8の字旋回走行練習のススメ | あなたのライディングの悩みを解決! ツーリングで一目置かれる ライディングテクニック法

あなたのライディングの悩みを解決! ツーリングで一目置かれる ライディングテクニック法

あなたはバイクを心の底から楽しんでいますか?
ずっと安全に乗り続けるためライテクを磨いていますか?
“いつまでも幸せで安全なバイクライフ”を楽しむための
ライディングテクニック習得法とは!

苦手なワインディングが上手くなる!

↓↓右コーナー、下りコーナーの恐怖を克服したい方↓↓


>>7/3コースレッスン会(静岡)・参加申込はこちら!<<

===============================



8の字旋回走行には加速・減速・旋回・切り返しと言った

ライディングの4要素が含まれています。

そして、それほど広い場所でなくとも、

左右ターン、ライン取り、荷重移動や目線の使い方、走りのメリハリなどを、

同時に効果的に練習ができるのでおすすめです。



パイロンの間隔は10mの8の字旋回動画を紹介します。

車両は、BMW R1200RTになります。




ここで大事なことは腕・上体に力を入れず、

セルフステアリングを効果的に引き出すこと。

ステアリングが切れこんでくるのをライダー自ら腕で押さえつけ

旋回性能を阻害してはいけません。


旋回方向に上体傾斜させることにより旋回側シートへ荷重し、

効果的にセルフステアリングを引き出すのです。

旋回が終わり直線になったらアクセルを開けて加速、

旋回手前でブレーキングで減速します。


ライン取りはパイロンからやや離れて進入し、

パイロンの近くを通って脱出していきます。

そしてコーナリング後半になるほど旋回半径を小さくしていきます。

脱出が小さく、早く向きを変えられると、

その後次のパイロン旋回までの直線が長くなり、

しっかり加速することができるのです。


進入前にパイロンに目線を向けてしまうと、

進入走行ラインがパイロンに近づいてしまいます。

そしてパイロンの近くから旋回進入してしまうと、

旋回後半のラインが膨らんでしまい、

なかなかアクセルが開けられず加速体制に入れなくなり、

結果としてメリハリないライディングとなってしまいます。



また8の字旋回走行の応用練習として、

パイロン間隔を変えてみるのも練習になります。

5m程度の短いパイロン間隔での8の字旋回走行も紹介します。




パイロン間隔が5m程度になると、

直径が5m程度で旋回できなければいけません。

そのため低速でも安定して速度調整できる

繊細なクラッチ、リアブレーキ操作技術が要されます。


また乱れず正確に走行予定ラインをトレースできる技術が必要。

そのため目線、顔の向きは常に旋回円の対面、

半周先の走行予定ラインの上を正確に移動し続けられなければなりません。


難易度が高い上級テクニックになりますが、

これができるようになれば、大型バイクでも

完全にコントロールできるようになった証になります。


苦手なワインディングが上手くなる!

↓↓右コーナー、下りコーナーの恐怖を克服するレッスン会↓↓


 7月3日(日)、 パーツ会社のテストコースで、
 終日集中してコーナリングを反復練習できる環境を提供します!


 ※参加車種は問いません!
 (ブログ読者の方ならどなたでも参加できます!)


>>7/3コースレッスン会(静岡)・参加申込はこちら!<<