カヤ 30センチの渓流タモ(№101105-1) 整形 枠の繋ぎ 柄の繋ぎ 柄尻加工 | Shingo Style vol.2010  

Shingo Style vol.2010  

Team ERS のHPができました。
http://www.geocities.jp/ayuteamers/

しばらくブログ更新が出来ませんでしたが、タモ作りは進んでいますよ音譜


今回は、まとめてアップします


2010年11月5日に採取した原木を整形しました


悪い中でも、良さそうな物を1本選び整形しました



Shingo  Style  vol.2010  

今回は左から3番目の物を整形します


これは、30センチの渓流タモ№101105-1)にする予定です!!


蒸気を当てながらゆっくり曲げていきます


焦りは禁物ですよひらめき電球



Shingo  Style  vol.2010  


Shingo  Style  vol.2010  

整形してみましたが、枠の出方が良くないので、この様に角度が付いてしまいます


無理に整形して角度を無くす事も出来ま

すが、私は、原木の自然な枝の出方を優

先して整形しますので、枠の角度は原木

次第です音譜



Shingo  Style  vol.2010  


Shingo  Style  vol.2010  
無理に角度を無くそうとして整形すると、この様に横から見て柄の付け根から水平にはなりません目


一応、この整形の仕方は、私の「こだわり」です!!




次は、枠を繋ぎました


Shingo  Style  vol.2010  
お互い斜めにカットして、木工用アロンアルファで接着し、竹串を挿します



次は、柄の選択です


この原木は柄に変化が無い為、柄を繋ごうと思います


丁度良い柄があったので繋ぎました


Shingo  Style  vol.2010  

Shingo  Style  vol.2010  
シャレ入りの柄を選びました


強度と軽量化の為、M8アルミボルトを入れて繋ぎました



続いては、柄尻ですが・・・


これはやっぱり、私のこだわりの柄尻真鍮仕上げでいきますグッド!



Shingo  Style  vol.2010  



最初に柄と鹿角の間に入れる真鍮リングを磨きます
Shingo  Style  vol.2010  
研磨前



Shingo  Style  vol.2010  
研磨後。

ピカピカで撮影したカメラが写ってしまっています



Shingo  Style  vol.2010  
こんな感じになりました


柄尻の真鍮部分は、現在研磨中です注意





次の工程


柄尻の真鍮を仕上げて、柄に取り付けます


それと、籐で飾りを入れます