深まる秋に思うこと

テーマ:
10月も半ばを過ぎて
深まりつつある 秋…

9月24日のワンマンシアターを
無事に終え、
重かった肩の荷を降ろして
つかの間の自由を感じている
今日この頃。

作品作りの難しさ、
自分自身の力の無さ、
思うように納得いくように
舞台を作っていくのは
ただ一人の力では
どうしようもないと痛感した、
今回の舞台。
初ミュージカルにして
いくつもの課題に向き合わされた。

一方で、今の自分を
全て出しきり、
悔いのない舞台を
やり遂げることが出来た。

ここへ来て、
リセットされた気がする。
今一度自分の進むべき道を
考える時期が来たようだ…

自分の音楽、表現、
そのあらゆる構成要素である
自分の存在そのもの。
そういった根本的なものに
目を向けて、
自分を知る必要があるようだ。

決してネガティヴじゃなく、
さらに自分を高めていくための
試行錯誤。
止まらず進むことに
変わりはない。

だが今しばらくは
働かせ続けた頭を少し
休ませてもらおう…


さて、話はかわるが…

ここ最近、
怪我、事故、病気または
仕事などで不調に見舞われた
方々が周りで多く出た。

この夏の自然の猛威の影響で、
体に異常を来たした人、
台風の影響で仕事に
大きな打撃を受けた人、
これは僕にとっても深刻な
影響を与えられたのだが。
(予定していたライブやイベントが
相次ぎキャンセルになり
大きな経営的ダメージになった)
きっとどの業界でも
そうだろう。

つい先日まで
元気な顔を見せてくれた人が
入院することになったり、
元気だった人が突然倒れ
半身麻痺で変わり果てた姿で
お会いすることになったり、
バイク、車の事故で
怪我をされたり、
精神的な病気を発病して
普段しっかりしてた方が
いきなり支離滅裂になり
まともに会話が出来なくなったり、
自律神経失調症になり
音楽活動どころか
外出も困難になったり、
また直接お知り合いではないが、
とてもバイタリティ溢れる方が
急病になり緊急入院されたなど。
少なくとも僕にとって縁があり
影響力のある方々が
このわずか二〜三週間ほどの間に
次々と倒れられるという
異常事態に向き合わされた。
そんな自分も先日、
持病の偏頭痛にやられ
久々の重いやつに当たり
散々な目にあったが 苦笑

日頃皆さんは健康に
十分気をつけて
いらっしゃると思うが、
事故や病気は突然やって来る。
不摂生の蓄積により
なるべくしてなる病気もあるが、
突発で襲って来るものは
日頃の注意だけでは
防ぎきれないものもあるだろう。
誰にでも可能性があり、
いつ襲って来ても
不思議ではない。

そんな日々を生きている僕たちは
今日という日を本当に大切に
生きていく必要があるんだなと
深く考えさせられた…
たとえ明日、
命が絶たれようとも
自分の人生に悔いを
残さないように。

そして、
自分が病気になったり
周りの人が病気になったこと、
きっとそれは
自分へのメッセージ
なのだと思った。

そこから気づかされること、
それらを踏まえて
悲しさや不安を乗り越え
生かされていることに感謝し
強くこの現世を
生きぬいていく力を得ること、
それが、魂の成長なのだと。


自然環境共々、
早く周りの人たちに
平穏な日々が戻りますように…
心よりお祈り申し上げます。


















9月24日

towchi☆ ワンマンシアター2018

「ななつぼしの下で」

無事に終わりました☆

お越しくださいました皆様、

出演者、スタッフの方々、

その他応援してくださった皆様

本当にありがとうございました!


僕の初ミュージカル作品、

脚本、監督、主演を

なんとかやり遂げることが出来、

自分の表現者としての幅を広げられた

ある意味で始まりの日だった。

今自分に出来る

精一杯を出し切れた。

可能性は無限大、

さらに広がるように頑張っていこう。


感謝

















明日!

テーマ:
いよいよ明日。
全てを出し切る日。

燃え尽きます。
見届けてください!


先日出演させていただいた
ゼスト御池イベント。
たくさんの方に楽しんで
いただけた。

ありがとうございました!



明日が
素晴らしい一日と
なりますように!




towchi☆