プクッチ劇場

ギャンブル魂の真実


テーマ:

 子供の頃、ムーミンを見てたら、ノンノンが夢の世界から戻ってこれなくなったという話があった。

 
 
 その時はスナフキンとムーミンが助けに行ったと思うけど、それを見たら寝るのが怖くなってしまった。
 
 もし、自分が夢の世界で囚われたら、一体誰が助けに来てくれるのか?と思うと、しばらくの間は中々夜寝付くことができなくなった。
 
 勿論、そうした感情は大人になるにつれてなくなっていったけど、意味もなく子供の頃怖いと思っていたものがたくさんある。
 
 
 例えば鏡。
 
 
 昔はおばあさんの三面鏡があって、何人もの自分が映るのが怖かった。
 
 三面鏡って今もあるのかな?プッシュ。にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ     
 
 
-
                ギャンブル魂の真実
 
 
 まだ引っ越しする前、自分が布団に入ると視野におじいさんの遺影があった。
 
 
 それをジッと見てると何となく目の方向が動いたように見える。
 
 自分の方を見ているように感じるんや。
 
 自分だけかな?と思ってたんだけど、姉貴に聞いたら姉貴も同じように感じてた。
 
 ただ、当時は子供だったんで、写真ってそういうものなんだ、と納得してしまっていた。
 
 馬鹿で良かった。
 
 
 

 

 

 
 
 
 そして、団地も怖かった。
 
 
 これはウルトラマンかウルトラセブンで、宇宙人が団地に降りてきてその団地にいる人全員を宇宙人にしてしまうとかなんとか、そんなような話があったから。
 
 実際は違うストーリーだったかもしれないけど、それを見てから団地に近付くのが怖くなってしまった。
 
 その時の名残かもしれないけど、今でも古いタイプの団地に近付くのが怖いと思ってしまう。
 
 同じ棟がいくつも連なってるような団地。
 
 
 
 あと、お月様がいつまでも着いて来るようで気味が悪かった。
 
 
 満月の夜なんかが特にそうなんだけど、どれだけ歩いても見上げれば同じ場所にいる。
 
 そんなことは当たり前なんだけど、どれだけ歩いてもずっと後を着けられてるようで薄気味悪かった。
 
 特に昔は街灯の数が少なかったから、お月様の姿がよく見えたんやろね。
 
 お月様が雲に隠れるとホッとしたように感じてたと思う。
 
 
プクッチ劇場
 
 
 
 そして、誰もいなくなった教室。
 
 
 
 なんかの拍子に自分一人だけ教室にいると、誰かがいるように感じた。
 
 誰もいなかったと思うけど、窓から入る風にカーテンが揺れたり、チョークの粉が舞ったりすると誰かがいるんじゃないか?と思った。
 
 
 子供の頃ってそういう誰かがいるという感覚をたくさん感じなかった?
 
 
 霊能力者によると子供のほうが霊力が強いらしい。
 
 ひょっとして子供ゆえ何かを感じていたのかもしれない。
 
 
 
プクッチ劇場
 
 
 
 
 近頃は違う意味で寝るのが怖い。
 
$プクッチ劇場
 
 明日になったら死んでるんじゃないかな?と思いながら寝る。
 
 これは思い込みじゃないところが怖い。
 
 まあ、十分に生きたからええんやけどね。
 
 明日も目を覚ますことができるかな?
 
 それを考えると寝れん。
 
 ほなな。
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 2月業者紹介←見てね

 プクッチが使ってる口座
メイン口座 お薦め口座 サブ口座
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。