オーバル旋回走行のススメ | あなたのライディングの悩みを解決! ツーリングで一目置かれる ライディングテクニック法

あなたのライディングの悩みを解決! ツーリングで一目置かれる ライディングテクニック法

あなたはバイクを心の底から楽しんでいますか?
ずっと安全に乗り続けるためライテクを磨いていますか?
“いつまでも幸せで安全なバイクライフ”を楽しむための
ライディングテクニック習得法とは!

苦手なコーナリングが上手くなる!

↓↓右コーナー、下りコーナーの恐怖を克服したい方↓↓


>>7/3コースレッスン会(静岡)・参加申込はこちら!<<

===============================



前回の8の字旋回走行練習と同様、

ちょっとした広場でできる旋回練習にオーバル旋回走行があります。

8の字旋回走行は2つのパイロン間で

左旋回と右旋回を交互に繰り返しラインを交差させるのですが、

オーバル旋回走行は常に同じ方向に旋回します。


利点は常に同じ方向の旋回を繰り返すので、

「減速する」「旋回する」「加速する」

コーナリングでの3つのアクションを

一連の動きの中で同じ動きをひたすら繰り返し、

身に付けることができることにあります。


8の字旋回走行だとライン取りが交差してしまい、

また真逆の動きを繰り返すことになるので、

純粋にこれら3つのアクションを身に付けるには

このオーバル旋回走行がシンプルでよいでしょう。

そのため、白バイ隊員の練習には、

このオーバル旋回練習が取り入れられています。





パイロン間での直線ではしっかり加速し、十分に減速、

パイロン周りは小さく旋回し、メリハリをつけること。

旋回を開始したら、目線は常に次のパイロン方向に向ける。

ライン取りは、パイロンから大きく離れて進入し、

パイロンの近くを通って脱出(加速)していきます。

進入と脱出の比率は2:1より、進入が大きくなるのが理想的です。

そしてコーナリング後半になるほど旋回半径を小さくしていきます。


苦手なコーナリングが上手くなる!

↓↓右コーナー、下りコーナーの恐怖を克服するレッスン会↓↓


 7月3日(日)、 パーツ会社のテストコースで、
 終日集中してコーナリングを反復練習できる環境を提供します!


 ※参加車種は問いません!
 (ブログ読者の方ならどなたでも参加できます!)


>>7/3コースレッスン会(静岡)・参加申込はこちら!<<