本校では、毎年就職活動が本格化するこの時期に実際の職場を見学をし、将来自分が働く環境をイメージしながら先輩技工士により実際の仕事の様子や話を聞き、将来に備えた心構えの一助になるよう職場見学を実施しております。

 

今年も6月20日(木)に仙台市太白区にある富澤歯科医院附属診療所を見学させて頂きました。

見学した学生達に感想を聞きました。

☆ 技工を行っている部屋では様々な機械が置いてあり、働いたらこういう雰囲気で仕事をするんだなあと想像できました。

 

☆ 技工所には3人の技工士さんがいてみんな笑顔で楽しそうに技工をしていました。3人という少ない人数でしたが協力して作業することが大切なんだと思いました。

 

☆ 初めて実際の職場をみることが出来、学校とは違う機械が多くてびっくりしました。道具や物は多かったのですが棚などは綺麗に整理されており、自分も見習わなければいけないと思いました。

☆ 今回見学させていただいて、将来私がどんな技工士になりたいのかハッキリさせることが出来ました。

 

☆ 普通のレジンで作った義歯よりも弾力のある義歯にとても印象が残りました。その義歯は弾力があるとともに吸水性も無く臭くなりにくいと聞きレジンの性質上とても理にかなった良い物だと思いました。

☆ 歯科用レーザーで折れたクラスプなど修理したり足りない金属部を盛ったりすることが出来すごく驚きました。

☆ 作業室にある多くの模型から人それぞれに合う技工物を作る必要性とその技術が必要なんだなと再認識しました。

 

☆ いろいろな機械操作のデモを見せてもらい、学校での基礎学習の大切さがわかりました。

 

☆ 技工作業を見て後期の自分への課題は実習での作業時間の短縮と技工物を精確に作ることだと実感しました。

 

☆ 自分は将来金属床とインプラントに力を入れて仕事がしたいので夏のうちにまた何件かラボ見学に行きたいと思いました。

☆ 臨床の模型が沢山あり大変だと思いましたがそれと同時に、自分も困っている患者さんを助けられる技工士になる為早く独り立ちして頑張りたいと思いました。

 

就活の一歩が始まりました。就職活動に積極的に取り組み納得のいける就職ができるように頑張ってください。

 

t.k

 

東北歯科技工専門学校ホームページ”へGO!!

http://www.toushigi.ac.jp/

東北歯科技工専門学校

 

にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

↑ぽちっとしてね。