セルフステアリングを引き出す旋回法とは? | あなたのライディングの悩みを解決! ツーリングで一目置かれる ライディングテクニック法

あなたのライディングの悩みを解決! ツーリングで一目置かれる ライディングテクニック法

あなたはバイクを心の底から楽しんでいますか?
ずっと安全に乗り続けるためライテクを磨いていますか?
“いつまでも幸せで安全なバイクライフ”を楽しむための
ライディングテクニック習得法とは!

大型バイクでUターンを決めたい!
↓↓カッコいい一目おかれるライダーになりたい方↓↓

>>10/1低速旋回レッスン・参加申込はこちら!<<

===============================


旋回時には曲がりたい方向へ、

車体の倒し込みに先行してライダー上体を傾斜させることで、

シートへの荷重を旋回方向に移動させます。

これにより、セルフステアリングを引き出しやすくなることから、

ステアリング切れ角を使い、車体の向きを変えることができます。


セルフステアリングを使って走るメリットは、

バイクを大きく傾けなくても車体の向きを変えられること。


アメリカンバイクのような車体傾斜角が小さい車種にとって、

このステアリングで曲がる技術は、

大きく重い車体を小さくコンパクトに向きを変える便利な方法でもあり、

また車体を傾けて曲がるほど転倒のリスクが高まりますので、

傾けずにステアリングで曲がることはより安全な技術となります。



よって公道での交差点やカーブ、Uターンにおいて、

車体を立てた状態で、上体を先行して傾斜させることによって、

ステアリングを切らせ曲がります。

上体の移動量によって、ステアリングの切れ角が変わり、

回転半径が自由に変えられることを体感してください。



注意点として、車体が追従して傾いてくる際に、

ニーグリップと腹筋・背筋で上体の車体に対する傾斜角を保つことです。



上体を傾斜させる荷重移動での旋回実演として、

アクセル操作の右手1本だけでの旋回練習をご覧ください。






ちょっとしたライダー上体の荷重移動で旋回のきっかけを作るだけで、

ステアリングを操作しなくとも効果的な旋回性を保ち続けることができます。

荷重移動の方向にステアリングが自ら切れ旋回していくため、

公道での旋回・コーナリングでは基本的に、

ハンドルを意図的に切るようなステアリング操作は不要となります。



大型バイクでUターンを決める!
↓↓カッコいい一目おかれるライダーになるレッスン会↓↓

 10月1日(土)、 富士山麓・河口湖ICそばの広大な駐車場で 
 全米No.1ライディングメソッド『ライド・ライク・ア・プロ』
 カッコよくUターンを決める低速旋回レッスンを開催!


 ※参加車種は問いません!
 (ブログ読者の方ならどなたでも参加できます!)


>>10/1低速旋回レッスン・参加申込はこちら!<<