カメラデモ機 | 愛媛の映像制作会社のブログ

テーマ:

Canon初のフルサイズミラーレス一眼「EOS R」が10月に発売されましたので

 

気になっていました。

 

年に一度の映像機器の展示会「インタービー」も終わって少し落ち着いたかなというところで

 

デモ機を借りてみました。

 

インタービーではキャノンのブースでスタビライザーにEOS Rを付けての実演に

 

行列ができていたそうです。

 

 

まずやはりミラーレスですのでボディが小さいですね。

 

カードスロットが1枚なのも仕方ないのでしょうか。

 

液晶の解像度も高くまずは画質は申し分ないと思いました。

 

 

マウントがRFマウントという新しいものになっているので

 

手持ちのEFレンズを装着するのにアダプターが要ります。

 

我々は動画メインなのでどうしても動画機能について着目しますが、

 

4Kは60Pが無いのでほしいところと、若干クロップされますのでフルサイズの画角で撮れないのが

 

残念ですがこれは5Dでも一緒ですね。

 

ボディ内の手振れ補正機能がなく

 

レンズ手振れ補正なので、FIXで撮影するには十分ですが、ゆっくりドリーすると

 

結構手振れが目立つと思います。

 

 

しかしながらそれを凌駕する画質の良さがあるなあと思いました。

 

フルサイズセンサーは、5D Mark IVに使用されているものと

 

同等であるとのことなのですが、間違いなくきれいでした。

 

20万台でこれはコスパがいいと思います。

 

いいカメラですね。

 

 

 

 

 

愛媛の映像制作会社さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス