日頃の感謝を込めて、先週の木曜日に妻に美容鍼灸を施しました。

この時の妻の脈診は「腎虚」。
腎虚の人は若さを保つのに苦労します。

なので
まずは腎虚に対する施術を行い、経絡の滞りを解消しました。

体質を整えたところでお顔を施術していきます。

眉毛付近は指圧したときの反応が強く出たので、鍼はせずにお灸を乗せました。
頭皮への鍼も忘れずに。



ちなみにお顔の鍼は太さ0.1mmほどの超極細鍼を使っており、痛みは殆どありません。
頭の鍼は0.12mmほどなので、こちらも刺激はかなり弱いですね。

お灸は40℃ぐらいの物を使用しています。


15分程置いて施術は終了。

妻曰く
「少しだけほうれい線が薄くなったかな?目のまわりは軽くなった!」
とのこと。

しかし本当の効果はこれからです。

翌日
「顔がパンってなってる!化粧ノリが違う〜」

翌々日
「昨日より毛穴が目立たなくなってる!顎のラインがしっかり出てるよ!」

と、連日喜びの声が聞けました。


私の鍼灸施術は翌日以降に効果が出て、その後ジワジワと効果が持続する特徴があります。
この辺りは施術者の特性が出る面白い部分でもありますね。

これからも妻にキレイでいてもらう為に、定期的に施術していきます。