消費税 8%→10% | 藤和ホームstaffブログ

藤和ホームstaffブログ

兵庫県西脇市の住宅屋『藤和ホーム』のスタッフブログ。


テーマ:

2016年11月の税制改正により消費税率の引き上げ時期が変更になり、2019年10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げされる予定です。

 

 

そこで本日のブログで、ざっくりではありますがどのような影響があるのかをご説明したいと思います。

 

 

~注文住宅を消費税8%で購入するには~

 

①住宅の引渡しが2019年9月30日までに完了すれば、消費税は8%となります。

 引渡しが2019年10月1日以降の場合は消費税が10%です。

②注文住宅は、請負契約が2019年3月31日までに完了していれば、引渡し時期に関わらず消費税は8%となります。

 

注文住宅は、請負契約から引き渡しまでに一般的に数ヶ月間かかります。

そのため、増税施行日の6ヶ月と1日前(2019年3月31日)に請負契約が完了した注文住宅については、もし引き渡しが増税施行後であっても、増税前の税率が適用されます。これを【経過措置】といいます。

 

請負契約の完了が、【経過措置】が適用される期間以降(増税施行前の6ヶ月と1日前より後日なので、2019年4月1日~)になってしまった場合でも、引渡しが増税施行日(2019年10月1日)より前であれば、増税前の消費税が適用されます。

ただし、決めなければいけないことがたくさんある注文住宅の場合、打合せが駆け足になる可能性があるのでそこは要注意です。

 

消費税が5%→8%にあがった際も【経過措置】は同じようにありました。

極論ですが2019年3月31日までに請負契約さえしておけば、計画時期がまだ先でも請負契約した分の金額は消費税8%をキープできるということになります。

 

ただし、打合せ等で請負金額より増額した場合(2000万円から2100万円に100万円アップ)、2019年10月1日より前に引渡しをしなければ増額になった100万円は8%でなく10%が適用になるので注意が必要です。

 

 

 

注文住宅だけでなく、他のパターンもざっくりご説明させていただくと

 

 

~建売住宅、分譲マンションの場合~

①住宅の引渡しが2019年9月30日までに完了すれば、消費税は8%となります。

  売買契約のタイミングは 消費税率に影響しません。

 

 

 

~リフォーム等の場合~

①リフォーム工事の場合は、注文住宅と同じ条件になります。

 

 

消費税の増税に関する内容としては上記のような内容になります。

 

 

 

少し話としては難しい話ではあるので、もう少し詳しく聞いてみたいなと思っていただけた方は、お問い合わせいただけたらと思います。

 

 

他にも【すまい給付金】や【住宅ローン減税】等があるので、また次回以降でご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤和ホームstaffさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス