岐伯は続けて言いました。

 

「月の動きの法則には、大の月と、小の月があり、(十三月の謎8

日の出から日の入りまでの時間にも、長い日と短い日があります。

 

このように、

天と地がなす陰陽の移り変わりはたくさんありますが、

人は、そのすべてに順応することのできます。」

 

王様は、人と世界のつながりの話を思い出しました。

天と同じように、三百六十五の節目があること、(十三月の謎16

地と同じように、川や海があること、(三陰三陽の川7

人は、たしかに、天と地とつながっています。

 

「なるほど、では人は、

生まれた時から、陰陽の法則を知っているのだな。」

 

岐伯はこたえて言いました。

 

「いいえ、生まれた時から体はありますが、

陰陽については、知らなければ、分かりません。

 

しかし、全ての物事を見つめて、その真理を知れば、

人は、天子となります。」

 

王様は、おどろいて言いました。

 

「天子とは、歴史に出て来るあの偉大な王のことか!

私は今の時代の王であるが、

どうすれば、あの偉大な王のようになれるのか、ぜひ知りたいぞ。」

 

岐伯はこたえて言いました。

 

「王様は、天に選ばれた天子であられますので、

すでに立派な王様でございます。

 

これは、多くの人々のことでありますが、お聞きください。

 

季節によって変わる八つの風の動きを心得ている人は、(邪のある所12

五行の剋にもびくともせず、安定して対応できます。

 

虚と実の法則をよく知っていて、次に起こることが分かる人は、

自分の考えに自信をもって行動することが出来ます。

 

十二節の真理の法則を知っている人は、

どんな知恵がすぐれた人にでも、だまされたり、あざむかれたりしません。

 

こうして、天と地の法則に応じて行動を合わせる人が生きる道には、

恐ろしい妖怪や、まどわせる怪物は現れません。

 

この人の、まわりの人々へ影響をあたえる力はとても強く、

人々は、まるで影のようにぴったりと、離れることなく付き従います。」

 

-----------------------------------------------------------

※天子

昔は、天の帝(神様)がもっとも徳がある人を選んで天の息子とし、

選ばれた人は、王となって天の命を受けて、国を治めました。

治めているところを、天下、というのも、これからきています。

 

 

AD