プクッチ劇場

ギャンブル魂の真実


テーマ:

 うちは以前に遭難について非常に興味をもった。

 
 
 それは一冊の本の内容がとても怖かったからなんだけど、どうして危険な場所に自ら行ってしまうのか?
 
 その心理が知りたいと思った。
 
 もし、周囲に誰もいない状態で絶望的な状況になった時、人は何を思うのか?
 
 それを考えると夜も寝れないくらい遭難に憑りつかれてしまった。
 
 
 例えばロッククライミング。
 
 
 今はスポーツとして人気があるみたいだけど、何で体を鍛えてまで危険なことをやろうとするんだろう?
 
 筋トレの不思議と同じプッシュ。にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ     
 
-
                ギャンブル魂の真実
 
 
 
 
 うちは高所恐怖症で高いところが苦手。
 
 
 だからロッククライミングなんて、とてもじゃないけど無理。
 
 しかし、世の中にはそういうものに興味をもって挑戦する人がたくさんいる。
 
 どれもうちからすれば恐怖を伴うものなんだけど、有名なユーチューバーが高層ビルに挑戦して失敗した。
 
 その動画がこれ。
 
 
 

 

 

 
 嫌~っ!怖い怖いっ!
 
 
 何でこんなことするの?
 
 いや、この登頂に成功すると150万円の賞金がスポンサーが出るそうだったから、お金のためにやってたと思うけど、もっと難しいビルに挑戦して何度も成功してたのに、ちょっとしたミスによって命を落としてしまう。
 
 この恐怖はなんや?
 
 それもこの動画の寸前に懸垂して見せてたんや、このユーチューバーは。
 
 余裕のパフォーマンスだったと思うけど、その懸垂で力が尽きてしまったというんかな?
 
 最後の瞬間は自力で登れないと本人も悟ったと思う。
 
 
 その時の気持ちを想像してみてほしい。
 
 
 手を離せば落下、かといって腕は体重を支え切れない。
 
 もし、近くに誰かがいれば引き上げてもらうこともできたやろう。
 
 しかし、傍には誰もいない。
 
 この絶望感。
 
 怖いわ。
 
 夢に出てきそう。
 
 
 
プクッチ劇場
 
 
 
 
 日本ではこういうことやると法律違反だから。
 
 
 挑戦する人はいないけど、海外ではやってる人が多いんやな。
 
 これはロッククライミングと同じ要領で指先の力や背筋から僧帽筋にかけての筋力を鍛えないといけない。
 
 自分の体重くらい簡単に指先で支え切れないと出来ないんや。
 
 
 その鍛えた体で何かに挑戦したいという気持ちはわかる。
 
 
 しかし、失敗したら死という状況に何故挑戦してしまうのか?
 
 この疑問は登山家にも冒険家にもいえる。
 
 どうしてやるの?と聞けば、そこに危険があるから、やろ。
 
 生死の境に自ら行くことによって悟りを開くこともできるかもしれない。
 
 なんとなくだけど、そこに何かが在る、のはわかる。
 
 うちも遭難に憑りつかれてた時期があるから、そこに引き寄せられる磁力というんかな?
 
 不思議な魅力があるのは確か。
 
 でも、こんなに失敗してる人がいる。
 

 

 

 足が震えてまうわ。
 
 
プクッチ劇場
 
 
 
 
 今読んでる小説が。
 
$プクッチ劇場
 
 堂場瞬一の「天空の祝宴」。
 
 この小説は、ある有名なクライマーがザ・ウォールに挑戦して失敗して死んでしまう。
 
 何故失敗したのか?をライバルだったクライマーが探るという内容。
 
 うちからすると、何で岩を登るのか?という疑問があるんだけど、小説の中ではそれが当たり前という世界になってる。
 
 要するに、これが趣味という奴や。
 
 傍から見ると何でそんなことをやるのかわからない。
 
 でも、やってる人からすればそれは当然の行為。
 
 そういう楽しめる趣味をたくさん持ってる人は人生が豊かになる。
 
 逆に何もやらずに誰かのやってることに文句ばかりつけてる人の人生は貧しいんだろう。
 
 人生とは楽しんでナンボ。
 
 その楽しみが少ない人は哀れですらある。
 
 ほなな。
 
 
 
 
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 2月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
プクッチメイン口座    森好二郎レポート   あると便利                   
       
FXプライム    
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

pukuzohさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。