洗面カウンターの加工 | 兵庫県西脇市の藤和ホーム/藤村知仙のブログ

兵庫県西脇市の藤和ホーム/藤村知仙のブログ

兵庫県西脇市の工務店のブログ


テーマ:

西脇市で建築中の家では造作の洗面カウンターを採用頂いています。

よくあるのが下の写真の様なユニットになった洗面化粧台です。

各設備機器メーカーから商品が出ており種類もたくさんあります。

また収納力も豊富で引出し等の色んなバリエーションがあり最も一般的です。

 

でも近年こだわり派の方には作って欲しいと依頼されることが割とあります。

今回のお家もそうです。

 

洗面器はベッセル式というカウンターの上に乗っけるようなタイプのものをご採用頂きました。しかし、本当は乗っけるだけではなく半埋込のようになっておりカウンターには商品毎に決まった開口を開けなければなりません。

開口の型紙なるものがありますので、それを大工さんに託しお願いしました。

今日現場に行くと、こんな感じに綺麗に開口が。

複雑なカタチなので少々不安でしたが、何の問題もありませんでした。

大工さん、ありがとうございました。

 

これからカウンターに塗装を施し、洗面器を取り付けしていきます。

その模様はまた。

藤村 知仙/藤和ホームさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント