断熱リフォーム 荒壁焼き板の家 2 | 藤和ホームstaffブログ

藤和ホームstaffブログ

兵庫県西脇市の住宅屋『藤和ホーム』のスタッフブログ。


テーマ:
 今回の断熱リフォームでは、断熱以外の、長年(40年)の不便、不具合も解消
快適リフォームも行いました🎵


 写真は新しく設けた玄関の庇です




 吹き降りの雨避け、軒が浅かったり庇が高い所にある場合は必要ですね!



 写真は瓦葺き替え作業です

 土を載せない桟打ちによる瓦葺き屋根ですが、棟瓦や四隅の尾瓦と呼ばれる所は、土を使う施工だったので草が生えたり、雨水が廻ったりする事が多々有ります。





 入母屋屋根と呼ばれる形状で、棟や尾が沢山有ります、この葺き替えでは和形のいぶし瓦を採用しています。
 最近では既成のデザインを改良した各種の防災瓦が開発され、耐水、耐震、耐風性が向上しています。
 梅雨に入る前に葺き替えを完了させたいですね!




 写真は薪ストーブの煙突です

 



 屋根に固定する部材を使い、雨仕舞いと防火を確認しながらの作業です。


 季節外れで、実際の使用までにはちょっと時間がかかりますが、冬の火入れか楽しみですね!
 



 写真は建物南側の庇です





 冬の薪ストーブの炎を楽しむ前に、暑い夏が、もう直ぐにやって来ます。 

 夏の日射しを遮蔽する対策も断熱リフォームには大切ですね!



 
 内部の解体中です
造作の様子等は次回にアップしたいと思います。


 リフォームもですが、新築住宅も高断熱と髙気密で、快適な家を創ります❗


 5月の12日(土曜日)、13日(日曜日)は
野村分譲地で内覧会を開催します。
 是非とも体感にお越し下さい。




 

藤和ホームstaffさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス