過去記事検索

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(「Star Cola (スターコーラ)」からの続き)

 

 広州の南、取り分け東莞・番禺周辺は珠江の河口に位置する為、河が入り組んでおり、河また河の連続です。この当時、橋の建設が遅れており、舟渡の連続でもあります。

 

 舟渡場での船待ちで、「小汚いオッサン」改め「Mr. Cola」が、大きな鍋に茶葉と塩と卵を入れて蒸した「茶蒸卵」を買ってくれました。茶葉がくっついた変色した小汚い卵です。

 

 前半の湖北省で、ピータン丸ごと口に入れた一件(「戦場の不思議な夢」参照)以来すっかり卵恐怖症の私は、「ゆで卵かよ」と悪態をつきながら食べてみると美味。

 

 長時間蒸したことで殻の中身が収縮し、卵の食感と素材の味、茶の香りと程良い塩加減が奏でるハーモニーが絶妙と言えます(大げさすぎるだろ、所詮卵は卵)。

 

 つい、「みゃ~一個」とばかりに、湖北省で手に入れた小汚い人民元(「思わぬ窮地と気楽な援護射撃」参照)を片手に身振り手振りで(出川君の如く)初めてのお使いです。

 

 「一個(イーガ)」と言った筈なのに(指でも人差し指で示したのに)、何故か二個寄越して来ました。「まぁ~いいか、美味いから」と受け取り計三個食べちゃいました。

 

 後で解ったのですが、1・2・3の発音は北京語「イー・アール・サン」に対し広東語「ヤッ・イー・サン」なのです。全く訳解りませんわ。

 

 皆さん「ちょっとは仕事しろよ」と思っていませんか。と言う事で、御見せする様な写真では無いのですが、どうぞ。

 

 

 地面に穴を開け、粘土をブロック状に切り出し、手作業で運び出しています。この当時、重機など無いですから、ほとんど手作業です。

 

 

 女性たちも、嬉しそうに作業しています。そりゃそうでしょう。彼らは農民なのです。農閑期の副収入となるのですからね。兎に角、皆さん明るいですよ。

 

 やっぱり太陽の元で仕事をしていると、心も身体も健康になるのでしょう。

 

 掘り出された粘土が、これだぁ~、1・2・3(よしなさい)。

 

 

 ここからサンプルを採取するのですが、これが注意を要するのです。お食事中の方はスルーして下さい。この作業が一番嫌なんですよ。

 

 作業されている方達は、我慢出来なくなられると、いたる所で用を足されるのでございます。この中にも粘土に似て非なるものが潜んでいる可能性があるのでございます。

 

 細心の注意を要すのでございます。粘土の鉱山では何処に行っても、こんな光景が繰り広げられているのでございます。

 

 皆様、お見苦しいものを御見せして申し訳ありません。しかし、これが将来、大変なものになるのです。大地の恵とはこの事ですね。

 

 今回はこれでお終いでございます。

 

 広州周辺の地図を参考にして下さいね。

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

原料一覧はこちらをどうぞ

 

 

 

↓ここをポチッと応援よろしくね

 


雑学・豆知識ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村