王様は、言いました。

 

「顔色を見て、まだ現れていない病が分かるとは

簡単ですばらしい事だな。

 

岐伯は前からよく、脈の話をよくしていたが、

脈でも未病が分かるか?」

 

岐伯はこたえて言いました。

 

「はい、王様。

正しい医者は、はじめに顔色をみて、のちに脈を見ます。(邪のある所8

顔色に出ていないくて、脈に出ている、という時もありますので、

脈で未病を見つけることもあります。

 

太陽経の脈で、顔の頬骨が明るい色なのは、熱の病です。

しかし、顔にまだ明るい色が出ていないとしても、

太陽経の脈に現れていれば、

しばらく汗を出すようにして、

時が来れば病は治まります。

 

少陽経の脈で、頬の前が明るい色なのは、熱の病です。

しかし、顔にまだ明るい色が出ていないとしても、

少陽経の脈に現れていれば、

しばらく汗を出すようにして、

時が来れば病は治まります。」

 

 

王様は、うなずいて言いました。

 

「なるほど、顔色に出ていなくて、脈で分かることもあるのだな。

前にも言っていたが(昔の治療法8

やはり、顔色と脈、どちらも見なければいけないのだな、」

 

岐伯はこたえて言いました。

 

「顔色は、目で見ることが出来ます。

脈というのは、見えない体の中を見ています。(王様と脈3

 

ですから、どちらも、必ず見るようにします。

 

脈をみて、

厥陰経の脈が、邪気が入って争っているような脈になっていれば

熱の病が腎の内に入っていって、

三日のうちに死にます。

 

脈をみて

少陰経の脈が、邪気が入って争っているような脈になっていれば

これも三日のうちに死にます。」