プクッチ劇場

ギャンブル魂の真実


テーマ:

 皆さん、こんばんは。


 

 ギャンブル評論家のpukuzohです。



 マック鈴木ことミスタートレンドラインのブログがこちらです。


 ブログ名長すぎて書く気がしないけどマックブログ


 まぁ、マック顧問が頑張ってるんなら自分も多少は頑張らないといけないかな、と反省してみました。


 初心者部門ではこのブログと寅次郎校長先生のブログくらいしか見ません。



 なんだか寅次郎先生のブログを見ると某証券会社のサーバーダウンでロスカットも出来ずに大きな被害が出た人が多数出て、皆さん、お怒りのようですね。


 まるで昔の外為のようですが。




 そしてこれは本当かどうかわかりませんが、某業者がキャッシュバックのお金を払わないというか、無理矢理入金額を減らしてるだかなんだか知りませんが、おかしな具合になっているようです。


 まだまだFXの業者も心配なところがあるようです。


 こうしたこともFXのリスクとして考えるとやはり、長期ポジの保有はリスクが大きいと考えなければいけませんね。


 因みに寅次郎先生は両建てで難を逃れたそうです。


 さすが。




 身内のブログがどうのこうのと言っているようなブログには全く興味なし。


 なんであんなブログがマックブログとポイント争ってるんだ?


 身内で押し合うのとマックブログのように身のある話とでは、ポイントの重さも違うだろ。


 いえ、自分のブログも人のこと言えませんが。


 身内のこと書いてポイントもらってるくらいですから。




 まぁ、テクニカル的なことはマックブログに任せて、こっちのブログはメンタルの面において、勝負の綾などを考える場合、どうすれば良いか、というような内容にしてみようかな、と。



 どんなギャンブルでもアツくなったら終わり。


 それで一気に負けを取り返すことがあっても、そうしたことがあればまた次の機会も、その次の機会も同じように大枚賭けに挑戦して結果的には大負けします。


 まずアツくならない


 これは鉄則。




 確かにこのストップは固いと思っていたストップが割られてしまうと焦るし、思わずドテンしたらダマシだったということがあります。


 こういう時はアツくなりがち。


 しかし、大きい負けは必ずトータル収支に響いてきます。


 トータルで勝つ、ということを念頭に入れておけばアツくなってドテンを繰り返すようなことはありません。


 と、言いつつ自分は今週一往復半のビンタを食らいましたが。


 それでもこれはストップをタイトにしていたので大きな負けには繋がりませんでした。


 大きな負けはトータルで必ず響く


 

 そして今、マック風呂ではトレンドラインにおける講習みたいなのをやっていますが、大きな相場観を持つことが結構大事ではないかと。


 この大きな相場観の方向感さえ間違っていなければ大きな怪我はそんなにしないと思います。

 

 勿論、突然のアクシデントでこの相場観が全く変るということもままありますが、というかそういう出来事が顕著ですが、この大きな相場観に合った方向にエントリーすればそんなに大きな負けには繋がらないと思います。


 大きな相場観を持つ


 それにはプロの話を聞いたり、いろいろな情報を自分で調べることが大事だと思います。



 で、一番、メンタルで問題になるのはプロスペクト理論による圧力ですね。


 これを如何に減らすかが、案外大きな問題になると思います。


 これはスキャに限っていうとそんなに大きなプレッシャーとして感じることはありません


 これは自分のモグスキャにおいて実験してみたところ、それ程影響はなかったように思います。


 元々、スキャとは小さな利益を得るものですし、どこまで伸ばせるか、という心理的戦いはありますが、この辺は勝っているのですから負けないことを心掛ければ良いし、ロスカットもタイトに設定してますので、刺さったら問答無用で損切り。


 これでかなりプロスペクト理論の風圧を逃れることが出来ます。



 もう1つ、プロスペクト理論の影響を受けない方法があります。


 指値、逆指値を入れての放置プレー


 所謂、寝ていて儲かるFXです。


 もしくはお掃除してても儲かるFXです。


 これはほぼ100%プロスペクト理論の影響を受けません。


 受けたくたって受けれない、というものです。



 そしてギャンブルにおいて大事なことは波に乗ることです。


 来たな、と思ったら押す。


 チャンスの神様、もしくは女神様は前髪しかないそうです。


 来たー!と思ったら素早く掴む。


 それには事前からの用意というものが必要になります。


 チャンスとは少なく、また逃してしまえばもう追いかけても追いつきません。


 その辺のギャンブルアンテナを常に相場を分析して考えてみましょう。



 この考える方法ですが、まぁ、今マックブログでやっているので、見てみるとためになりますよ。


 で、プッシュを気にしてるようなのでプッシュしてやってください。


 マックブログのようなブログがあるなら、もう一度初心者部門に殴りこんでやるつもりです。



 このブログもアフィ仲間ブログに入れてくれよ!



 という話ですよ。


 大体、皆さん、本とかCDとか買うでしょ?


 服とかなんやらかんやら。


 何でもご用意するのでこのpukuzoh商店をご利用ください。


 今のネットは宅配OKですし、宅配料もある程度の金額を買えば無料です。


 一々お店に行く必要なし。


 このpukuzohブログは結構アフィ断られるけど、その場合はうちの奴のブログへ注文してください。


 何でもご用意致しますよ。


 と、いうかこのブログ、そういうアフィ部門に行ったほうが良いかもね。



 まぁ、アフィやっててもブログ上位に行けるのなら文句なし。



 マック風呂と勝負だ!


 皆さん、ご協力お願いします。


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ マック風呂には負けたくない。
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート


はい、ドーンと。週末には業者比較で時間を潰せ。
ALL外為比較 迷ってる人は業者比較。なんかヤバイ業者が出てきてるようです。業者選びは大切。


為になる本が必ずあります。最低でもこの中から一冊は読め。マジで。


簡単に言うとこんなようなことがやりたいわけです。

あなたの知識を生かすチャンス!競馬ライター急募!


↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。




AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんばんは。



 ギャンブル評論家のpukuzohです。



 何故かマック鈴木ことミスタートレンドラインのブログの順位が上がっています。


 それも真面目なことを書くと順位が上がらないと言いつつ、真面目なことを書いて順位を上げています。


 更に言うとこのブログは不要なアフィは剥がしているのに、アフィを載せているブログは順位が上がらないと言いつつ、バリバリ貼って上がっています。


 かなり理不尽を感じます。


 まぁ、元々ちょっと変った人でしたので、このブログの目的であった勝つためのブログとしては初心者部門では頑張ってもらいたいものです。


 しかし、続きを見たい人は押してね、って鬼がやったクリック誘導と批判された行為と取れなくもない。


 いえ、自分もやってますが。





 今、森巣博さんの本を読んでいます。


 簡単に言うと、この方はオーストラリアに在住していて、1年のうち300日はカジノにいるそうです。


 バカラや牌九などを専門としているようですが、ギャンブルと文筆というもので生活なさっているようです。


 このような方が本当のギャンブラーだと思いますが、中にはこうした方にもケチをつけたがる人もいるようです。


 結局、ギャンブルで勝ってる人というのは引退でもしない限り、ずっとこうした批判・中傷の対象になってしまうようです。


 勝ち組が表に出てくることは良いことではないようですね。


 まぁ、勝ってる人がその手口を教えてしまうと、そうしたギャンブル生活をしている人に取っては何かと不便なことも多いのでしょう。



 で、この方、やはり勝負の桁が大きくて100万200万は当たり前、一回の遠征に500万ほど用意して行くこともあるそうです。


 うらやましい生活ですね。


 ギャンブルという生活をしながら、それを表現する文壇という場所がある。


 それなら勝っても負けても話のネタになる、という点ではギャンブルのし甲斐があるというものです。



 この方の本にはやはりギャンブルで勝つ為には、というような内容が出てきますがやっぱり同じようなことが書かれています。


 このブログで書かれているようなことと。


 基本的にギャンブルの本質は同じように思います。


 当然、自分はFXはギャンブルだと思っているのでFXも勝ち方は同じだと思っています。



 「極楽カシノ」という本を読みましたが、50%における勝率のギャンブルでは玉の押し引きが重要になる、というような記述がありました。


 FXも単純に言えば上か下かの50%ですから、この法則がひょっとして当てはまるのではないか?と思った次第です。


 確かにトレードをしていると自信のトレードというものがあります。


 こうした時に枚数を増やすのは有効な手段ではないかな、と。


 フラット・ベットで賭け続けるのは、必然的に手数料などのコストによって負ける、というようなことも書かれていました。


 まぁ、FXの場合、確かに単純に言えば上下の2分の1ですが、バカラや牌九と違ってこの2分の1の確率が変るポイントというのがあります。


 その意味ではフラット・ベットも有効である、とは思いますが。



 しかし、この方におけるギャンブルというのは所謂、裕福層のギャンブルラーの方達のようです。


 お医者さんや不動産屋など、そうした生活レベルの方達が行うギャンブルについて書かれているようです。


 まぁ、自分もそういうレベルのギャンブルに関わるのであれば、なんですが、全くレベルの違うギャンブル、としてこの話を読んでみました。



 結局、どんなギャンブルにおいてもイカサマが入らない限り勝つ方法はある、そしてそれには正しい努力が必要である、ということが書いてありました。


 今、マック鈴木ことミスタートレンドラインで、基本的なトレンドラインの見方などをやってますので参考になると思います。


 自分も正直、トレードする時はトレンドラインとホリゾンタルラインを重視しています。


 そこでエントリーすれば負けても損失が少ないし、利益も大きく狙えるという場所が見つけやすいからです。


 チャートにラインを引くのは基本。


 このチャンスにマック鈴木ことミスタートレンドラインのブログで基本をマスターしましょう。


 しかし、あのブログ、アフィ貼りすぎて滅茶苦茶見辛い。


 もうちょっとあの辺を整理したら?


 といらぬお世話をしてみる。



 まぁ、ギャンブルとは根っこのところは同じで、負ける人っていうのは戦略がなかったり、正しい知識がなかったり、すぐアツくてなってしまったり、と負けるパターンは一緒です。


 正しい知識を身につけ、それを実行する精神力。


 これさえ身に付ければそんな簡単にFXでも負けない、と思います。


 自分はその辺の根っこのところを最初から理解していたというエッジがあったと思います。


 それは結果から見て、そうだったんだ、と思いましたが、ギャンブルに精通していない人というのはこうしたギャンブルの法則によっても負けてしまっていると思います。


 基本が出来ていても、正しい努力をしていても、負ける時は負けるのがギャンブルです。


 しかし、それが絶対的にトータルで見れば勝てるんだ、という手法さえ、確立すれば後はそれを実行するだけ長期的には勝てると思います。


 いえ、ゼロサムですから全員が勝てるとは思いません。


 でも勝てる人は勝てます。


 負ける人は結局負けます。


 負けてる人はどうして負けたのか、まず冷静になって考えてみましょう。


 そしていろいろなブログや本を読んで正しい方向性というのを探してみましょう。



 当ブログがパンローリング社のアフィを載せることに許可が下りたのでこの辺からお奨め本を紹介してみましょう。


 まずは「魔術師に学ぶFXトレード」。


 これは過去の著名なトレーダーがどのようにして相場に立ち向かったか、そうした記録の分析のようなものです。


 これを一冊読むことによって正しい方向性というのがわかってくるかもしれません。


 もう一冊は「FXトレーディング」。


 為替の歴史から始まってそれがどのように推移していったのか、またどのような手法が有効であったか、資産の管理の重要性などが載っています。


 こうした本を読んで、FXというものの正しい方向性というのをつかむことは絶対的に必要だと思います。


 でなければ無駄な知識ばかりが頭に詰め込まれることになります。


 正直な話、一目なんていうのはその基本的なことさえ、わかっていればよいことでその原理など一々知る必要なんてないと思いますし、細かいトレードテクニックもそれなりの実力がつけば必要となると思いますが、まず相場とはどういうものか?という理解がなければ無駄が無駄を呼ぶ努力の連続となり、これだけ努力しているのに勝てない、というような状態が続くでしょう。


 多少、値の張る本ですが、こうしたものに投資し、少しでも為替の正しい知識を身に付けたほうが長い目で見れば得だと思います。


 30pくらい為替では簡単に負けるでしょう。


 30p負けたと思ってそうした本を買ってみれば長い目で見れば必ず得した知識が身に付くと思います。


 自分も偉そうに相場を語っていますがギャンブル的なことは自分の持論ですが、相場に関してはこうした正しい知識を物語っている本を中心に書いています。


 そしてプライムディーラーによるプロに因る相場感などを書いています。


 ギャンブルで鍛えたギャンブルの法則と、こうした本やディーラーの話によって身に付けた相場観。


 これが自分がFXで負けもしないで1年過ごせた理由だと思っています。



 FXにおける知識、そして相場におけるギャンブル的対応。


 これがFXで簡単には負けない方法だと思います。


 わかった人は早速、このアフィから本を買ってください。


 マジで勝とうと思ったら絶対に読むべき本です。


 他にも良い本があると思うので著名な人がその本の感想を書いているのでそれを参考に買ってみるのも良いでしょう。


 勝ちたいならまず投資をしなさい、自分に。


なかなかパンローリング社の本は本屋に売っていません。これは本当。自分も手に入れるのに苦労しました。

 


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ そろそろ皆さん、押してください。
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート


はい、ドーンと。週末には業者比較で時間を潰せ。
ALL外為比較 迷ってる人は業者比較。


簡単に言うとこんなようなことがやりたいわけです。

あなたの知識を生かすチャンス!競馬ライター急募!


ここの井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券

↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんにちは。



 昨日はお出かけしていたので、疲れたのか遅起きのpukuzohです。



 今日は久し振りにお天道様が見えるので洗濯、布団干し、掃除に勤しんでみたいと思います。



 今週は35戦23勝12敗+33157円でした。


 月間トータルは+130704円でした。



 辛うじて生活が出来るレベルです。



 今週はスウィング、モグでは枚数を増やすなどの工夫をしてみました。


 スウィングはもっと粘れば良いとお思いかもしれませんが、その辺は後で説明しましょう。



 週の終盤はちょっとやる気がなくなって無駄玉を打つことに。


 こう言ったら何ですが、ある程度勝てるようになるとその繰り返しが単純すぎて嫌になる、という気持ちはわかってもらえるでしょうか?


 ある程度、自分の手法なりが完成してしまうと、もう後は機械的にならざるを得ないんですね。


 で、それが嫌になってそうしたものなしにエントリーを連発したらボロ負け。


 それさえ、なければもう少しやれたと思いますが、情熱というか胸から湧き出るものがなくなるとどうしてもその単純作業の苦痛に耐えれません。


 と、言うような愚痴が今週は多かったと思いますが、今週の値動きを見てみましょう。


 

 今週のドル円&ケーブル



 上がケーブル、下がドル円の今週の15分足です。


 ケーブルは月曜に米シティ国有化疑惑からドル売りが出て今週の高値を記録しますが、これが今週の頂点でした。


 そして火曜はダウ反発からドル買いに偏るもポン円の上昇に助けられレンジ状態。


 水曜はダウの急落があり、リスク回避のドル買いが進みレンジを下抜けます。


 木曜になるとRBS決算が想定内の損失、また英政府の不良資産の補償などで一旦は息を吹き返しますが、結局は上値は重いまま週を終えました。



 簡単にまとめると二つのレンジが形成され、そのレンジ内での動きでした。


 ケーブルはソロスが言ったように1.4以下では、売る旨みがない、というような意味でこれ以上の下値を探る動きは限定的になるような気がします。


 ということは1.42辺りを下回れば、ロング、意味もなく上がればショート、という感じで今週は取ることが出来ました。


 すでに英国経済の悪さは織り込み済み。


 後はドル次第、といった感じの一週間でした。




 続いてドル円です。


 ドルは無敵ング状態です。


 見ての通り木曜中盤までは意味もなく上昇してやがります。


 ダウが悪かろうと、指標が悪かろうと関係ありません。


 ビック3問題やAIGなど抱える問題も多く、オバマ大統領の予算教書では171兆円の経常赤字が見込まれているとのことでした。


 しかし、上がるドル円。


 無敵です。


 で、よく見ると所々にレンジを形成している日がありますね。


 この辺で上値警戒感が出たのかな、とも思います。


 最初のレンジが月曜から火曜にかけて出来ています。


 自分が93.15のポジションを手放したのもこの時です。


 この時は相場はまだ上に行こうか下に行こうかという別れ道状態だったと思います。


 95円に控える日本勢の売り攻撃を前にYAKARAどもが躊躇したようにも思えました。


 しかし、その後は95円を突破すると再びドル円はワッショイ買いです。


 日本の貿易赤字などからリスク回避の動向が見られましたが、ドル買い円買いだったのが、日本は政治的・経済的リスクから回避先通貨から外され、ドルだけが残るという状態に。


 そして95円を超えた辺りでやはりレンジを形成します。


 この辺は98円、そして98.60にそびえるストップにやはりYAKARAは躊躇したように見えます。


 その後、こうしたレジを突破、次は100円ということになります。


 木曜深夜から金曜にかけてレンジを形成していますが、これは週末、月末要因としてあまり気にする必要はないでしょう。



 相場はリスク回避というキーワードで動いており、その回避先がスイスフランや円ではなく、ドルが選ばれた、というのが今週の動きです。



 そしてドル円に関してはYAKARAのストップ切りが顕著な週でした。


 細かいストップを断続的に切りに来る、という感じです。


 しかし、100円は大きな壁か。


 仮に超えたとしてもそこからは怒涛の売りが出ると思います。


 買ったからには利益を出すには利益を確定するための売りが必要です。


 ショートポジの解消に乗ったYAKARAのロングポジは新規のポジションと見るべきでどこかでこのポジションを売るでしょう。


 それが来週の見所となりそうです。


 このように所々で綾はあったが、結果を見ると円ロングが正解となります。


 しかし、途中経過ではYAKARAが諦めて利益確定の売りで下押しした、という展開も充分に考えられた展開だったとも言えます。


 それはこのように所々にレンジを形成してることからも正しい判断だと思います。



 しかし、来週は3月です。


 日本の決算期に当ります。


 この辺で当然、海外資産のレパトリなどが見られるはずなので、外貨を円に変える必要があります。


 3月危機とはこの時期にドル円のレートが低すぎると困ったな、いう問題で日本としては企業が設定した95円を上回ってホッと一息といったところでしょう。


 そもそも日本も確かに不景気ですが、これは極度の円高が問題であったわけで、他の国が不景気になれば、そりゃ円は変われます。


 相場とは実需で本来は動くものですから。


 それが投資家などの思惑が絡んで過剰に円が買われてしまった、しかし、今そのショートポジが解消されつつある、というのが現状だと思います。


 このショートポジの解消、YAKARAのストップ切りが終われば再び円高になると見ます。


 その辺の詳しい内容は明日の予想職人を待て。




 お知らせ


 とうとう、当ブログがパンローリング社のアフィを認められました。


 FXの専門書とも言える本が揃っています。


 また日本ではまだこれだけしか存在が発見されていないMT4の操作方法を載せた本もあります。


 FXで勝ちたいなら、パンローリング社の本を少なくとも一冊は読め。


 自分は3冊持っています。


 


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ そろそろ皆さん、押してください。
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート


はい、ドーンと。週末には業者比較で時間を潰せ。
ALL外為比較 迷ってる人は業者比較。


簡単に言うとこんなようなことがやりたいわけです。



ここの井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券

↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんばんは。



 病院帰りのpukuzohです。



 朝の余り内容があるとは思えない記事でもプッシュされているとなると、もう一回ぐらい更新してしまおうかな、という更新です。



 ちょっと相場の細かい分析に疲れたというか、飽きたというか、情熱がなくなってきました。


 こりゃ、あかん、という状態です。


 こんなんで今の相場を語ってもしょうがないので、まず相場とはどういうものか?というものをもう一度おさらいしてみましょう。




 基本的に相場とは実需の売買で動きます。



 そこに投機筋の連中が入ってきてややこしくなります。


 政策金利やリスクという観念が絡んできて、また実需でも大きな損を出さないためにOPなどでヘッジをかけたりします。


 で、その想定ラインを狙った仕掛けや利確などで相場は上下します。



 しかし、基本的に相場とは実需で動きますから、こうした動きはノイズと捉え、投機筋のポジションと言うのは利確や損切りで消滅しますから、長期的に見ればプラスマイナス0になります。



 この動きを捉えることこそがFXで勝者になる道です。



 よく買わせ王は売り圧力が払拭されたとか、買い圧力が払拭されたとか言ってますが、あれはポジションがどういう性質のものでどちらに傾いているかを表現しているだけの言葉です。


 利確のショートポジがドンドン減ってくれば、そりゃ円安圧力も減ってくるだろうし、新規のロングポジが出れば円安圧力はまた払拭されていない、ということになります。


 相場とはポジションの偏りを見て、それが実体経済に対してどうか、またそのポジションの意味は何か、ということを考える必要があります。


 

 今の状態で言えば円はドンドン安くなっていますが、これは米国に期待しての新規のロングポジションがドンドン出来ているのか、それとも日本の景気不安、政治不安に対してショートポジが解消されているのかで、その動きは全く意味の違うものになります。


 ショートポジの解消というのなら、そのポジションが少なくなってくればこれ以上の円安は進まないだろうし、新たなロングポジションだというのならドル円は新たな上昇トレンドを作る、という展開になるでしょう。



 ポジションの偏りなどは各業者の情報やIMMで検索すれば見ることが出来ます。


 で、そうしたポジションがいつどこで利確したり、損切りするのか?


 それが相場というものじゃ、あ~りませんか。


 違うの?


 だからホリゾンタルラインとかに注目してるんじゃないの?


 大体ポン円なんていうのは去年250円だったわけです。


 一時期は117円台にまで行ったポン円ですよ?


 これは高金利に因る投資的意味のロングポジション、英国の金融企業の好績などによる期待感で膨らんだ価格値です。


 ところがサブプライム問題の噴出によって英国の金融企業はバブル崩壊、加えて金利はドンドン下がるということで、半値以下になってしまったわけです。


 実需による売買だけでこれだけ動くのはちょいとおかしな話で、高値は期待感と投機筋のポジション。


 それがロングポジションの解消&新たなショートポジションの構築という超下落トレンドを作ってしまった原因です。


 相場ではポンドのことを別名スターリング通貨とも呼びますが、その特徴は動き出したら止まらない、ということが何年かに一度ある、ということが相場界では言われています。


 芸能界ではこのような下落をトシちゃんの人気凋落になぞらせてトシちゃん下落と呼びます。


 最近、これに当てはまってしまったのが、松浦アヤヤとか言う人です。


 すいません、しっかりと名前を覚えていないんですけど、こんな名前の人だったと思います。



 そこに纏わる経済による実需だけではなく、相場に関わる人の思惑などで、ポンド大下落大会が始まったわけです。


 で、ソロスのような大投資家もケーブルなんかで売りまくっていたわけです。


 が、これもやはりいくら何でも実体経済から外れすぎれば、相場は揺り戻しという現象を起こします。


 売ったらどこかで利確で買うんだから、最終的には投資のポジションはノイズと捉えるべきです。



 この意見に反論のある人はもう一度、FXを1から勉強しなさい。


 これはプライムディーラーが言っていたことなので、ほぼ間違いないです。


 自分の意見もちょっと入れてますが。



 で、そういったことを考えて今のドル円を見てみると、そろそろ高値圏じゃね?という雰囲気がなきにしもあらず。


 ここからのロング構築はギャンブルであるとも言えます。


 何故って実体経済に照らし合わせたら日本と米国の経済状態はどっちもどっちですよ。


 いや、米国のほうが酷いとも言える。


 それが、今まで欧州通貨の弱まりで、リスク回避的にドルや円が買われていての円高攻勢だったわけですが、日本が経済・政治不安で円が買われなくなり、ドルが買われている、というのが今現在における相場です。


 ユーロ圏や英国では銀行決算などが始まってますし、経済懸念は特に英国が酷いと見られています。


 まぁ、世界的不景気なのでどこも悪いわけですが、それなら信用のある通貨を、という意味でドルが買われているわけです。


 

 しかし、相場というのは基本的に実需によって動くものです。


 投資のポジションは利確、損切りなどでトータルではプラマイ0になる、と考えれば自ずとそろそろドル円が高値圏にいる、ということはお気づきに皆さん、なられるでしょう。


 財政赤字171兆円の国の通貨が強いわけないだろ。



 相場とは基本的には実需の売買で動くもの、そして投資の売買はノイズと捉えること。


 

 これが相場というものではないでしょうか?




 またしてもプライムディーラーの話をパクってしまいました。



 お知らせ


 とうとう、当ブログがパンローリング社のアフィを認められました。


 FXの専門書とも言える本が揃っています。


 また日本ではまだこれだけしか存在が発見されていないMT4の操作方法を載せた本もあります。


 FXで勝ちたいなら、パンローリング社の本を少なくとも一冊は読め。


 自分は3冊持っています。


 


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ そういえばメルマガ、トータルで30以上のプッシュがありました。やるならギャンブル論などを配信してみようと思っています。いえ、やるかどうか知りませんが。
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート


簡単に言うとこんなようなことがやりたいわけです。



ここの井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券

↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。

いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんにちは。



 近頃、東海地方は曇りや雨の日が多く、太陽を見ることがありません。


 お洗濯が貯まって困ってしまったpukuzohです。



 相変らずドル円は無敵ング状態です。


 ダウが下がろうが何をしようが上がり続けています。


 98.60に大きなストップがあると観測されていたのですが、それさえも突破するとはすでにタイラントまで成長していると見えます。


 これを倒すにはランチャーが必要でしょう。


 日本の指標が出ましたがほぼ予想通り。


 これ以上の円売り材料が出るのか?と言った展開です。



 この円売りワッショイ祭りはドルが強くなった、というわけではなく、日本の経済悪化や政局不安に対する円ショートポジションの解消が原因です。


 しかし、ここらでそろそろ悪材料出尽くし、というかこれ以上は高値圏で推移していると思われるのでYAKARAも短期筋はストップを切りに来る動きを見せるかもしれませんが、新規のロングポジの構築も見られ、そうしたポジションの調整がいつあってもおかしくない状態です。


 下押しするなら96円台半ばまでは予想の範疇に入れておいたほうが良いでしょう。



 今日で相場は2月が終わります。


 週末で月末。


 そして来月は日本の決算期に当る3月です。



 当然、海外資産のレパトリや銀行等ではBIS規制などで相場は決算を前に意味不明の動きが予想されます。


 しかし、3月は比較的チャンスの多い月とも言えて専業の方達は3月に数多くトレードします。


 ただ今年は100年に一度の相場ということで、どういった動きになるのかは不明。

  

 それでも動き出した方向へついて行くのが正解となることが多いです。



 今日は欧)消費者物価指数、米)GDP改定値があります。


 そろそろドルっておかしくね?と気が付く人たちがこのGDPの数値によってはたくさん出てくるでしょう。


 ドル円の売り祭りは終焉が近いと見ます。



 昨日はこの予想の元、ドル円ストップを98.60にしてショート勝負しましたが、起きて見たらポジがなくなってました。


 元々93円でロングポジを持っていたのでここまで引っ張れば良かった、と言えますが、どこで突き落としがあるのか不明。


 近頃、朝のチャートチェックや情報収集がかなりいい加減になっています。


 昨日などはチャートも見ずにエントリーしてみましたが、結果はマイナスの嵐。


 如何にチャートを見ることが大事か、毎日のチャートや情報のチェックが大事かということがわかりました。


 ただ、漠然とした相場観だけでは勝てない、ということを実践で身を持って知りました。



 一部報道に因ると今日は東京は雪が降ってるそうですね。


 東海地方も変な雲行きで雪が降るかもしれません。


 3月も間近だというのに雪ですか。



 東京なんか雪が降ると交通機関がパニックになって大変でしょうね。


 東京がまたオリンピックに立候補していますが、ただでさえ交通渋滞が酷いところでオリンピックやる必要があるんでしょうか?

 

 施設は以前の東京オリンピックで使ったものを再利用するそうですが、当然改修も必要でしょうし、何よりも以前より日本は人が多くなった、東京に人が集まりすぎている、という現象もあります。


 東京でやるくらいだったら、もっと知名度を上げたい地域でやったほうが良いと思いますね。


 福岡とか。



 今日は週末、月末ということで調整が大きく出ると思います。


 また3月前の月末ですからポジの持ち越しはかなり危険だと思います。


 ドル円の終焉が近い、これはギャンブルアンテナがそう言っています。


 しかし、落ちたからと言ってそれは利確の動きかもしれません。


 トレンドが転換したのか、これはただのノイズか?


 それは来月になればわかる。


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート


簡単に言うとこんなようなことがやりたいわけです。



ここの井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券

↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんばんは。



 ギャンブル評論家のpukuzohです。



 やはりFXブログだけにFXネタでないと全くポイントが入りません。


 誰もギャンブル論の続きなど聞きたくないようです。



 相場はドル円は小刻みに値を上げてきましたが、ここに来てちょっとお疲れ気味です。


 仮に最終目標値が100円前後だとするとすでに高値にいると見ることが出来ます。


 ここからのロング構築は余り旨みがないし、短期筋のストップ切りの動きが見えましたが、押し上げる材料がイマイチなのか、98円の防戦売りに苦労しているようです。


 

 麻生首相は首脳会談で米国債の話は出なかったと主張。


 本当かどうかは知りませんが、ヒラリーと話が出てたら同じこと。


 何れにしろ、世界は日本は米国債の一番のお客さんと見ているのは確か。


 国務長官、大統領が第一訪問国を同じにするのは異例の出来事。


 これだけされれば日本政府も買ってと言われれば買わずにはおれますまい。



 気になるといえば米系の銀行筋から売りが入っていることですね。


 そろそろこうした動き、新しいショートポジの構築もされてきそうです。



 その後ビック3ネタでどうでも良いようなネタが出ましたがクライスラーだけはどうも助かる方向へ行きそうです。


 問題はGMですね。



 そして日本勢もそろそろ、これっておかしくね?という発言が出ました。


 野田日銀議理委員は、ここ最近の為替相場の動きは行きすぎ、と発言。


 これは日銀の介入を否定してる言葉とも取れ、この発言によってややドル円は下押しする場面が見られました。


 

 一方でポンドはネーションワイドが予想より悪く下押し。


 しかし、ブラックホールの吸引力は強く、1.42を割ってもすぐに戻って来るという展開です。


 かなりこのブラックホールは重力を増しているようです。


 

 この後の相場ですが与謝野新財務相は、ドルの価値が不安定になるのは好ましくない、と発言。


 これはどう取ったら良いのかちょっとクビを傾げますが、3月に向けての円安は歓迎したいところでしょう。


 しかし、それ以上ともなると一応日本企業の採算目処は95円としていたわけで、これによって輸入企業は大きな痛手を追う可能性も。


 また輸出企業もヘッジからOPを仕掛けていると思われるので、これがコールされないとなるとどうなることやら。


 この辺のYAKARA対日本企業の売りが今夜の見所でしょう。



 ユーロは独の失業者が思ったより少なくこの後盛り返すような展開もあるかも。


 

 焦点はこの後のキング総裁の議会発言、米指標、オバマ大統領の予算教書、というイベントを迎えます。



 すでに相場は株価とか指標とかそういうレベルの問題ではなく、YAKARAの押し上げ、ドルのレパトリに絡む動き、一種異常な状態の相場とも言えます。


 ドル円がここ一週間で5円ほど上がっています。


 一週間で5円って相当な値動きだと思います。


 ポン円なら余裕で一日で到達するレベルですが、ドル円ともなると異常です。


 ショートポジの解消がこの現象を生み出しているとも言えますが、そろそろ新規ロングポジの構築もされて来ているようですし、それを見込んでのショートの仕込みも見受けられる展開です。



 すでに我々個人トレーダーに出来るのはストップを切ったら追随、切れなければモグスキャ、という状態です。



 テクニカルで相場のポイント押さえ、そこを抜けるようなら追随、という作戦が妥当だと思います。


 ドル円に関しては98円がポイント。



 YAKARA対防戦売りが見所です。


 上抜けたら多枚数で押し目買い。


 ここで大人買い出来れば、あなたも立派なギャンブル魂派です。


 でも利確の動きも早いと思うから気をつけてね。


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート


簡単に言うとこんなようなことがやりたいわけです。



ここの井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券

↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。


いいね!した人  |  コメント(50)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんにちは。



 ギャンブル評論家のpukuzohです。



 今日はギャンブルそのものについて語ってみましょう。


 中国人はギャンブル好きと言います。


 香港やマカオなどでも大騒ぎして台に張り付いてる東洋人はまず間違いなく中国人でしょう。


 いや、騒いでるんだからその言葉を聞いて中国系だとわかるわけですが。



 しかし、イギリス人は何にでもオッズをつけたがるほどギャンブル好きです。


 米国にだって日本にはないカジノが大盛況です。


 日本だって今は下火になっていますが、一時期はパチンコメーカーやスロットメーカーの株がガンガン上がって、儲けてるな、この野郎、という時代がありました。



 基本的にどこの国の人もギャンブルは好きだと思います。



 で、ギャンブルとは大まかに言うと未来を予測する行為です。


 それが当ったとか外れたとか惜しかったとかの結果をもたらすわけです。


 未来を予想することは誰にも不可能ですので、いえ、ドラえもんがいたら可能ですが、基本的には不可能です。


 というかドラえもんってアジア各国だけでなく、アラブ諸国や欧州でも人気らしいですね。


 日本語を話さないドラえもんってちょっと違和感を感じます。



 このように単純にギャンブルを定義してしまうと、誰でも平等に当る可能性のあるものだと言う事になります。


 いえ、例えば明日の天気を賭けようということになれば、気象予想士の資格を持ってる人は断然有利になりますし、漁師さんなんかは雲の形や風の感覚で天気を当てることが出来るので有利になります。


 このように一見、明日の天気は誰にもわからないことであるのは事実としても、過去の天気図から、または過去の経験から有利になる人が出てきます。


 これをエッジと言います。


 

 このようなエッジを持っている人はギャンブルでは当たり前ですが有利になります。


 この辺の要素を持っていない人がギャンブルに挑戦すれば、運が良ければ勝つことも出来ますが長期的に見れば必ず負けることになります。


 これはギャンブルの法則というか掟です。


 ギャンブルには運という要素が入ります。


 だから素人でも勝てることがあります。


 しかし、長期的に見れば絶対に素人はそうしたエッジを持っている人に勝てません。


 まず、ここが1つの大事なことです。


 

 ギャンブルとは運任せだから誰でも平等に勝てる、と思っているのか、出来るだけ運を排除して確率の高い場所を狙うべきエッジを有した者が有利になる、と思っているのか。



 ここがど素人とプロの差になります。


 そして勝つためにはこのエッジを磨く必要があります。


 エッジが優秀であればあるほどギャンブルでは有利になります。


 ここでエッジをスキーの板かなんかと勘違いしてる人はすでに終わっています。


 エッジとは優位性を意味します。



 そしてギャンブルというのは勝つべく人は勝ち、負けるべく人は負けます。


 これはギャンブルの法則です。


 負ける人がいなければ勝つ人がいないんだから当たり前。


 勝つ側になりたいなら、エッジを磨く努力が必要になります。



 このエッジを磨く方法ですが、見当違いな努力をしても全く無意味。


 例えばパチ屋でデータロボなどを見て大きくマイナスしてる台を選んで打つという努力をしてる人がいます。


 これは全く無意味な努力です。


 スロなら設定を考えるべきだし、そうであればプラスしてる台を選ぶのが正解になりますし、パチなら釘の開きや役物の寄りを考えるのが正解となります。



 そのギャンブルがどういうものであるのかを理解し、正しい努力をする必要があります。



 FXというギャンブルを考えた場合、包括的な大きな視点と、テクニカルに因るポイントなどのミクロな視点が必要となります。


 この辺の努力をごっちゃにしてしまうとわけのわからない努力、無駄な努力をしてしまう、ということになります。



 そしてギャンブルというのは負けた人が消えると次は勝ったもの同士が戦うことになります。


 FXでも弱者が退場したり市場参加者が減ればHF同士の戦いになったりします。


 こうなってくると今まで楽な相手と戦っていたのが、相手が強敵に変化します。


 これはどのギャンブルでも一緒です。


 甘いレベルでは勝つことが出来る。

 

 しかし、それでは儲ける金額が少ない。


 もう1つ上のレベルに行くと相手もそれなりに強くなります。


 上に行けば行くほど相手は強くなっていき、しまいには相打ちになってしまうほどの敵とぶつかることになります。

 

 こうなって来るとエッジもクソもありません。


 このレベルに来て初めて精神力が勝負を分けるということになります。



 このレベルに来ていない人がいくら精神力を磨いたところで無駄。


 よくパチ屋でもいますね。


 スロのボタンを一回押すごとに気合を入れてるおっさんが。


 そんなんで出るなら誰も苦労しません。


 それで出るならハンドパワーです。


 来てます。


 何が?



 ギャンブルを嫌う人が結構日本人は多いですね。


 今でこそパチンコ屋も上場企業になっているチェーン店もあるし、社員教育もしっかりしている。


 一昔前なら考えられない状態です。


 昔は何故かパチ屋の店員は強面のパンチパーマ、というのが定番だったような気がします。


 それが今では一流の大学を出た人がやってるんですから、不思議なものです。



 で、ギャンブルを嫌って全くやらない人。


 こういう人はギャンブルは負けるもの、と思って全くやりません。


 ある意味、正解です。


 ギャンブルで勝つためにはエッジを得る為に努力しなければなりませんし、そんなものに時間を使うくらいならちゃんと働いていたほうがマシと、という考えは正論です。



 そしてギャンブルの本質を理解せずにただ運任せでギャンブルにハマる人。


 こういう人は借金をしてでもギャンブルにハマります。


 ギャンブルとは運だからツイてくれば勝てるはず、と運で勝った時の嬉しい記憶をいつまでも忘れることが出来ずに運に任せて勝負します。


 長期的には必ず負けます。


 このレベルの人はギャンブル依存症という状態になる可能性が高いです。



 

 そしてギャンブルの本質を理解しつつ、その努力が面倒くさいのでやらない人。


 このレベルの人はギャンブルを全くやらない人より、より正確な判断です。


 よってこういう人がギャンブルに本腰を入れれば勝つ可能性が高いでしょう。


 自分が主張するスロ生活者はFXで勝つ可能性が高いというのは、こういう意味で言っているわけです。




 そして次はギャンブルの本質を理解し、努力するがその努力が足りない人、もしくは間違っている人。


 これは一番、質の悪い負け方をするギャンブル感を持っている人です。


 大きな借金を作ってしまうのはこの辺のタイプの人でしょう。



 そしてその上に行くとギャンブルの本質を理解し、その努力も合っている、そこそこ勝てる、でもその努力に限界を感じたり、努力すること自体が虚しいと感じる人。


 自分は多分、このレベルです。


 一日誰とも話さずにPCに座っているとはこれ如何に?


 この辺に疑問を持ってしまうとかなり冷めます。



 そしてその上に行くともう強敵レベルです。


 エッジを得ることに情熱を傾け、大きな金額を張ることにも負けない精神力、運をも味方にしてしまう生まれ持った強運を持っている人。


 いえ、この途中に段階的にレベルがあると思いますが、一々説明するの面倒臭い。



 このようなヒラエルヒーがギャンブルの世界にあり、自分がどのレベルにいるかを正確に把握している人は対して大怪我もしないし、趣味程度にギャンブルを楽しむことが出来るでしょう。

 

 巷で認識されているギャンブルとは、こうした趣味レベルのギャンブル感だと思います。



 しかし、ギャンブルの本質とはこのような巷に認識されているものではなく、もっと奥深く、仕事と同様に真摯な努力が必要になるものです。


 それが勝者のギャンブル論です。



 ふっふっふっ。


 真面目なこと書いたら疲れた。


 続きが読みたい人は押してね。


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ どうもものを書く、ということは好きらしいです。自分は。
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート


専業を目指してる人は目標があるわけでしょう?こうした資料を請求して将来を考えなさい。



simasimaさん専用アフィです。お願いします。



ここの井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券


ALL外為比較 迷ってる人は業者比較。 メルマガ賛成の人は押してね。


↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


アフィやるならここへ。口座作る時は仲間内から作るぜ!
アクセストレード


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんにちは。



 為替アナリストのpukuzohです。



 相場は日本の経済不振、政局不安などにより円売りが活発化。


 短期筋のストップ狙いやポイント上抜けたモデル系の買いなどドル円は上値を窺う展開。


 これによって海外勢のレパトリが一巡するまでは、こうした展開が続くように思います。



 米国の実体経済はどこをどう見ても良いところはなし。


 実質的にドルが強くなっているわけではなく、所謂YAKARAの事情で相場は動いていると思います。


 ケーブルにしてもここまでポンドが強いとは思えず、レパトリに因る上昇だと感じます。



 こうした相場に株価や指標などを読んでも無意味に思うような気がしないでもない。



 どこにストップがあるか、どこにホリゾンタルラインがあるか。


 そうしたテクニカルに忠実な動きになるんじゃないかと。


 ただ、どこでその動きが止まるかはYAKARA次第。


 ドル円に関しては100円超えが目処になると思いますが、100円付近になればすでに高値圏という意識になりますので、突き落としも激しいものがあるんじゃないかな、と。



 今日は英系の銀行決算やキング総裁の議会証言があります。


 ポンドの動きには注意でしょう。


 しかし、ケーブルは下を窺うかもしれませんが、ポン円はドル円の上昇に伴い上に行くかもしれません。


 動きに注意といってもどう注意すれば良いのかわかりませんが、自分で考えてください。


 後は米国の住宅指標がありますが、最近、指標にはあまり反応しません。


 悪い数字が出ても下げ渋り、良い数字が出た時は押し上げの材料に使われるという感じです。


 あまり意味がないような気がする。


 そしてオバマ大統領に因る予算教書の発表。


 これがドル買い祭りの最高潮となるイベントになる可能性もあり。



 ファンダを中心に見るより、テクニカル的なポイント、そしてYAKARAの動向に注意すべきだと思います。


 特にモデル系は狙ったストップはほぼ確実に切りに来るのでモデル系の情報が出た時は追随したほうが良いでしょう。



 相場に参加する予定のないアナリストpukuzohがお送りしました。


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート


簡単に言うとこんなようなことがやりたいわけです。



ここの井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券


ALL外為比較 迷ってる人は業者比較。 メルマガ賛成の人は押してね。


↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


アフィやるならここへ。口座作る時は仲間内から作るぜ!
アクセストレード


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんばんは。



 人生評論家のpukuzohです。



 近頃、ちょっとFXに熱意がなくなってきました。



 一日数字の動きを見てるだけって何でしょうか、この虚しさは。



 以前もお伝えしたことがありますが、家でやるスロほどつまらないものはありません。


 プレステで新台なんか出た場合、データを取るためやるわけですが、この苦痛といったらない。


 だってリール回して止めるだけっていう単純作業なんですから、お金がかかってなければ、あんなこと誰もやりません。


 

 で、このFXなんですけど、勝っても残高の数字が増えるだけで、スロにおける箱にコインを移す瞬間の小さな喜びとか、1G連を引いたときのトキメキとか、カイジで6を取った時の嬉しさとかリノで6取ってボーナス後すぐチャンス目引いた時の連荘パワーとか、そうしたものが全くありません。


 動く数字を追いかけるだけ。



 いや、この影にはチャートにラインを引いたり、相場を分析したり、ファンダを読んだりとやることはいっぱいあります。


 でも、実際は動く数字がどっちに行くか、当てるだけですよ?


 何と言うか、飽きた。



 苦労の割りには大きなお金が手に出来るわけでもなし。


 デカ箱使った、という満足感もなし。



 何か非常につまらないギャンブルのように思えてきました。



 賭ける枚数とかそういうものでひょっとしてドキドキ感が味わえるかもしれませんが、一日中こんなことやってると正直、何やってんだ?俺?という感覚になります。



 これって思うに趣味程度でやったほうが面白いんじゃないでしょうか?


 FXで大金を夢見る人は良いですが、自分の場合、現実的な数字を目標としてますので何と言うか、一言で言うと冷めた、という感じですかね。



 有り余る時間を使って相場を分析する。


 贅沢なことだと思います。


 でも一日中そんなことやってるとマトリックス状態になって現実感がなくなり、夢の世界にいるのか現実の世界にいるのかわからなくなってきます。


 もし、ここにモーフィアスが迎えに来たら自分は迷いもなく青いカプセルを飲むでしょう。



 FXを専業でやってる人ってそうした苦労とかないんでしょうか?


 いや、家族がいてちゃんと会話もして、そうした中でのFXなら張りも出るでしょう。


 勝ったら今日の晩御飯は特上牛肉ですき焼きだー!とか、心の内から湧き出る闘志というんですか?

 

 そうした闘気のようなオーラを持っているなら良いです。


 自分も以前はうちのがいた時はそうしたオーラを持ってました。


 レインボーの。



 しかし、今はどうかと言うと・・・・全く情熱がありません。


 勝っても誰も喜んでくれません。


 自分で喜ぶだけ。


 それをコメント欄に綴ってきたわけですが、今、読み返してみても、何と言う虚しさよ。



 いや、FXが楽しくて堪らん!という人には申し訳ないですが、自分はかなりつまらなくなってきました。



 ちょっと早いですが、五月病状態です。



 何ででしょうか?


 一年ほどこうした生活をしてきたわけですが、以前のようなオーラが今はありません。


 それはブログ内容を見てもそうでしょう。


 キレがない。


 自分で読み返してもつまらないんですよ、これ。



 そりゃ、順位も落ちるってもんです。


 自分でもこんなブログにプッシュする気になりません。


 自分のFXパワーのマックスが10だとしたら、今のこのブログのパワーは良くて3.5くらいです。



 このブログは勝ってる人も見てくれていると思いますが、そうした苦痛を感じた方はいないでしょうか?



 ハッキリ言わさせてもらうと、つまらん、これ。


 反論のある方は張り切ってコメント欄にお願いします。



 自分の人生ってただ数字の上下だけを当てるだけなんでしょうか?


 それも機械を相手に。


 スロも一緒だろ?と思うかもしれませんが、パチ屋には仲の良い常連や店員がいて、また機械の設定を決めているのは人間ですから、ある意味設定師との勝負でもあります。



 しかし、このFXの野郎と来たら、何と言うか、すいません、正直、つまりません。


 FXを体験してきてこういった感情を持たれた方はいませんでしょうか?


 勝ってる人に限らせてもらいますが。


 負けてる人は負けを取り戻そうと思っているから、おもしろいというか必死でしょう。


 スロでも負けている時ほど一生懸命になったものです。



 いや、社会との接点がこのブログだけ、という境遇がいけないんでしょうか?


 

 毎日同じことの繰り返しに飽きた。



 俺はこのゲームに飽きたんだー!


 チキショー!



 と、言う訳でなんか違うものに挑戦してみようかな、と考えてる次第です。


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート


簡単に言うとこんなようなことがやりたいわけです。



ここの井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券


ALL外為比較 迷ってる人は業者比較。 メルマガ賛成の人は押してね。


↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


アフィやるならここへ。口座作る時は仲間内から作るぜ!
アクセストレード


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。


いいね!した人  |  コメント(57)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんばんは。



 アフィ職人pukuzohです。



 誰もアフィってくれないのでへコたれそうです。



 もう一度負けないFXについて説明しましょう。


 相場に入るにはシナリオが必要です。


 それはそれぞれの技量によって違うでしょうし、スタイルによって違うでしょう。


 デイ・スキャ・スウィングと全部が全部同じようなシナリオにはなりません。



 ここで今日の大失敗トレードをご紹介しましょう。


 ポン円ケーブルチャート


 自分がこの時エントリーしたのは、まずポンドが水色のトレンドラインとチャネルラインの中で推移する、という予想をしました。


 15分足ですから短期トレードですが、これが吹き上がってくれれば、行ったるで~、というトレードでした。


 同時にケーブルも15分足ではうまいことにアップトレンドが見て取れます。


 ドル円は言うに及ばず、意味不明の上昇を続けていました。



 ここでドル円は上がる、ケーブルも上がる、だったらポン円も上がるだろう、というシナリオです。



 しかし、それまでBBのM・Bの上で推移していたローソク足がトレンドラインにタッチして下抜けようとしています。


 これは自分のシナリオ通りの展開ではありません。


 見ればケーブルも同じようにレンジ、もしくは下押しするような状況になりました。


 特段、材料が出ていない中、こうした動きは何なのかわかりませんが、ここで自分のシナリオが失敗だったということに気がつきます。


 いえ、損切りする前の段階ではまだわかりませんでしたが、自分の描いたシナリオとは違う展開になったことは間違いないです。



 このような場合、自分の思った通りに相場は動いてくれていないので失敗トレードです。


 

 仮にこの後、再び上昇したとしてもそれは損切る時点ではわかりません。


 この後、上がろうが下がろうが自分の描いたシナリオと違う展開であるのなら、それは失敗トレードです。



 ここで上がってやっぱりね、というのは偶然勝ちです。


 必然の勝ちという奴ではありません。


 このように失敗したな、と思ったら躊躇なく損切りです。



 これを大きなスパンで見た場合、仮にボリンが広がり出して予想通りに上昇した、でも何らかのアクシデントで下がった。


 これはシナリオになかった想定外の出来事ですが、この場合は自分の作ったシナリオに思わぬアクシデントが起こって、例えば指標の数値が悪かったとか、突発的な要人発言で下がったとか、そういうものが原因で下がったのであるなら朝青龍並の突っ張りを見せます。


 が、自分のシナリオと全く何のアクシデントもないのに、違う方向へ行ってしまった。


 これは明らかに失敗トレードです。



 失敗トレードのポジを持っていてもしょうがないので損切りです。



 仮にこの後、上昇しても、そっから買えば良いじゃないか、という話です。


 もう一度シナリオを練って。



 これと同じようにドル円は異常な上昇をしました。


 ディーラーでさえ、おかしな上昇、マックさんに至っては理不尽を通り越して意味不明の上昇と血迷ったかのようなコメントでした。


 ドル円は自分は上昇する、と予想してましたが、この早すぎる上昇には驚きました。


 ロングポジの急速な増殖は、落ちる時の速さに比例します。


 これは自分のシナリオとは違った展開です。


 だからこそ、小さな利益ですが利確してしまいました。←やや言い訳



 この辺の綾というのは、相場に精通している人ならわかるでしょう。


 急速な上昇は大下落と紙一重だということを。



 予想が当っていたから勝てる、というわけではない、ということです。


 勿論、結果を見ればもっとドル円のポジを保持していればもっと大きな利益を取れました。


 しかし、これはその時その時の相場動向によってその時はどちらにも行く可能性があったわけです。


 何度も言いますが大きな利益を取るためには幾つかのレジやサポを突破しないといけないわけで、この辺は運も伴います。


 YAKARAの力が必要だったり指標の助けが必要です。


 これは事前に予測出きるものではなく、あくまでも結果としてわかるわけです。



 おさらいしましょう。


 まずチャートを見る。


 そして様々なテクニカルやファンダ、相関性の強い通貨の値動きを見る。


 そうしたものからシナリオを作る。


 そして利確、損切りを決める。


 この間に不確定要素があれば、そこで一旦利確するのも戦略のうちですし、一か八かの勝負に出るのも戦略でしょう。


 また長期的ポジションとして仮に一旦は損失を出してもポジを持ち続けるのも戦略です。



 最初のシナリオ通りに展開が運び、その通りに利確出来ればこれは文句のないトレードです。


 まさに自分の努力が産み出した結果の勝利と言えるでしょう。


 しかし、途中様々な運に任されながら目標地点に到達した場合、これは偶然の勝ちになってしまうわけです。


 この辺がわかっていないと、ああ、やっぱり粘っていれば良かった、自分の予想通りだったと思うでしょう。


 でも、それは途中の過程において何らかのシナリオに異変が起きたからこそ粘らずに利確したわけじゃないですか?


 だったらそれは利確した後の動きというのは、また新たにシナリオを作るか、一旦は様子を見る、という方法が正解になるはずです。



 最初に練ったシナリオにあくまでも固執する必要は全くなし。


 それを結果だけを見て、ああ、だからやっぱり粘れば勝てたんだ、と思うのは間違い。


 その過程に置いての動きも大事である、ということがわからなければFXなんてエントリーしたら指値、逆指値入れて寝てれば良いことになるじゃないですか?


 それで勝てるならそれが正解ということになります。


 しかし、その方法で勝ってる人ってどれだけいますか?


 実際にそうして指値、逆指値で後は知らんふりしてるトレーダーっているの?


 いや、スウィングではいるかもしれませんが。



 まぁ、このようにエントリー、イグジットの場所は勿論ですが、その過程に置いてもFXとは神経を使わなければならないわけです。


 これがスロやパチなんかと違うところ。


 力の入れ処が違う、とはこういう意味なんですよ。


 だから自分を信じてその通りにやっていれば勝てた、というのは結果論であってその途中の過程においてもいくつもの判断を繰り返している、ということに目が行ってないわけです。


 

 OK?


 

 ↓OKの人はこれを押してください。


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ 段々ポイントが減るな、このブログ。ついでにアフィで儲けさせてください。32円って何だ?
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート メルマガどうなの?賛成の人は押して。


で、結局メルマガも駄目、ポイントも駄目で仕事を探そうかな、と。

↓ここで。



ここの井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券


ALL外為比較 迷ってる人は業者比較。 メルマガ賛成の人は押してね。


↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


アフィやるならここへ。口座作る時は仲間内から作るぜ!
アクセストレード


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。

いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。