このおはなしは、黄帝内経素問より第二十五篇

「宝命全形論」をもとにしています。

 

今の時代を生きているみなさんは、地球は丸いのだと知っていますが、

王様の時代には、誰もそれを知りませんでした。

 

地は球の形ではなく、大きな大きな板のようで、

全ての物をその上に落ちないように載せていて、

天はその全ての物を、上から覆っているのだと考えていました。

 

こう聞くと、昔の人はバカだったんだな、という人がいます。

 

いいえ、昔の人は、バカではありません。

昔だって、今だって、人は賢いです。

 

昔の人が、たくさんのことを見つけて、

たくさんの時代に、たくさんのことが見つかって、

その続きに、私たちがいるというだけです。

 

昔の人と、私たちは、時代でつながっているのです。

 

では、私たちと、昔の人は、何か違うのでしょうか?

 

何千年たったとしても、人は同じです。

だから、上古聖人の教えは、

今を生きる私たちにも、つながるのです。

 

 

 

AD