今月に入り毎日チョコレートを食べています。
お嬢が催事バイトへ行ってて、期間中何かしらのチョコレート買ってきてくれるもので、、、
普段食べないチョコでおいしいからついつい食べすぎてしまいます。
しばらくチョコレートはお休みしてもいいかな。

一昨日、昨日と会社では創るラボにお客様がいらっしゃいました。結婚式のために手作りされたり自分で開発しているパーツを作ったり、モノづくりされてる方は潜在的にいらっしゃるんですね。
「もっと大きく描いといてくれたらわかりやすいのに、描いといてー」と創るラボの看板があればというニーズを受けましたのでさっそく作ります。

今月に入り、止まるわけではないんですが、これまでに得た気づきから一旦整理しようと事業計画を見直してます。2冊の文献と出会い、今更!?と言われるかもしれませんが自分の見直しと事業の見直しをしているところです。
見直しというか考え方、仕組み化という基本的なところの組み立てですね。

先日、強力なパートナーもできて数字的な見方、考え方がわかり、数字の整理は出来ました。
これまで経理・財務の勉強にはいろいろ行きましたが実務+税理士さんの説明で本質をやっと理解した感じ。

「いくら勉強してもやってみやんとわからんで。」

その通りでした。
根本的なところを教えてもらって見方が分かったのとそこからどう組み立てすれば良いのかが見えてきました。

先週からの休みの間に本とにらめっこし、1人考えていましたが、1人は1人、頭は一つ。
自分の中の固定概念から離れられず方法論は理解するものの、作ることに関しては考えすぎてなかなか進まずまとまりきってませんでした。

本を読む中で一つ考え方が変わり、1人で作るのではなく、一緒に仕事するパートナーと考えて作ろうと思い、パートナーに頼ってみることにしました。

その考えを伝えたらやはり私にない発想、考え方があり、発見やいいアイデア、気づきが出てきました。たった2時間でいろいろ出てきて今まで1人で考えていたのは何なんだと思えるほど。しまいにはお互いの強み弱みまで理解し、じゃぁどう組み立てるか、とどんどん話が出てきて止まらない状態に。

起業から1.5年が過ぎてみてなんでベンチャーや起業する人が3年以内に消えていくのか、その理由が見えてきました。
いい事を始めたベンチャーが消えていくのはもったいない。。。

お金の教育、起業とは何か、会社とは何か
そんな教育を受けてない人が起業するとそりゃ転けてしまいます。

前職で経営を見て知っているからまだ理解していますが、経営の経験、勉強をしてない人がベンチャー始めると苦労するなぁと思います。

私がここまでで考え方が甘かったと反省するところは

「専門家に任せたら大丈夫」

と思ってたところです。作業は任せたとしても自分自身がしっかり理解していないといけません。
(あたりまえのことなんですが、、、)
1人では出来ない事をアウトソースする、これは必須です。ただ、身内ではないという事を理解していないといけません。あくまで作業委託先であると認識しておくことです。
その点をはっきり言ってくれるかどうかが一つの判断基準かもしれませんね。

そんなこんなで身内のスタッフと会社の仕組み作りを始めました。スタッフとの信頼、絆作りにも時間はかかります。出会ったころはお互い他人ですから。出会って一年経ち、ぶつかる事もありながらここに来て遠慮なく話せる、信頼できるパートナーとなりました。今となってはファミリーの一員で、未来の話ができるまでになりました。

事業計画と言う名の未来計画、作り方わからず悩んでいた事もありますが今は楽しみです。

それにしても、wantedlyの小さな記事をみてうちに来てくれたスタッフとの出会いはとても幸運な事だと思います。自分で言うのもなんですが人とのご縁と運だけはめっちゃ良いと思います^ ^
すべての皆様に感謝です。