネルはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 Youtubeチャンネル (随時更新しております)


◆東洋はり灸院 国分寺院のツイッターはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式ツイッター (フォロー大歓迎です)

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院 Facebookページはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式フェイスブック (いいね 大歓迎です)

 

 

★東洋医学研究所LLCとLINE友達になるにはこちら

友だち追加

 

 

◆ブログランキングに参加しています。
ぜひ応援クリックしていただけると嬉しいです。

 

 

 

■東洋はり灸院からのお知らせ

 

【営業時間】

 

東洋はり灸院の営業時間は下記となります。


・月水木金 10:00 - 12:30 、14:30 - 20:00(最終受付 19:00) 
・火・土 10:00 - 12:30 、14:30 - 19:00(最終受付 18:00) 


定休日は、日曜日、GW・お盆・年末年始の期間です。

 

祝日に関してはお問い合わせください。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
伝統的なハリ灸!東洋医学専門の鍼灸院
【東洋はり灸院 国分寺院】

東京都国分寺市本町2丁目2-11-4F
042-407-6168

月水木金 10時~20時
火・土 10時~19時

お気軽にご相談ください。

⇒ 東洋はり灸院 公式サイト
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━



最後までお読みいただきありがとうございました♪