あなたのライディングの悩みを解決! ツーリングで一目置かれる ライディングテクニック法

あなたのライディングの悩みを解決! ツーリングで一目置かれる ライディングテクニック法

あなたはバイクを心の底から楽しんでいますか?
ずっと安全に乗り続けるためライテクを磨いていますか?
“いつまでも幸せで安全なバイクライフ”を楽しむための
ライディングテクニック習得法とは!

14日間で身につける




【ハーレー・マスターへの近道】メール講座




無料会員登録受付中!




ハーレー・マスターへの近道




無料メール講座が選ばれる3つの理由




理由1 日本唯一のハーレー・トレーナーが講師だから安心




理由2 14日間にわたって届く講座メール




理由3 今なら無料のメール講座登録で大反響の特別レポート




「ハーレー・マスターへの近道・Q&A集」無料プレゼント!












Amebaでブログを始めよう!
大型バイクでUターンを決めたい!
↓↓カッコいい一目おかれるライダーになりたい方↓↓

>>10/1低速旋回レッスン・参加申込はこちら!<<

===============================


旋回時には曲がりたい方向へ、

車体の倒し込みに先行してライダー上体を傾斜させることで、

シートへの荷重を旋回方向に移動させます。

これにより、セルフステアリングを引き出しやすくなることから、

ステアリング切れ角を使い、車体の向きを変えることができます。


セルフステアリングを使って走るメリットは、

バイクを大きく傾けなくても車体の向きを変えられること。


アメリカンバイクのような車体傾斜角が小さい車種にとって、

このステアリングで曲がる技術は、

大きく重い車体を小さくコンパクトに向きを変える便利な方法でもあり、

また車体を傾けて曲がるほど転倒のリスクが高まりますので、

傾けずにステアリングで曲がることはより安全な技術となります。



よって公道での交差点やカーブ、Uターンにおいて、

車体を立てた状態で、上体を先行して傾斜させることによって、

ステアリングを切らせ曲がります。

上体の移動量によって、ステアリングの切れ角が変わり、

回転半径が自由に変えられることを体感してください。



注意点として、車体が追従して傾いてくる際に、

ニーグリップと腹筋・背筋で上体の車体に対する傾斜角を保つことです。



上体を傾斜させる荷重移動での旋回実演として、

アクセル操作の右手1本だけでの旋回練習をご覧ください。






ちょっとしたライダー上体の荷重移動で旋回のきっかけを作るだけで、

ステアリングを操作しなくとも効果的な旋回性を保ち続けることができます。

荷重移動の方向にステアリングが自ら切れ旋回していくため、

公道での旋回・コーナリングでは基本的に、

ハンドルを意図的に切るようなステアリング操作は不要となります。



大型バイクでUターンを決める!
↓↓カッコいい一目おかれるライダーになるレッスン会↓↓

 10月1日(土)、 富士山麓・河口湖ICそばの広大な駐車場で 
 全米No.1ライディングメソッド『ライド・ライク・ア・プロ』
 カッコよくUターンを決める低速旋回レッスンを開催!


 ※参加車種は問いません!
 (ブログ読者の方ならどなたでも参加できます!)


>>10/1低速旋回レッスン・参加申込はこちら!<<

大型バイクでUターンを決めたい!
↓↓カッコいい一目おかれるライダーになりたい方↓↓

>>10/1低速旋回レッスン・参加申込はこちら!<<

===============================


交差点からの信号停止からの右左折を苦手にしている方は多いようです。

これは、発進して駆動力が安定するまでの半クラッチ操作と、

旋回操作を同時に行わねばならないからです。

エンストの可能性のある発進時に、

車体を傾けての旋回での失速・転倒の恐怖心によります。



基本的に発進すぐの右左折に自信のない場合、

坂道発進の要領でスタートしてください。

アクセルを開けてエンジン回転数を若干上げて固定、

半クラッチで駆動力を確保したら、リアブレーキをリリースして発進します。

そうすれば、エンストの心配は少なくなります。


それでも、どうしても苦手意識が拭えない場合には、

停止位置を旋回開始の数m手前にしておき、

まっすぐ発進して、慣性がついたところで旋回に入るといいでしょう。



一歩進んで、初めからハンドルを切った状態で、発進即、右左折する場合、

上体をそのままにしておくと、バイクだけが先行してしまう形になります。

すると上体が後に残されてしまうため、車体をコントロールしにくく、

恐怖感を覚えてしまい、これが苦手意識を増大します。


解決策として、発進と同時に上体を旋回方向に傾斜すると、

車体の向かう動きに遅れず、人車一体で旋回できるので怖さを感じません。




右左折ではありませんが、“停止からのUターン”の動画を紹介します。

旋回半径は5m以内となります。





発進する車体に対し、ライダーの上体を

旋回方向斜め前に傾斜させ荷重移動を行っています。

そして、目線をすばやく旋回方向に移動させるのが大切です。

フルロックが緩まぬように注意し、

発進したら一気に向きを変えるのが秘訣です。




また、もう一つの方法として、

発進時にほんの少し曲がる方向の手(右折の時は右手)で、

ハンドルを押して、逆ハンドルを切ると、

一瞬ステアリングが左を向き、身体と車体が残るので、

勝手に右に傾いていきながら旋回に入ることができます。



どちらにしても、あまり急激なアクションは逆効果になりますので、

ほんの少しきっかけづくりとして試してみてください。


大型バイクでUターンを決める!
↓↓カッコいい一目おかれるライダーになるレッスン会↓↓

 10月1日(土)、 富士山麓・河口湖ICそばの広大な駐車場で 
 全米No.1ライディングメソッド『ライド・ライク・ア・プロ』
 カッコよくUターンを決める低速旋回レッスンを開催!


 ※参加車種は問いません!
 (ブログ読者の方ならどなたでも参加できます!)


>>6/26低速旋回レッスン・参加申込はこちら!<<

10月1日(土)Uターンを極めるレッスン会!

~『ライド・ライク・ア・プロ』ライブトレーニング(富士山麓・河口湖)~


>>参加申込みはこちらから!<<




大きく重たいバイクでも数時間で思いのままに扱えるようになる、

まさに低速旋回に特化した、Uターンを極めるための

全米No.1ライディングメソッド&プログラム

『ライド・ライク・ア・プロ』低速旋回レッスン・ライブトレーニング





日本で唯一その開催を公認されている

ライド・ライク・ア・プロ・ジャパンが開催します!


↓↓『ライド・ライク・ア・プロ』低速旋回レッスンの様子はこちら↓↓





10月1日(土)、開催地は富士山麓、富士スバルライン入り口、

中央道・河口湖IC下車3分

東名道・御殿場IC経由、東富士五胡道路・富士吉田IC下車1分


雄大な富士山をバックの5000坪の会場での終日練習に、

気分も大いに盛り上がるに違いありません。




広大なコース&最良の路面での終日集中トレーニング、

しかも贅沢に、少数限定でのレッスンとなります。

秋の爽やかな富士山麓に、ツーリングがてら気軽にご参加ください!





10月1日(土)Uターンを極めるレッスン会!

~『ライド・ライク・ア・プロ』ライブトレーニング(富士山麓・河口湖)~


>>参加申込みはこちらから!<<



ところで・・・低速旋回レッスン

『ライド・ライク・ア・プロ』ライブトレーニングとは?


低速旋回に特化したレッスン・ライブトレーニングでは、

だれでも数時間で、大きく重たい大型バイクを

プロのように思いのままに操る“3つのテクニック”を伝授します。





ハーレー専門誌「VIRGIN HARLEY」でライテク講座

『ライド・ライク・ア・プロ』公道実践編を連載中です!




ハーレー専門誌「HOT BIKE JAPAN」『ライド・ライク・ア・プロ』

低速旋回レッスン・ライブトレーニング
の取材を受けました!





10月1日(土)Uターンを極めるレッスン会!

~『ライド・ライク・ア・プロ』ライブトレーニング(富士・河口湖)~



以下、詳細をご案内します。


【日時】 10月1日(土)

    ・集合時間:9時開場 ・レッスン:10時00分~16時(予定)


【場所】山梨県富士吉田市内駐車場

   (中央道・河口湖ICおよび、東富士五胡道路・富士吉田ICそば)

    参加申込者へ詳細を配布いたします。


【定員】 15名


【申し込み】 参加申込みはこちらから!


【参加対象】※車種、排気量は問いません。

           このブログ読者ならどなたでも参加できます。


   ・バイクの取り扱いに苦労している方

   ・Uターンや交差点での右左折で、大きく膨らんでしまう方

   ・コーナリングが怖くて、バイクを傾けられない方

   ・ハンドルをフルロックさせての小旋回に憧れる方

   ・バイク歴に関係なく、技術のさらなる上達を希望されている方

   ・本気で“絶対に上手くなりたい!”という強い想いをお持ちの方




人気のタンデムレッスンも受講できます!



10月1日(土)Uターンを極めるレッスン会!

~『ライド・ライク・ア・プロ』ライブトレーニング(富士山麓・河口湖)~


>>参加申込みはこちらから!<<
苦手なコーナリングが上手くなる!

↓↓右コーナー、下りコーナーの恐怖を克服したい方↓↓


>>7/3コースレッスン会(静岡)・参加申込はこちら!<<

===============================



前回の8の字旋回走行練習と同様、

ちょっとした広場でできる旋回練習にオーバル旋回走行があります。

8の字旋回走行は2つのパイロン間で

左旋回と右旋回を交互に繰り返しラインを交差させるのですが、

オーバル旋回走行は常に同じ方向に旋回します。


利点は常に同じ方向の旋回を繰り返すので、

「減速する」「旋回する」「加速する」

コーナリングでの3つのアクションを

一連の動きの中で同じ動きをひたすら繰り返し、

身に付けることができることにあります。


8の字旋回走行だとライン取りが交差してしまい、

また真逆の動きを繰り返すことになるので、

純粋にこれら3つのアクションを身に付けるには

このオーバル旋回走行がシンプルでよいでしょう。

そのため、白バイ隊員の練習には、

このオーバル旋回練習が取り入れられています。





パイロン間での直線ではしっかり加速し、十分に減速、

パイロン周りは小さく旋回し、メリハリをつけること。

旋回を開始したら、目線は常に次のパイロン方向に向ける。

ライン取りは、パイロンから大きく離れて進入し、

パイロンの近くを通って脱出(加速)していきます。

進入と脱出の比率は2:1より、進入が大きくなるのが理想的です。

そしてコーナリング後半になるほど旋回半径を小さくしていきます。


苦手なコーナリングが上手くなる!

↓↓右コーナー、下りコーナーの恐怖を克服するレッスン会↓↓


 7月3日(日)、 パーツ会社のテストコースで、
 終日集中してコーナリングを反復練習できる環境を提供します!


 ※参加車種は問いません!
 (ブログ読者の方ならどなたでも参加できます!)


>>7/3コースレッスン会(静岡)・参加申込はこちら!<<

苦手なワインディングが上手くなる!

↓↓右コーナー、下りコーナーの恐怖を克服したい方↓↓


>>7/3コースレッスン会(静岡)・参加申込はこちら!<<

===============================



8の字旋回走行には加速・減速・旋回・切り返しと言った

ライディングの4要素が含まれています。

そして、それほど広い場所でなくとも、

左右ターン、ライン取り、荷重移動や目線の使い方、走りのメリハリなどを、

同時に効果的に練習ができるのでおすすめです。



パイロンの間隔は10mの8の字旋回動画を紹介します。

車両は、BMW R1200RTになります。




ここで大事なことは腕・上体に力を入れず、

セルフステアリングを効果的に引き出すこと。

ステアリングが切れこんでくるのをライダー自ら腕で押さえつけ

旋回性能を阻害してはいけません。


旋回方向に上体傾斜させることにより旋回側シートへ荷重し、

効果的にセルフステアリングを引き出すのです。

旋回が終わり直線になったらアクセルを開けて加速、

旋回手前でブレーキングで減速します。


ライン取りはパイロンからやや離れて進入し、

パイロンの近くを通って脱出していきます。

そしてコーナリング後半になるほど旋回半径を小さくしていきます。

脱出が小さく、早く向きを変えられると、

その後次のパイロン旋回までの直線が長くなり、

しっかり加速することができるのです。


進入前にパイロンに目線を向けてしまうと、

進入走行ラインがパイロンに近づいてしまいます。

そしてパイロンの近くから旋回進入してしまうと、

旋回後半のラインが膨らんでしまい、

なかなかアクセルが開けられず加速体制に入れなくなり、

結果としてメリハリないライディングとなってしまいます。



また8の字旋回走行の応用練習として、

パイロン間隔を変えてみるのも練習になります。

5m程度の短いパイロン間隔での8の字旋回走行も紹介します。




パイロン間隔が5m程度になると、

直径が5m程度で旋回できなければいけません。

そのため低速でも安定して速度調整できる

繊細なクラッチ、リアブレーキ操作技術が要されます。


また乱れず正確に走行予定ラインをトレースできる技術が必要。

そのため目線、顔の向きは常に旋回円の対面、

半周先の走行予定ラインの上を正確に移動し続けられなければなりません。


難易度が高い上級テクニックになりますが、

これができるようになれば、大型バイクでも

完全にコントロールできるようになった証になります。


苦手なワインディングが上手くなる!

↓↓右コーナー、下りコーナーの恐怖を克服するレッスン会↓↓


 7月3日(日)、 パーツ会社のテストコースで、
 終日集中してコーナリングを反復練習できる環境を提供します!


 ※参加車種は問いません!
 (ブログ読者の方ならどなたでも参加できます!)


>>7/3コースレッスン会(静岡)・参加申込はこちら!<<