米中間選挙結果 | プクッチ劇場

プクッチ劇場

ギャンブル魂の真実


テーマ:

 大方の予想通り、米中間選挙は上下院のねじれ現象状態になった。→ねじれ議会

 

 

 トランプの暴走が止められると市場はドル買いで反応した。

 

 トランプはFRB議長をも批判していたからね。

 

 これでFRBは次回、そして来年3回の利上げを行うことがほぼ確実になった。

 

 いや、確実になったわけではないけど、FOMCの内容を見ればそう読み取れる。

 

 

 金融の引き締めに走れば。

 

 

 

 株価は下がる。

 

 世界同時株安か?プッシュ。にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

 

 

 

                    ギャンブル魂の真実

 

 

 

 トランプ大統領はこの結果に満足してるとみえる。→今夜は素晴らしい成功

 

 

 しかし、世間様はトランプ政権に大打撃という見出しをつける。→逆風

 

 一体、この先どうなっていくのか。

 

 それを為替の世界から読み解いてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 市場はこの結果にドル買いで反応した。

 

 

 それは円に対してもそうでドル円は114円台にタッチするまで上伸。

 

 他のドルストレートも軒並みドル高。

 

 複数回の利上げを見込んでということもあるが、米中貿易摩擦などトランプが暴走してる件に関しても議会が歯止めになるものという期待が含まれている。

 

 

 その一方でトランプが強い大統領の権限を使って暴走が加速するという見方もある。

 

 

 一体どちらが正しいのか?

 

 トランプの看板政策といえるインフラ投資や減税に関しては議会によって阻まれるかもしれない。

 

 一方で利上げを掲げるFRBへの口先介入は今後も続きそう。

 

 基本的にFRBは政府からは独立した機関なのでトランプが何を言おうが強制力はないが、それでも市場はなんらかの反応をするだろう。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 トランプが利上げを批判するその背景は。

 

 

 株価の下落を防ぐ、というのが主な目的。

 

 トランプは自分の大統領成果を株価に求めているところがある。

 

 勿論、それは支持基盤となる有力者たちの利益となる。

 

 

 一方でこれ以上の株価の上昇はバブルの恐れがある。

 

 

 FRBはバブル崩壊となる前に手綱を締めないといけない。

 

 トランプが株価ばかりに捉われて利上げを邪魔するようなことになれば、米国には悲惨は未来が待っているだろう。

 

 

 

プクッチ劇場

 

 

 

 まあ、正直なところはわからんけどね。

 

$プクッチ劇場

 

 FRBも株主の意向で動いているところがあるから、これはトランプの支持基盤とFRBの株主の利益は一致してないんだろう。

 

 いずれにしてもねじれ議会はトランプの暴走を多少なりとも止めると思う。

 

 今までのように好き勝手も言ってられなくなるんじゃないかな。

 

 それは今後の米国の政策を見ていればわかる。

 

 うちの予想ではやがてはドル売り相場になると思う。

 

 ほなな。

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 11月FX業者紹介←見てね

 プクッチが使ってる口座
メイン口座 お薦め口座 サブ口座

 

pukuzohさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス