物事で、誰もが、それで流行というものがある。現実は、それぞれの個性というか、遺伝子で、治療方法や生活改善があるのです。

ビル風というものがある。ビルの谷間で、大風が吹いていても、その外側は、植木のなびいいていない。平和な環境だ。

デモでも、誰もが、参加という中で、洗脳されている・そこには、少しの犠牲を回避だという妄想でしょう。

鳩は、平和のシンボルだという。その時代は終わって、今では、慰安婦が平和のシンボルだという。

誰もが、バナナが健康に良いという。そんなことはない。

まずは、生活と雇用だ。12歳で、雇用の技術習得へ、当時は奉公に出る、今では大学だという。

今の人の、誰もがという、錯覚です。

泥んこ道を歩ける時代は終わった。