皆様、こんにちは。

 

料理家&クリエイターの豊田亜紀子です。

 

今日はとても良いお天気で爽やかな気持ちになります。

 

こういう気候になってくるとなんとなく思い出すのがカラッとしたアメリカ本土の光景。

 

お天気の日も日陰は妙に爽やかな空気に包まれていて、勉強もはかどった記憶があります。

 

行きつけのカフェで勉強していても窓から心地よい風が入ってきて、教科書がパラパラっと風になびくと、その瞬間にふと日本を思い出したり・・・

 

アメリカ東海岸、アメリカ西海岸、両方でしばらく暮らした経験は、ずっと私の心の中に根付いていて、料理を作る時も、料理写真を撮る時も自然にアメリカっぽくなってしまう・・・(笑)

 

でも、最近思うのは、『それでいいよね』、『それが私なんだ』ということ・・・。照れ

 

アメリカ文化の影響を受けてきた私のお料理を発信していこうと、つい最近、心に決めました。

 

それが新規リニューアルブログに移転した理由です。

 

今日ご紹介するのもアメリカ料理のひとつ。

 

オーブンを多用するアメリカの影響を受けて、私のお料理もオーブン料理がとても多い。

 

でも、どれもこれも、自信を持ってお奨めできるお料理ばかりです。

 

皆さんもぜひご賞味下さいね。

 

 

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

 

 

海老とアスパラガスのマカロニグラタン

 

 

 

<材料4~5人分>

 

●マカロニ(乾燥) 80g

●むき海老 200g

●アスパラガス 100~150g

●玉ねぎ 1/2個

●ベーコン 2枚

~調味料~

●有塩バター 10g

●白ワイン 大さじ2

●塩 少々

●黒こしょう 少々

●ホワイトソース 120g

(※市販の缶詰のもの)

●牛乳 80ml

●粉チーズ たっぷり適量

 

<下準備>

 

①マカロニは、外袋に記載されている通りに茹でてから冷水で洗ってぬめりを取ってザルにあげておきます。

②アスパラガスはよく洗ってから根元を5㎝ほど切り落として斜め切りで5等分にします。

③玉ねぎは皮をむいて薄くスライスします。

④ベーコンは8㎜幅にカットします。

⑤ホワイトソースと牛乳はあらかじめよく混ぜ合わせて軽く塩、黒こしょうをふっておきます。

 

<作り方>

 

1.フライパンを中火で熱し、有塩バターを溶かし入れて下準備②③④とむき海老を炒めて塩、黒こしょうをふり、白ワインを回しかけてひと煮立ちさせたら火を止めます。

 

2.1に下準備⑤のホワイトソースを加えてよく混ぜます。

 

3.下準備①のマカロニを加えてよく混ぜてからオーブン用耐熱容器に敷き詰め、粉チーズをたっぷりとふりかけます。

  

 

4.あらかじめ予熱した250度のオーブンで18~20分焼きます。

 

 

<ポイント>

 

(※1)焼き上がりの最後の方は焦げでつきやすいので目で見て焼き色を確認するようにして下さい。

 

 

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

 

 

このレシピは我が家の定番メニューです。

 

多めに作っておいて、1~2日に分けてレンチンして食べられるのも魅力。

 

オーブン料理の魅力って作り置きが可能なところなんです。

 

高温で加熱していますから夏以外の季節であれば、1~2日の保存が出来てしまうんですよね。

 

そういうところが気に入っています。

 

お弁当に少し詰めてあげると、きっとお子さんも喜ぶことでしょう。

 

カジュアルでありながら、ホームパーティーにも出せるメニューです。

 

皆さんもぜひ作ってみて下さい。

 

 

 

応援クリックをお願います。

    下矢印下矢印下矢印