唾液過多症の辛い症状は東洋医学で改善! | 東洋はり灸院 国分寺院(東洋医学専門の鍼灸院)

東洋はり灸院 国分寺院(東洋医学専門の鍼灸院)

国分寺駅徒步2分 中国4000年の歴史を誇る東洋医学専門、ハリ灸一筋の鍼灸院

東洋はり灸院 国分寺院の加藤です。

 

今回は、唾液過多症についてお話させていただきます。

 

 

唾液過多症は病院では原因不明?

「大量に出る唾液を捨てるため、ペットボトルなどを常に持ち歩かなければならない」

 

と、唾液過多症で、苦しまれている方がいらっしゃいます。


しかし、西洋医学ではなかなか原因がはっきりしないため、精神的なものではないかと言われることも多いです。

 

治療法も何かしらの薬を試すように飲むことしかできません。

 

しかし、薬には副作用もありますので、飲むことで体に悪循環を起こしてしまいます。

 

こうした悪循環を断ち切るためにも、東洋医学による改善法をご紹介します。

 

唾液は消化器からのサイン

昔から、唾液が大量に出るという症状でお悩みの方はいらっしゃいました。

 

東洋医学では症状や体質をグループ分けしているのですが、消化器を司る、脾というグループに、よだれという項目があります。

 

つまり、よだれは脾という臓器に疲れが出ていますよというサインなのです。


そのため、鍼灸施術を行う場合、脾、消化器の働きを高めることが一番の目標になります。

 

また、唾液が出る方は他にも色々な症状があると思います。

  • 胃の調子が悪い
  • 食欲がない
  • 胸焼けがする
  • なかなか食べ物が入っていかない
  • 疲れやすい
  • むくみがある
  • しゃっくりが出る
  • おいしく物が食べられない


これらは全て消化器の疲れからくる症状です。


唾液過多症に限らず1つの体で起こっている症状というのはたどっていくと必ず内臓にたどり着くはずです。

 

東洋医学は内臓を重視します。

 

あらゆる症状の原因は内臓にあるといっても過言ではありません。

 

しっかり内臓の働きを高めてあげれば少しずつでも症状がやわらいで、体が変わり、その内によだれで悩むことも減ってくると思います。
 

西洋医学で治療法が見つからず、どうしていいかわからないという方は、ぜひ一度東洋医学専門の鍼灸院を訪ねてみてください。

 

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院◆

⇒ 公式HPはこちら

 

 

【動画解説】

 

 

 

【SNS】

 

◆東洋はり灸院 国分寺院のYoutubeチャンネルはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 Youtubeチャンネル (随時更新しております)


◆東洋はり灸院 国分寺院のツイッターはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式ツイッター (フォロー大歓迎です)

 

 

◆東洋はり灸院 国分寺院 Facebookページはコチラ

⇒ 東洋はり灸院 公式フェイスブック (いいね 大歓迎です)

 

 

★東洋医学研究所LLCとLINE友達になるにはこちら

友だち追加

 

 

◆ブログランキングに参加しています。
ぜひ応援クリックしていただけると嬉しいです。

 

 

 

■東洋はり灸院からのお知らせ

 

【営業時間】

 

東洋はり灸院の営業時間は下記となります。


・月水木金 10:00 - 12:30 、14:30 - 20:00(最終受付 19:00) 
・火・土 10:00 - 12:30 、14:30 - 19:00(最終受付 18:00) 


定休日は、日曜日、GW・お盆・年末年始の期間です。

 

祝日に関してはお問い合わせください。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
伝統的なハリ灸!東洋医学専門の鍼灸院
【東洋はり灸院 国分寺院】

東京都国分寺市本町2丁目2-11-4F
042-407-6168

月水木金 10時~20時
火・土 10時~19時

お気軽にご相談ください。

⇒ 東洋はり灸院 公式サイト
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━



最後までお読みいただきありがとうございました♪