町田の鍼灸師が教える健康法 肉を食べることについて | 東洋はり灸整骨院(町田駅徒歩2分 東洋医学専門の鍼灸院)

東洋はり灸整骨院(町田駅徒歩2分 東洋医学専門の鍼灸院)

東洋医学一筋で治療しており、大学病院でも治らない方も、治癒に導いています。

町田をはじめ、相模原・座間・大和市から多くの患者さんにお越しいただいております。

当ブログでは、肩こり、腰痛、頭痛、不妊症など各症状の解説や鍼灸・東洋医学の話をお届けします。


テーマ:

東洋はり灸整骨院 院長の石丸です。

本日は、肉についての東洋医学の考えをお話しします。

 

 

日本人は、肉を食べることにあまり向いていません。「腐」という字は、「府」に「肉」と書きますが、この「府」は内臓を表しています。つまり、肉が内臓を腐らせるという意味です。

 

 

なぜ肉が内臓を腐らせるのか――それは、日本人の腸が長いからです。欧米人に比べると1.4倍の長さがあるため、肉を食べると、腸の中で腐敗してしまうのです。

 

 

肉を食す場合、日本人にもっとも適しているといわれるのが鶏肉です。東洋医学にはそもそも「一物全体」(丸ごと食しなさい)という考えがあります。

 

 

同じ量の肉だとしても、牛のようなとても大きい体に対する量と豚の大きさに対する量、鶏に対する量をそれぞれ考えると、その全体的な大きさに対して鶏がもっとも多くの割合を占めるため、「一物全体」の考えに近いともいえます。

 

 

また陰陽で考えると、肉は身体に熱をこもらせる、極陽の食べ物です。肉を食べると身体の中には熱が溜まってしまいますが、その一方で、空を飛ぶ鳥には陰の力が働いているという考えもあります。つまり、肉そのものは極陽ですが、鶏には少し陰の力があり、他の肉と比較すると、陰と陽のバランスが取れているということです。

 

 

実際、鶏肉を食べていると、牛肉や豚肉を食べているときに比べて身体の調子がよくなったように感じます。

 

 

身体に入ったあと、どのように作用するのかということにも着眼したうえで、鶏肉をお勧めします。

 

 

■「肉は体にいいの?」 解説動画

 

 

★東洋はり灸整骨院のYoutubeチャンネルはこちら

⇒ 東洋はり灸整骨院 Youtubeチャンネル (随時更新しております!)


★東洋はり灸整骨院のツイッターはこちら

⇒ 東洋はり灸整骨院 公式ツイッター (フォロー大歓迎です!)
 

 

★東洋はり灸整骨院 Instagramはこちら

⇒ 東洋はり灸整骨院 公式インスタグラム (フォロー大歓迎です!)

 

 

★東洋はり灸整骨院とLINE友達になるにはコチラ↓

友だち追加

 


★ブログランキングに参加しております。
ぜひクリックいただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ 

 

 

■当院からのお知らせ

 

【営業時間のお知らせ】

 

東洋はり灸整骨院では、日曜日の営業もしております。

 

営業時間 10:00~17:30

出勤スタッフに関してはお問い合わせいただけますと幸いです。

※日曜は少人数で施術しており、電話が繋がりにくくなるため、
ご用件は留守番電話で承ります。


営業時間は下記となります。

・月~金 10:00 - 12:30 、14:30 - 20:00(最終受付 19:00) 
・土・祝 10:00 - 12:30 、14:30 - 19:00(最終受付 19:00) 
・日曜日 10:00 - 12:00 、14:00 - 17:30(最終受付 17:30) 

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

---------------------------------
医師、看護師、薬剤師も通院する
【東洋はり灸整骨院】

東京都町田市森野1-34-18-4/5F(受付4F)
042-705-6090

平日 10時~20時
土、祝日 10時~19時
日曜 10時~17時半

 

定休日 お盆・年末年始

お気軽にご相談ください。

⇒ 東洋はり灸整骨院 公式サイト
---------------------------------



最後までお読み頂きありがとうございました♪

東洋はり灸整骨院 東洋医学専門の鍼灸院 町田駅徒歩2分さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス